>   >  4ビットMLCを採用したテラバイトクラスのストレージ Samsung SSD「860 QVO」を1月下旬より順次販売(ITGマーケティング)
4ビットMLCを採用したテラバイトクラスのストレージ Samsung SSD「860 QVO」を1月下旬より順次販売(ITGマーケティング)

4ビットMLCを採用したテラバイトクラスのストレージ Samsung SSD「860 QVO」を1月下旬より順次販売(ITGマーケティング)

日本サムスン株式会社の販売特約店であるITG マーケティング株式会社は、サムスンの最新の4 ビット MLC(Multi Level Cell)V-NANDフラッシュを採用したSATA 3.0(6Gbps)インターフェイス対応のSSD「860 QVO」を、2019年1月下旬より順次販売開始した。

■製品特長

高速なパフォーマンス
最新の4ビット MLC V-NANDと実績あるMJXコントローラを採用したことで、最大550 MB/sの読み出し速度と最大520MB/sの書き込み速度を実現。Intelligent TurboWrite(インテリジェントターボライト)テクノロジにより書き込み速度を高速化し、可変容量のバッファを拡大して長期間にわたって高パフォーマンスを維持する。
安心の信頼性
Samsung V-NANDテクノロジを採用した「860 QVO」の限定保証は、3年間または最大1,440TBWで、日常的にPCを使用されるユーザーに対して十分なTBW保証が可能になった。
優れた互換性
ホストシステムとの高速でスムーズな通信により大きなメリットを得ることができる。洗練されたECCアルゴリズムと新しいMJXコントローラで処理を高速化。向上したキュー対応TRIMにより、Linuxの互換性がアップする。
テラバイトクラスの大容量モデル
大容量で高速なSSDはコンピューティング処理を向上させる。複数のストレージソリューションをシンプルで高速な1つの大容量SSDにアップグレードすることで、OSアプリケーションと大容量のデータの両方を1つにまとめることができる。「860 QVO」は1TB、2TB、4TBの大容量モデルを用意。
管理ソフトウェア「Samsung Magician」
「Samsung Magician ソフトウェア(日本語対応)」はドライブの健康状態を監視する管理ソフトウェア。一連の使いやすいツールによりドライブを常に最新の状態に維持し、パフォーマンスの向上も可能だ。
各コンポーネントを内製し、パフォーマンスと信頼性を両立
サムスンは、SSDの主要部分(NAND フラッシュメモリ、SSD コントローラ、SSD ファームウェア、キャッシュ DRAMなど)の設計から製造、テストまで自社完結している数少ないメーカー。
困ったときは「サムスン SSD サポートセンター」がしっかりサポート
サポートセンターによる電話対応、製品検査など万全のサポート体制を敷いている。

■製品ラインアップ

「860 QVO 1TB MZ-76Q1T0B/IT」オープンプライス、想定価格 17,500円
「860 QVO 2TB MZ-76Q2T0B/IT」オープンプライス、想定価格 40,000円
「860 QVO 4TB MZ-76Q4T0B/IT」オープンプライス、想定価格 79,000円

新着のニュース一覧