>   >  ストラタシス、生産グレードの3Dプリンティング・アプリケーション向けに一連の先進的材料を発表
ストラタシス、生産グレードの3Dプリンティング・アプリケーション向けに一連の先進的材料を発表

ストラタシス、生産グレードの3Dプリンティング・アプリケーション向けに一連の先進的材料を発表

Stratasys(以下、ストラタシス)は、3Dプリントによる生産グレード・カスタム・ツーリング/パーツへのエンジニアやデザイナーからのニーズの増大に対応するため、高い耐久性、耐熱性、耐薬品性を備えた3種類の新しいFDM熱可塑性プラスチックを発表した。新材料は製造時に3Dプリントによるアプリケーションに特有の要件に適合しており、生産現場に共通する耐熱要件や技術的課題などへの対応を可能にする。
詳細はこちら

■概要

今回、発表された材料はストラタシスのFortus F900 3Dプリンタ向けAntero 840CN03、ストラタシスのF370 3Dプリンタ向けDiran 410MF07とABS-ESD7の3種類。これらの熱可塑性プラスチックは自動車や航空宇宙などの業界でのアプリケーション製造要件に対応しており、3Dプリントによる先進的治具、固定具、ツーリング、プロトタイプ、最終製品の製造に最適だ。

F900 3Dプリンタ向けに開発されたAntero 840CN03はストラタシスが提供する独自開発のAntero高性能ポリマー・ポートフォリオの2番目のPEKK(ポリエーテルケトンケトン)ベース・ポリマーで、ストラタシスのストラテジック・サプライヤであるアルケマのKepstan PEKK技術を活用している。この新しいAnteroは安定した静電気放電(ESD)性能を備え、高度にカスタマイズしたツーリングやパーツを製作するために開発されており、非常に低いアウトガス性と優れた耐摩耗性を持ち耐熱性、耐薬品性の高いパーツの3Dプリンティングに最適だ。

ESD特性を持つこの新Anteroは航空宇宙/産業アプリケーションに適しており、フレーム、パネル、コンポーネントに使用される強靭ながら軽量のパーツの製作を可能にする。この材料は、ストラタシスの受託製造部門であるStratasys Direct Manufacturingでも、包括的な材料の一部として追加される。

Lockheed Martin Spaceのアドバンスト・マニュファクチャリング担当シニア・マネージャーのBrian Kaplun氏は「宇宙探査機の製造では、適切な特性を示すパーツの開発で材料に関し困難な課題が生じます」と述べ、さらに「こうした課題の1つが、さまざまな物理的、機械的特性の中で特に、適切なESD、すなわち静電気散逸性を確保することです。ストラタシスのAntero ESDは強靭ながら軽量のアディティブ・マニュファクチャリング材料のアウトガス性と静電気散逸性へのニーズに適合します」と語った。

耐久性の高いツーリング・アプリケーションのために開発されたDiran 410MF07はストラタシスが開発したナイロンベースの材料で、ストラタシスのF370 3Dプリンタ向け。この新しいFDM熱可塑性プラスチックは、炭化水素ベース化学薬品への耐性、滑り抵抗を低減する平滑表面に加え、極めて高い靭性と低摩擦性を提供する。Diranの靭性により、製造現場でしばしば共通して見られるツールの手荒な取り扱いに対する耐性を実現できる。

従来はStratasys Fortusプリンタでのみ利用可能だったABS-ESD7熱可塑性プラスチックは静電気に敏感なアプリケーション向けに開発されており、粉末、粉塵、微粒子などの他の材料への放電や誘引を防止する。工場現場の材料をStratasys F370 3Dプリンタで利用できることから、ユーザーは低コストで高度にカスタマイズ可能なパーツに対するプロトタイピングや生産上の要件への対応が可能になる。ABS-ESD7は妥当なコストでESD安全性を備えた材料を使いやすさ、再現性、パーツ精度に優れたプラットフォーム上で提供することから、製造ツーリング・アプリケーションに最適だ。

ストラタシスのマニュファクチャリング・ソリューション担当バイス・プレジデントのAdam Pawloskiは、「生産環境で3Dプリンティングの導入が急速に進んでいますが、エンジニアやデザイナーが製造ベース・アプリケーションの極めて困難な要件を満たせない熱可塑性プラスチックの問題に直面しています」と述べ、さらに「私たちの熱可塑性プラスチックは、製造現場での3Dプリンティング導入を加速するためにこうした障壁を解消し、従来のアプローチでしばしば発生するコストを最小化すると同時に、ユーザーによる設計と製作の迅速化を可能にします」と語った。

高性能、製造主体の環境下でのストラタシスの材料のメリットについては、AnteroDiranABS-ESD7のページにて。

新着のニュース一覧