>   >  世界初、キャリブレーションセンサー内蔵型 4K HDRリファレンスモニタ「ColorEdge PROMINENCE CG3146」、2020年5月に発売(EIZO)
世界初、キャリブレーションセンサー内蔵型 4K HDRリファレンスモニタ「ColorEdge PROMINENCE CG3146」、2020年5月に発売(EIZO)

世界初、キャリブレーションセンサー内蔵型 4K HDRリファレンスモニタ「ColorEdge PROMINENCE CG3146」、2020年5月に発売(EIZO)

EIZO株式会社は、31.1型・DCI 4K(4096×2160)解像度のHDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3146」を、2020年5月に発売。価格はオープン価格で、EIZOダイレクト販売価格は3,278,000円(税込)。
詳細はこちら

■製品概要

「ColorEdge PROMINENCE CG3146」(以下、CG3146)は、ColorEdge PROMINENCE CG3145-BSの後継機種であり、映像制作での最終色調整(カラーグレーディング)に使用するHDR対応のリファレンスモニター。CG3146は、HDRリファレンスモニターでは世界で初めて、キャリブレーションセンサーを筐体に内蔵している。

CG3146では、忠実なHDR画質を追求した表示性能の改善や、映像制作者の使いやすさに配慮した機能の拡充を行った。具体的には、映像信号では、高速伝送フォーマットであるSDI信号の12G/6G/3G-SDI入出力に対応したことで、SDI出力端子を備えた撮影カメラと直接接続できる。また、SDI/HDMI信号入力時に、コンテンツのカラー情報に連動してモニターのカラー設定を自動で切替えるSync Signal機能も搭載しており、手動でカラー設定を切替える必要がない。さらに、調整ダイヤルを筐体前面に装備し、スムーズかつ正確に画面の輝度・黒レベル・ガンマ(EOTF)4などの設定値を調整できる。

従来機種の機能・性能も踏襲し、最大1000cd/m2の高輝度、100万:1の高コントラスト比を実現するほか、放送向けのHybrid Log Gamma方式と映画向けのPQ方式、両方のHDR方式に対応。HDR映像制作における最終色調整作業を力強くサポートする。

■従来機種CG3145-BSから進化した特長

・世界初、キャリブレーションセンサーを内蔵したHDRリファレンスモニター
・12G-SDI/3G-SDIに対応、撮影カメラに直接接続可能
・カラー設定が自動で切替わるSync Signal 機能を搭載
・操作しやすい調整ダイヤルを装備
・表示安定までわずか3分
・エリアマーカー機能を改良し、3種類のマーカーを同時に表示

新着のニュース一覧