>   >  VR空間共有プラットフォーム「comony」のモバイルアプリβ版リリース(ライトマイルワークス)
VR空間共有プラットフォーム「comony」のモバイルアプリβ版リリース(ライトマイルワークス)

VR空間共有プラットフォーム「comony」のモバイルアプリβ版リリース(ライトマイルワークス)

ラストマイルワークス株式会社が提供するVR空間共有プラットフォーム「comony」のモバイルアプリβ版がリリースされた。ラストマイルワークスが提供する「comony」は、建築や不動産、都市開発といった住宅関連業界向けのVR空間共有プラットフォーム。今回のモバイルアプリ版のリリースにより、PC版と同じ空間をスマートフォン向けにも配信することが可能になった。
詳細はこちら

■「comony」の特徴

建築空間をクラウド上に公開
専用のSDKを利用することで、設計中の空間デザインや、都市計画をクラウド上に公開・共有することができる。
今までにない、空間プレゼンテーション
仮想モデルハウス内で接客・案内をすることができる、空間プレゼンテーションツールとして活用できる。
空間をカスタマイズして、ビジネスに活用
ビジネスアカウントを利用して、バーチャル住宅展示場の運営、建築ギャラリー展示、都市シミュレーションの実施などが可能となる。
※一部機能はPC版のみでの提供となる
「comony」サービスの詳細はこちら

■法人向け

VR空間共有プラットフォームであるcomonyを利用した、様々なビジネスソリューションを提供する。VR開発ノウハウのみならず、同社独自のCGおよびシステム開発の制作体制を活かし、ビジネスにおけるVRを活用した営業、マーケティング業務から、新規事業開発まで一気通貫して支援していく。

活用例
・comony上にVR住宅展示場を公開し、広告宣伝費、営業経費の削減
・施工前の完成イメージを、建築VRを用いて施主と共有 ・重要文化遺産や建築物をデジタルアーカイブ化

■個人向け

comonyは個人で活動しているクリエイターのポートフォリオとして、またプレゼンテーションの場としても利用可能。自身で制作した建築3Dモデルをクラウド上にアップロードし、公開することで、いつでもどこからでも、作品をVRで共有することが可能だ。
※モデルアップロードにはゲームエンジンUnityとUnity用プラグインのcomonySDKが必要になる。SDKの利用を希望するクリエイターは問い合わせを

新着のニュース一覧