>   >  最新世代のチップを搭載した深層学習ハイエンドPC「DEEPstation DK-1000」のラインナップを拡充、税込19万8千円のアカデミック版と32%高速化版を提供(UEI)
最新世代のチップを搭載した深層学習ハイエンドPC「DEEPstation DK-1000」のラインナップを拡充、税込19万8千円のアカデミック版と32%高速化版を提供(UEI)

最新世代のチップを搭載した深層学習ハイエンドPC「DEEPstation DK-1000」のラインナップを拡充、税込19万8千円のアカデミック版と32%高速化版を提供(UEI)

UEIは、最先端Pascal世代のGPUを搭載し発売中の「DEEPstation DK-1000」のラインナップに、税込19万8千円で購入可能なAcademic Editionと、コンパクトな筐体で人気のBasic Editionに新たなPascal版TITAN Xを搭載したBTOに対応する商品(税込39万円)を加えたことを発表した。
詳細はこちら

■概要

Academic Editionは、深層学習に興味を持った学生が個人的に購入できるよう、スペックを絞って最低限深層学習に必要な仕様としたもの(購入の際には、学生証または学校職員であることを証明する書類の提出が必要)。Basic Editionで今回選択可能となったPascal版TITAN Xは、従来搭載されていたGeForce GTX 1080に比べて32%高速になり、コンパクトなフットプリントでありながら手軽に最先端の深層学習プログラミングを行うことが可能だ。

今回のラインナップ拡充は、深層学習の重要性が日に日に増す中、一人でも多くの学生や研究者が個人で研究に使用できるフルセットの深層学習用ハイエンドPCを提供することで、深層学習をより手軽に身近に感じてほしいという意図からであり、手軽な価格帯の商品を投入することで、国内の深層学習研究の発展に貢献したいという思いによるもの。また、Academic Editionを購入の先着50名には、限定特典として、清水 亮著『はじめての深層学習プログラミング』が謹呈される。

そのほか、筐体価格の見積りならびに申し込みについては、以下の特設サイトへ。
"DEEPstation"特設サイト

■「DEEPstation DK-1000」の特徴

・Pascal世代のTITAN Xを搭載
最新世代のPascal世代GeForce TITAN Xを搭載し、デスクトップ用としては最強かつ最先端の環境で深層学習を高速処理可能。
・OSとしてUbuntu 14.04 LTSを採用
プリインストールしたOSとして、プログラマーに人気が高く、NVIDIAの公式サポートも受けられるUbuntu 14.04 LTSを採用。ドライバの設定など、煩雑な作業はDEEPstation専用スクリプトでサクサク設定完了できる。もうインストールに何日も頭を悩ませることはない。
・充実のサポート体制
実際に最先端で深層学習を扱うエンジニアを多数抱えるUEIだからこそ可能な充実のサポート体制、ドライバのセットアップで困った時やハードウェアの故障など、すぐに対応する。
・GUIベースでGPUを使った深層学習を利用可能な「CSLAIER(シースレイヤー)」をプリインストール
ソニーコンピュータサイエンス研究所と共同開発した深層学習GUI環境「CSLAIER」をプリインストールしており、購入してすぐにセットアップ、WebブラウザからGUIだけで手軽に様々な深層学習ツールを試すことができる。
・Webベースだからリモートマシンからも操作可能
WebベースでGUIを実現しているため、学習などの負荷が高い作業は専用のGPUを搭載した学習用マシンで、実際に学習済みニューラルネットワークを利用するアプリケーションの開発には手元のノートPCで行うなどの分業が可能だ。学習用データセットをブラウザからアップロードできるほか、学習させたモデルをGUI上から手軽にダウンロードすることができる。

新着のニュース一覧