>   >  スマートフォンで3DモデルをつくれるARアプリ「Makebox AR」リリース(ViRD)
スマートフォンで3DモデルをつくれるARアプリ「Makebox AR」リリース(ViRD)

スマートフォンで3DモデルをつくれるARアプリ「Makebox AR」リリース(ViRD)

ViRDは、ARモデリングアプリ「Makebox AR」をGooglePlay(Android)でリリースした。「Makebox AR」は誰でも簡単にスマートフォン上で3DモデリングをすることができるARアプリケーション。AR技術「Tango」を利用しており、現実空間で積み木感覚で直感的な3Dモデリングが可能だ。6月23日に発売された「ZenFone AR」にも対応している。
詳細はこちら

■「Makebox AR」の特長

3Dモデリングが簡単にできる
Tangoの技術を利用して、積み木感覚で直感的に3Dモデリングを楽しめる。
つくったモデルはWebに共有できる
「Makebox AR」で制作した3DモデルをアプリからWebにアップロードすることができる。MakeboxのWebサイトはこちら
objファイルの書き出しができる
つくったモデルをWebに共有すればobjファイルとしてダウンロードすることができるので、他の3DモデリングツールやUnityやUE4等のゲームエンジンで利用することができる。もちろん、書き出したモデルを3Dプリンタで印刷することも可能。簡単にモデリングができるので、プロトタイプの作成に向いている。
毎日お題が更新される
毎日変わるお題に挑戦することができる。つくりたいものがなくても、気軽にお題に沿った3Dモデルをつくることができる。もちろん、自由に3Dモデリングを楽しむことも可能だ。

アプリ概要

「Makebox AR」
価格:無料
対応機種:Tangoを利用できるAndroid端末
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.vird.makeboxar
公式サイト:https://make-box.com

新着のニュース一覧