>   >  ハリウッド映画制作の手法を取り入れた1対1のコーチング、第2期「ヴェーダ メンタリング」募集中(ヴェーダ オンライン)
ハリウッド映画制作の手法を取り入れた1対1のコーチング、第2期「ヴェーダ メンタリング」募集中(ヴェーダ オンライン)

ハリウッド映画制作の手法を取り入れた1対1のコーチング、第2期「ヴェーダ メンタリング」募集中(ヴェーダ オンライン)

『アバター』、『ホビット』など、数々のハリウッド映画を担当した世界的VFXクリエイター多田 学氏が、CGクリエイターのためのオンラインスクール「ヴェーダ オンライン スクール」を開講。第2期生を募集中だ。
詳細はこちら

■第2期「ヴェーダ メンタリング」について

「ヴェーダ メンタリング」は、ハリウッド映画制作の手法を取り入れた1対1のコーチング。自身のCGスキルを向上させたいと考えている人や、将来、CGを職業にしていきたいと考え中の学生、すでに映像の世界に入って働いているクリエイターに、多田氏が1対1のオンラインで制作コーチングを行う。制作テーマについては、受講生1人1人の状況にあったものを、打ち合わせを行なった上で決定する。ポートフォリオが全てのこの業界、理想のデモリールをつくり、より良い作品ができるよう、コーチングする。
veda-online.com/index.html

対象
CGを学校や独学で学んでいる人、自身の作品をもっとブラッシュアップさせたいと思っている人
内容
月に2回ほどSKYPEやZOOMを使い、オンラインで一対一のビデオミーティング。お互いの都合の良い時間を設定し、1時間ほどのセッション。 FTRACKを使い画像とテキストコミュニケーションを随時しながら、それぞれのスキルに見合った課題を探し出し、アウトプットする。VEDAのコミュニティー内で情報交換をしながら、刺激しあい、モチベーションの向上を図る。3ヵ月を1タームとする(継続可)
目的
CG制作のスキルアップ。質の高いポートフォリオ、デモリールの完成。 レジュメ作成など、有効的な就活の方法についても伝える。また現役のプロダクションスーパーバイザーなどにコメントをもらい、さらなる効率化の向上を図る。 ルックデブ、ライティングを中心に、モデリングやコンプ、コンセプトなどについても必要に応じてサポート。 3DCGを始めて間もないビギナーも相談を。
使用ソフト
Maya、Blender、ZBrushなど
費用
月額200USD(学生 150USD)3ヵ月ターム
FTRACKのみのメンタリングは月額100USD
初回ミーティングは無料

新着のニュース一覧