>   >  クリエイターPCシリーズに「Endeavor Pro9000」をベースにした3モデル追加(エプソンダイレクト)
クリエイターPCシリーズに「Endeavor Pro9000」をベースにした3モデル追加(エプソンダイレクト)

クリエイターPCシリーズに「Endeavor Pro9000」をベースにした3モデル追加(エプソンダイレクト)

エプソングループのエプソンダイレクト株式会社は、インテル Core Xシリーズ搭載の「Endeavor Pro9000 CAD 設計Select」、「Endeavor Pro9000 動画編集Select」、「Endeavor Pro9000 3DCG 制作Select」の3モデルをクリエイターPCシリーズに追加、オンラインショッピングサイトおよびコールセンター(0120-545-101)を通じて2019年4月16日より受注を開始した。

■「Endeavor Pro9000」クリエイターPCの特長

同モデルのベースとなる「Endeavor Pro9000」は、18コア/36スレッド(定格3.0GHz、最大4.5GHz)のインテル Core i9-9980XE プロセッサー エクストリーム・エディションが搭載可能で、ワークステーションに匹敵する性能を備えたデスクトップPC。また、メモリーは8基のスロットを備えクアッドチャネルに対応し最大128GBまで搭載が可能、インテル Optane SSDやM.2 SSDなどの高速ストレージが選択でき、最新世代のNVIDIA GeForce RTX 2080 TiやNVIDIA Quadro P4000が搭載可能だ。

■「Endeavor Pro9000 CAD 設計 Select」の特長

CAEやBIMなど高度な用途に使えるCAD設計者のためのミドルタワーPC
「Endeavor Pro9000 CAD 設計Select」は、プロダクトデザインや建築・土木での設計だけではなく、CAE(Computer Aided Engineering)やBIM(Building Information Modeling)などの解析・シミュレーションやそれらの結果をビジュアライゼーションする用途でも利用できる性能を備えている。CAD設計で広く利用されている「Solidworks 2018」、「AutoCAD 2019」の動作確認を同社にて実施、安心して利用できる。

■「Endeavor Pro9000 動画編集 Select」の特長

4Kノンリニア編集に対応した、動画編集のためのミドルタワーPC
「Endeavor Pro9000 動画編集Select」は、インテル Core Xシリーズ搭載により従来モデルでは実現できなかった4K動画のノンリニア編集が可能になった。また、CPUのコア数が増加しているため、デコード時に重いコーデックを使用する際に作業完了までの時間を短縮することができる。動画編集で広く利用されている「Edius Pro 9」、「Adobe Creative Cloud 2018(※Premiere Proのみ)」の動作確認を同社にて実施したので、安心して利用できる。

■「Endeavor Pro9000 3DCG 制作 Select」の特長

高速レンダリングで作業時間短縮が可能な3DCGに適したミドルタワーPC
「Endeavor Pro9000 3DCG 制作Select」は、18コア36スレッドの優れた処理能力を持つ、インテル Core i9 プロセッサー エクストリーム・エディションが搭載可能。CPU依存が高いソフトウェアの応答速度も向上するため、総合的に処理待ち時間を削減し、次の作業への移行を短縮できる。3DCG制作で広く利用されている「Autodesk Maya 2018」、「V-Ray for Maya 2018」、「Adobe Creative Cloud 2018(※Photoshop、Illustratorのみ)」の動作確認を同社にて実施、安心して利用できる。

新着のニュース一覧