>   >  書き込み速度が従来モデルより最大53%向上、Samsung NVMe M.2 SSD「970 EVO Plus」を2月上旬より販売(ITGマーケティング)
書き込み速度が従来モデルより最大53%向上、Samsung NVMe M.2 SSD「970 EVO Plus」を2月上旬より販売(ITGマーケティング)

書き込み速度が従来モデルより最大53%向上、Samsung NVMe M.2 SSD「970 EVO Plus」を2月上旬より販売(ITGマーケティング)

日本サムスン株式会社の販売特約店であるITG マーケティング株式会社は、最新のSamsung V-NANDを搭載した、M.2フォームファクタのNVMe(Non-Volatile Memory Express)SSD「970 EVO Plus」を、2019年2月上旬より販売開始する。容量モデルは250GB、500GB、1TBの3ラインアップ。

■製品特長

進化し続けるSSD
従来モデルの「970 EVO」よりもさらにパフォーマンスが進化した「970 EVO Plus」には、最新のV-NANDテクノロジと最適化されたファームウェアが搭載されている。PCIe Gen3.0 x4環境での大幅なパフォーマンス改善と電力効率を向上させ、シーケンシャル読み出し/書き込み速度は最大3,500/3,300 MB/sを実現。250GBモデルにおいては、シーケンシャル書き込み速度が約53%高速化した。
優れた耐久性
「970 EVO Plus」のTBW(総書き込みバイト量)は1TBモデルで600TBを実現し、5年間の限定保証がついている。最新のV-NANDテクノロジとサムスンの品質により、優れた耐久性を実現し、長期間に渡って高い性能を維持する。
比類なき信頼性
高度なニッケルコーティングされたコントローラとヒートスプレッダにより、優れた放熱を可能にしている。Dynamic Thermal Guard(ダイナミックサーマルガード)がドライブの動作温度を自動で監視し、最適な温度を維持して、パフォーマンスの低下を最小限に抑える。
管理ソフトウェア「Samsung Magician」
「Samsung Magician ソフトウェア(日本語対応)」はドライブの健康状態を監視する管理ソフトウェア。一連の使いやすいツールによりドライブを常に最新の状態に維持し、パフォーマンスの向上も可能。
各コンポーネントを内製し、パフォーマンスと信頼性を両立
サムスンは、SSDの主要部分(NANDフラッシュメモリ、SSDコントローラ、SSDファームウェア、キャッシュDRAMなど)の設計から製造、テストまで自社完結している数少ないメーカー。
困ったときは「サムスン SSD サポートセンター」がしっかりサポート
サポートセンターによる電話対応、製品検査など万全のサポート体制を敷いている。

■製品ラインアップ

970 EVO Plus 250GB MZ-V7S250B/IT:オープンプライス 想定価格12,500円
970 EVO Plus 500GB MZ-V7S500B/IT:オープンプライス 想定価格21,500円
970 EVO Plus 1TB MZ-V7S1T0B/IT:オープンプライス 想定価格33,500円

970 EVO Plus「レインボーシックス シージアドバンスエディション」バンドルモデル 500GB MZ-V7S500B/R6S:オープンプライス 想定価格21,500円

新着のニュース一覧