>   >  VTuberのコラボライブ配信を誰でも簡単に行うことができる「vmeets LIVE!」アルファ版リリース(リブゼント・イノベーションズ)
VTuberのコラボライブ配信を誰でも簡単に行うことができる「vmeets LIVE!」アルファ版リリース(リブゼント・イノベーションズ)

VTuberのコラボライブ配信を誰でも簡単に行うことができる「vmeets LIVE!」アルファ版リリース(リブゼント・イノベーションズ)

VR/ARサービスやライブエンターテイメントの企画・開発を行うリブゼント・イノベーションズ株式会社は、複雑な準備が必要だったVTuberのコラボライブ配信を誰でも簡単に行うことができるWindows/Macアプリ「vmeets LIVE!」を開発した。現在、アルファバージョンとして2019年1月14日(月・祝)まで期間限定でテスト公開をしている。
詳細はこちら

■「vmeets LIVE!」の特徴

「vmeets LIVE!」は、Live2Dのマイアバターをアップロードして同時に4人まで、「動きのある」コラボ配信を誰でも画期的に簡単に行うことができるツール。単独で配信をする場合も同様に手順が楽になる。2019年は「コラボ配信元年」として誰もが気軽にアバターになり、時には単独で、時には他のアバターと共同で、思い思いの情報発信をして行ける時代になる。現在期間限定で、1月14日までアルファテスト版を無料公開している。アカウントも不要なので、気軽に楽しむことができる。

■「vmeets」とは

「vmeets」は「アバターによる新時代のテレコミュニケーションツール」として、Windows/Mac/iOS/Android/VR/ARデバイスにてクロスプラットフォームで開発されている、全く新しい21世紀型の複合サービス。「vmeets」ではアバターを用いて誰でも気軽に性別・年齢・国籍を越えて仕事のコミュニケーション、学びのコミュニケーション、プライベートのコミュニケーション、エンターテイメントのコミュニケーションを行う事ができる。自動文字起こしや音声保存、自動翻訳、スマート議事録など既存のビデオチャットツールやテキストチャットツールの機能を上回る便利さで、テレコミュニケーションの観点から「働き方改革」、「学び方改革」、「遊び方改革」をもたらす。(こちらのページ「会議を始める」ボタンから一部機能を利用できる)。

■「vmeets」と「vmeets LIVE!」の今後の展望

「vmeets」及び「vmeets LIVE!」では今後、
・Live2D形式に加えてVRM形式の3Dアバター対応
・PC版とシームレスにつながるVR版/スマホ版
・シンプルで高度なカスタマイズができる配信レイアウト機能
・講義やカンファレンスで使えるインタラクティブなコミュニケーション機能と多人数通信
・企業でも安心して使えるセキュリティ対応
など、本格的な機能拡充を進め、アバターを介したコミュニケーションが、用途も老若男女も問わずにナチュラルに生活に根ざした形で浸透していく未来を促進していく。

新着のニュース一覧

  • 「第24回 学生CGコンテスト(Campus Genius Contest)」受賞作品決定(CG-ARTS)

    イベント

    「第24回 学生CGコンテスト(Campus Genius Contest)」受賞作品決定(CG-ARTS)

    CG-ARTS(公益財団法人画像情報教育振興協会)が主催する「第24回 学生CGコンテスト(Campus Genius Contest」では、新しいメディアやテクノロジーを用いた作品を幅広く募集し、439作品の応募があった。この中から評価員によるノミネート選考会によってアート部門41作品、エンターテインメント部門43作品まで選出し、さらに両部門の審査員による最終審査会で、両部門合わせて21の受賞作品が決定した。また、受賞作品を紹介するイベント「CGC Meeting」を、2019年2月16日(土)、17日(日)の2日間、東京・お台場の日本科学未来館(予定)にて開催する。同イベントでは受賞者による作品プレゼンテーションや審査員・評価員とのディスカッション、受賞作品を中心とした展示や体験コーナー、上映プログラムを予定している。