>   >  「3DCG」と「会場の実写」でバーチャル空間を実現する「バーチャルイベントサービス」をアップデート(シャノン)
「3DCG」と「会場の実写」でバーチャル空間を実現する「バーチャルイベントサービス」をアップデート(シャノン)

「3DCG」と「会場の実写」でバーチャル空間を実現する「バーチャルイベントサービス」をアップデート(シャノン)

株式会社シャノンは、マーケティング支援システム「SHANON MARKETING PLATFORM」上に「3DCG」と「会場の実写」でバーチャル空間を実現するシャノンバーチャルイベントサービス(以下、バーチャルイベント)のアップデートを発表した。
詳細はこちら

■概要

アップデートの背景
これまでシャノンは10,000件を超えるイベントで利用されている実績を活かし、展示ブースをオンラインで実現できるバーチャルイベントを提供してきた。今回のアップデートにより、新型コロナウイルスの影響でイベントやカンファレンスの開催中止や延期を余儀なくされている人に対して、より求めやすい価格と納期でバーチャルイベントを提供できるようになった。
サービス内容
360°パノラマビューワーで臨場感あるバーチャル空間を実現するサービス。「3DCG」か「実写」で作成することができ、バーチャルブース内で様々なコンテンツを閲覧することが可能だ。また、チャットや動画を利用することができ、より臨場感あふれるバーチャルイベントを実現することができる。集客メール配信から申込者管理、来場データ/行動データを管理し、コンテンツ単位での閲覧ログの取得も可能なため、イベントマーケティングツールとして利用できる。
バーチャルイベントとオンラインカンファレンスを組み合わせたハイブリッドイベント
今回アップデートしたバーチャルイベントと、シャノンが従来から提供しているオンラインカンファレンスの仕組みを同時に利用することで、講演+展示のハイブリット型イベントが実現する。利用者はハイブリッドイベントならではの顧客体験を視聴者に提供することができる。
バーチャルイベント資料について
詳細はフォームより問い合わせを。

新着のニュース一覧