>   >  ブラウザ上でVR・ARプログラミングが可能な「BLOCK VROCK」Version2.0の提供を開始(レベルエンター)
ブラウザ上でVR・ARプログラミングが可能な「BLOCK VROCK」Version2.0の提供を開始(レベルエンター)

ブラウザ上でVR・ARプログラミングが可能な「BLOCK VROCK」Version2.0の提供を開始(レベルエンター)

株式会社レベルエンターは、Webブラウザのみで簡単にVRプログラミングができる「BLOCK VROCK(ブロック ブロック)」をバージョンアップし、BLOCK VROCK Version2.0として、2019年6月17日(月)に提供開始した。スマートフォン、タブレット、Mac、WindowsなどPC、さらにOculus Go / Oculus QuestなどのVRヘッドセットでも利用できる。
詳細はこちら

■サービスの詳細

「BLOCK VROCK」は、初めてプログラミングに取り掛かる人たちにも、あっと驚くものを簡単につくり出せることを目的につくられた。一般的なプログラミング学習では「HelloWorld」と文字を画面に出すだけのようなステップから始めるが、「BLOCK VROCK」では、プログラミングによってVRの世界に物体をつくり出したり、物体を動かしたりするところからはじめる。もっとやってみたいという思いが、プログラミングに熱中する姿勢を生み出す。

「BLOCK VROCK」はプログラミングを学ぶための2つのステップを提供する。第1ステップは、子供向けのビジュアルプログラミングツールであるScratchをベースとしたブロックによるVRの構築。第2ステップは、より高度なプログラミング言語であるJavaScriptを使ったアルゴリズムの実践。VR作品を作成する中で、アルゴリズムやコンピュテーショナルシンキングなど、デジタルクリエイティブの様々な要素を学ぶことができる。

■サービスが取り組む課題と解決法

課題
・PCやiPad以外の電子デバイスを新たに購入できないが、プログラミングを授業に取り入れたい
・PCやiPadなどの画面内だけで完結してしまうプログラミングでは、飽きてしまっている
・ビジュアル言語は十分にできるようになったが、次のステップが見つけられていない
・文字の言語を使うとタイピングなどのハードルが一気に高くなる
解決法
・「簡単にすごいものをつくる」ことで熱中を生み出す
・作成したプログラムをスマートフォンで読み込むことでVRの世界を体験できる。これにより高価なデバイスを教育者側が購入せずに、生徒が持つスマートフォンを活用できる
・無償のビジュアル言語でも十分にオリジナルなVR世界をつくり出すことができる
・有償のJavaScriptコードエディタを利用すれば、より高度な文字ベースのプログラミング学習が可能

■Version2.0の変更点

・ブロックプログラミングを大幅に簡略化
・ARマーカーを60種類以上増加
・VR世界をJavaScriptによって自由自在に操作可能
・JavaScriptを使った学習に対応(アルゴリズムの学習コース)
・Version1.0リリース時と比較して80%以上のパフォーマンス改善

■基本機能

・ブロックベースのプログラミング機能
・テンプレートをコピーしてカスタマイズすることによる簡単なVRの実現
・Google Polyに連携した3Dオブジェクトの読み込み機能
・スマートフォンやタブレット、PC、Oculus Go、Oculus QuestなどのVRヘッドセットなど、デバイスを選ばない自由度
・アプリインストール不要

■価格

(1)無料ユーザー
・基本テンプレートを利用して、VRを簡単につくることができる
(2)有料ユーザー 年間1,980円(税込)
・JavaScriptによるプログラミングエディタが利用可能となる
(3)学校・法人ユーザー(6月17日より御予約受付を開始)
・年間1名あたり1,980円(税込)+教員あたり20,000円(税込)
・すべての有料ユーザー向けの機能を利用してVRを作成することができる
・オンラインチャットによる先生向けの質問サービスが利用可能
・クラスの作品展を公開することができる
・教員向けマニュアルを提供

新着のニュース一覧