>   >  VFXアナトミー:関門PRムービー『COME ON! 関門!』(VFX制作:NISHIKAIGANほか)
関門PRムービー『COME ON! 関門!』(VFX制作:NISHIKAIGANほか)

関門PRムービー『COME ON! 関門!』(VFX制作:NISHIKAIGANほか)

全高229メートルもの巨大怪獣の臨場感あふれるVFXと、ユーモラスなキャラクターアニメーションが織り成す痛快エンターテインメント。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 226(2017年6月号)からの転載となります

TEXT_福井隆弘 / Takahiro Fukui
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

関門PRムービー『COME ON! 関門!』
企画・監督:江口カン(KOO-KI)/プロデュース:小澤利男(KOO-KI)/制作:PYLON
怪獣デザイン:森田悠揮/VFX:NISHIKAIGAN、AnimationCafe、ModelingCafe、白組
製作:北九州市・下関市
www.gururich-kitaq.com/kanmon_movie
©Kitakyushu City & Shimonoseki City All Rights Reserved.

各分野のエキスパートが結集し、ハイクオリティな怪獣VFXを実現

関門海峡周辺の観光PRムービー『COME ON! 関門!」が2017年3月27日(月)より公開中だ。本作は、九州(福岡県北九州市)と日本の本州(山口県下関市)を隔てる関門海峡に突如出現した巨大怪獣『海峡怪獣カイセンドン』の襲来を描いた怪獣ディザスタームービー、かと思いきやラストには思わず笑ってしまう。国内外の広告祭でいくつもの受賞歴をほこる江口カン監督(KOOKI)らしいユーモアセンスにあふれた作品だ。ラストのオチとのギャップを高める上でもハイクオリティなVFXが必須となったが、一連のVFXワークをリードしたのがNISHIKAIGANだ。


  • NISHIKAIGAN
    須永浩光VFXプロデューサー、沼沢良典VFXディレクター、大津留 綾プロダクション・マネージャー
    www.nishikaigan.jp


同社は同じく江口氏が監督を務めるHOME'SのTVCMシリーズのVFXなども手がけているが、本作については今年の1月に最初の相談があったという。「江口さんから単刀直入に『怪獣ものをやりたいんだけど』と(笑)。ただ、VFXやモーショングラフィックスについては幅広く手がけてきた自負があるのですが、フォトリアルなCGキャラクターアニメーションの経験はなかったので、以前からぜひコラボレーションを、と話し合っていたAnimationCafeさんに協力を求めることにしました」と、NISHIKAIGAN代表取締役の須永浩光氏はふり返る。


  • 左から、森田悠揮(フリーランス)、佐藤大洋CGプロデューサー(Cafe group)、坂上千穂モデラー(ModelingCafe)、岡田博幸CGスーパーバイザー(AnimationCafe)、菊池愛理CGアニメーター(AnimationCafe)、福沢翔太CGアニメーター(AnimationCafe/ModelingCafe)、加藤泰裕コンポジター(フリーランス)
    <写真なし>
    北田栄二モデリングスーパーバイザー、北野修平モデリングスーパーバイザー、小池進太郎マットペインター(以上、ModelingCafe)、金城侑香コーディネーター(AnimationCafe)
    animationcafe.co.jp modelingcafe.co.jp


こうしてAnimationCafe並びにModelingCafeの参加が決まったが、もうひとつ大きなポイントが。「怪獣のデザインワークと3DCG制作を一括して引き受けてもらいたいという監督からのリクエストがあったのです。そこで、森田悠揮さんを紹介しました」と、Cafeグループの佐藤大洋氏。森田氏に白羽の矢が立ったのには大きな理由があった。「単刀直入にスケジュールが非常にタイトだったんですよ(苦笑)。そうした事情を汲んで佐藤さんが、森田さんを紹介してくださったのですが、引き受けていただけて本当に助かりました」(須永氏)。最終的に森田氏が怪獣デザイン、ModelingCafeがアセット制作、AnimationCafeが怪獣のCGアニメーション、ショットワークをNISHIKAIGAN、そして海の表現に必須の流体エフェクトを白組が手がけることになった。「初めての座組でしたが、みなさんが得意分野でいかんなく才能を発揮してくれたので、タイトなスケジュールの中でも完成できたのだと改めて思います」(須永氏)。

<1>怪獣のコンセプト&デザイン

巨大怪獣のデザインにフグ、カニ、タコの要素を込める

須永氏が森田氏へ怪獣のコンセプトデザインを依頼したのが、2017年1月25日(水)のことだったという。「1週間後に実写撮影を行うことが決まっていたため、初稿を1週間で出してほしいとお願いされました(笑)。ですが、すごく面白そうだったので引き受けさせていただきました」と、森田氏はふり返る。怪獣のデザインに関する監督からのオーダーは、北九州と下関両市の名産であるフグ、カニ、タコの要素をデザインに込めた、2足歩行の怪獣というものであった。「特にフグの要素を多めにしてほしいというオーダーだったので、丸みを帯びた腹部にとげ状の突起を加えることにしました。個人的に2足歩行よりも、多足のクリーチャー的なデザインやモデル制作を依頼されることが多いので、新鮮でしたし、悩まされる面もありました。10パターンくらい手描きでスケッチした上で、その中から3パターンをZBrushでスカルプト。そして自分の中で最もしっくりきたものをブラッシュアップするというながれでコンセプトモデルに仕上げていきました」(森田氏)。

こうして出来上がったコンセプトデザインは、初稿から江口監督に気に入ってもらえたというが、演出面との兼ね合いから何度かデザイン修正も行なったという。「脚の長さを変えたものや、逆関節などいくつか別バリエーションも作成しました。そのほかにもアニメーションを付ける際の都合などを考慮して手を少し小さくするなど、人間のプロポーションに若干寄せる方向へと修正しました」(森田氏)。怪獣のカラーリングについては、巨大なキャラクターであることを考慮して、彩度を低めにしたという。「カニやタコというと赤系を思い浮かべがちだと思うのですが、監督からもリッチな質感というリクエストをいただいていたのでダークな、いわゆる怪獣的な色味を加えています。海水に濡れているのでスペキュラが映えるよう、ベースは暗めにしつつ、腹部など目立たせたい部位は白味を強めるといった調整をしています。自分の裁量でやらせていただける部分が多くあったので、最後まで楽しくデザインさせていただきました」(森田氏)。

森田氏初期デザイン&コンセプトモデル


海流で足を取られ転ぶことを想定して、足を長くしたデザイン&コンセプトモデル


森田氏が作成したカラーリングの参考資料

次ページ:
<2>アセット制作

その他の連載