>   >  2Dイラストを簡単に動かすことのできるアニメーションエンジン「E-mote」ver3.80を配信開始、webGL、VRのSDKを期間限定無償提供(エムツー)
2Dイラストを簡単に動かすことのできるアニメーションエンジン「E-mote」ver3.80を配信開始、webGL、VRのSDKを期間限定無償提供(エムツー)

2Dイラストを簡単に動かすことのできるアニメーションエンジン「E-mote」ver3.80を配信開始、webGL、VRのSDKを期間限定無償提供(エムツー)

エムツーは、2Dイラストを滑らかに立体的に動かす技術「E-mote」をver. 3.80にアップデートした。「E-mote ver3.80」専用テンプレートでは、各パーツのメッシュ変形機能の強化、「E-mote VR」用の足パーツなどの追加パーツにより、楽器演奏やダンスといったより複雑で豊かな表現が可能になった。また、「E-moteエディタ」には大量のメモリが使用できるZバイナリモードを追加。さらに「E-mote webGL SDK」および「E-mote VR SDK」の期間限定無償提供も行われる。
詳細はこちら

■「E-mote」とは

「E-mote」は、キャラクターの2Dイラストからわずかなステップでゲームに使える滑らかで立体的なアニメーションを作成できる同社独自のエンジン。立ち絵のキャラクターの表情、向き、手足の動作を簡単かつダイナミックに動かすことができ、3Dモデルでは難しいイラストの質感をそのまま再現することができる。

新着のニュース一覧

  • 3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    ツール

    3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    JUNSは、高速なレンダリング処理を行うRyzen7プロセッサを搭載し、3DCG制作に最適化したワークステーション「SuperPC RYZENX」を発売した。「SuperPC RYZENX」は、高度なアニメーション制作や物理シミュレーション、解像度の高まる3Dビジュアルやタイトルモーションなど高精細な3DCG映像表現を求める制作者へ向けた、パワフルかつ最もコストパフォーマンスに優れた高速レンダリングマシン。AMDのZENマイクロアーキテクチャを採用した8コア16スレッドプロセッサ Ryzen7を搭載し、レンダリングやモデリングにかかる時間を短縮。"すべての制作者を待ち時間から解放する"をキーワードに企画・設計されたモデルだ。