>   >  VFXアナトミー:『Beyond the Moment of Beauty - Into the Galaxy』by 佐藤隆之(OTAS.TV)
『Beyond the Moment of Beauty - Into the Galaxy』by 佐藤隆之(OTAS.TV)

『Beyond the Moment of Beauty - Into the Galaxy』by 佐藤隆之(OTAS.TV)

欧米の最新シーンで磨き上げたモーショングラフィックスの妙技を独自のセンスで進化させた意欲作。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 223(2017年3月号)からの転載となります

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©OTAS.TV All Rights Reserved.

『Beyond the Moment of Beauty - Into the Galaxy』
Direction, Concept, Design and Animation: Takayuki Sato
Starring: Miho /Director of Photography: Tsutomu Fujimoto /Makeup & Hair:Shinya Kumazaki/Live Action: Iino Mediapro/Music: Martin Riopel

プロフェッショナルとしての新たなステージの幕開けに

『Beyond the Moment of Beauty - Into the Galaxy(以下、Beyond~)』は、元Prologue Filmsで、現在は日本を拠点にフリーランスのモーションデザイナー/ディレクターとして活動する佐藤隆之氏のオリジナル最新作だ。2014年に発表した佐藤氏にとって初のオリジナル短編『The Moment of Beauty(以下、TMoB)』の続編にあたるが、実は独立した別作品としてつくりはじめていたそうだ。


佐藤隆之氏(フリーランス)
otas.tv

「"前作以上にインパクトのあるものを"と、構想を練っていく中で、全5章のシリーズものというアイデアにたどりついたんです(後述)。『Beyond~』はその第2章になるのですが、前作『TMoB』は、Prologue Films在籍時代から現在までにモーションデザイナーとして培ってきたノウハウをあますところなく活用しようと、After Effectsによる表現が主体でした。一方、新作では新たな技能習得を目的として、CINEMA 4Dを中心に3DCGを積極的に活用するという方針の下、作業を進めていきました」。近年、モーショングラフィックスにおいても3DCGを多用した作品が増えているが、日本の現場では予算やスケジュール面との兼ね合いからまだまだ2Dベースでつくるケースが多い。そこで、オリジナル作品という利点を活かすべく3DCG主体のモーショングラフィックスに挑戦しようと考えたのだという。

オリジナル企画という意味では予算の工面も気になるところ。『TMoB』では、チュートリアルコンテンツなどの提供を条件に、フラッシュバックジャパンのスポンサードやツールベンダーからの機材協力を得たそうだが、「結果的に今回は純然たる個人制作になりました。プランニングからCG・VFXの実作業までのほぼ全てを自分だけで対応していますが、実写撮影の費用についても自己負担しました。ひとえに"自分が表現したいものをとことん追求する"という目的があってのことでしたが、プロフェッショナルとして作品を制作する上では何でも自分でやろうとするのはかえって非効率な面もあることを思い知りましたね(苦笑)。このシリーズは全5章という構想ですが、特に最終章はかなり大きなスケールで制作したいと思っていますし、仕事においても今後は仲間を募ってチームで活動していくことを計画中です」。ひき続き要注目のプロジェクトだ。

01 Phase 1(初期の構想) from 2015 July to August

手描きスケッチでイマジネーションを高める

佐藤氏の制作スタイルの原点は、手描きのスケッチだという。「オリジナルでも商業制作でも、どんな表現にするか、どんなデザインが良いのか、まずは思いつくままに紙に描いていきます。実はSurface Pro 3を購入してデジタルで描いてみたりもしたのですが、自分にはアナログの方が性に合っているみたいですね」。そうして描きためたスケッチをベースに「スタイルフレーム(イメージボード的なもの)」が作成されていく。『Beyond~』の制作は、結果的に3つのフェーズにわたったが、フェーズ1となるこの時期(2015年7~8月)は、コンセプトアーティストに近い感覚で思いつくままにどんどん描いていったそうだ。また、個人制作ということもあり、アナログとデジタルの作業の区分けもシームレスに、思い浮かんだビジュアルを具体化する過程で、臨機応変に進めていったとのこと。

先述したとおり、本作では3DCGを積極的に用いるというコンセプトもあったことから、景観作成ツールとして定評あるVueを導入した。「前作は見た目的に閉じられた空間だったので、今回は開放的な世界観にしようと、リアルな自然景観をつくる目的で試しにVueを使ってみました。ですが、本制作で使うデータとしては重すぎたことに加え、世界観をつくり込むためにも最終的には市販データを改良したり、前作のアセットを利用しながら背景セットを作成しました」。また、コンセプトワークと並行して、宇宙空間やネビュラ(星雲)エフェクトをCINEMA 4D(以下、C4D)ベースで作成するためのR&Dも行われた。「実は、当初の計画ではこの時期に完成させるつもりだったので、こうしたR&Dも必然でした。ですが、作成したスタイルフレームをPremiere Proに読み込み、『ボードマティック(Boardmatic、イメージボードで構成されたアニマティクスを指す、Prologue Films界隈で使われている専門用語)』を作成してみたところ、シーンやカットごとに世界観のギャップが大きすぎてまとまりがないことに気づいたのです。イメージビデオとしてなら成立できるかもしれませんが、ストーリーをもった映像作品として仕上げる上では、この路線で作業を進 めるのはリスキーだという結論に達しました。正直、ショックでしたが(苦笑)、ちょうど秋口にはいって仕事も忙しくなってきた頃だったので、コンセプトを固めるための冷却期間を設けることにしました」。こうして『Beyond~』プロジェクトは、フェーズ2へと歩を進めることになる。

初期に描かれたスケッチの例


  • イニシャルラフスケッチ(ストーリー性を考慮せず、描きたい世界をスケッチしたもの)


  • ブレストスケッチ(何度かラフスケッチを描いた後にストーリー性を含めて再描写したもの)

フェーズ1で作成したスタイルフレームの例(時系列順にまとめてある)


どこの惑星かわからないような砂漠のシーンから始まる。その後空が晴れて空中の世界が登場


  • 主人公がその空を円盤に乗って突き進み、途中で宙に浮かぶ城に導かれる。城内に入ると奥の方で輝くエネルギーのようなものに出会い、そこから扉が出現。その扉を過ぎると森林地帯のような世界にたどり着き、大木に遭遇する


  • 大木のエネルギーがポータルを作り出し、宇宙空間へとワープする


3DCGによるネビュラ(星雲)のR&D。主にTurbulenceFDを使用し、生成


TurbulenceFDのSmokeを併用することで、ライトの影が反映されてよりネビュラらしい描写になった

レンダリング後、AEで明るさを調整し、グローを追加したテストイメージ

次ページ:
02 Phase 2(再構築) from 2016 January to February

その他の連載