>   >  VFXアナトミー:NHK連続テレビ小説『ひよっこ』タイトルバック(VFX制作:MORIEほか)
NHK連続テレビ小説『ひよっこ』タイトルバック(VFX制作:MORIEほか)

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』タイトルバック(VFX制作:MORIEほか)

ミニチュア写真家、田中達也氏の"見立ての世界"に精巧なCGアニメーションを施すことによってコマ撮りアニメーションを進化させた意欲作。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 227(2017年7月号)からの転載となります

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

NHK 連続テレビ小説『ひよっこ』タイトルバック
企画、クリエイティブ・ディレクター:佃 尚能(NHK)/ミニチュア・ディレクション:田中達也/監督:森江康太/CGディレクター:柴野剛宏/モーションキャプチャ:Crank/撮影:宇賀神光佑、中村匠吾(共にネオテック)/オンライン編集:坂巻亜樹夫(十十)/技術協力:高畠和哉(NHKメディアテクノロジー)、日高公平(NHK)/制作プロダクション:MORIE
www.nhk.or.jp/hiyokko
©NHK

3DCGアニメーションによってコマ撮りの新たな可能性を見出す

現在放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』のタイトルバックが好評だ。本作は、日用品とジオラマ用フィギュアを巧みに組み合わせた写真作品『MINIATURE CALENDAR』で知られる田中達也氏の世界観に、フォトリアルなCGアニメーションを施すことで、いわゆるコマ撮りとは似て非なるビジュアルを実現させている。映像ディレクションならびに一連の映像制作をリードしたのは、森江康太氏が率いるMORIE。コマ撮りと言えばキャラクターがカクカク動くのが大きな特徴だが、ミニチュア写真家・田中達也氏とMORIEという異色タッグによって、世界観は写真ベースのまさにコマ撮りでありながら、CGアニメーションを加えることで"カクカクと動かないコマ撮り"という新たなアニメーション表現が誕生した。「『ひよっこ』の作品舞台となる東京オリンピック前後(1960〜70年代)に花開いたレトロポップな世界観を、田中達也氏特有のミニチュア写真をベースに描くことを思いつきました。さらにそこへキャラクターや乗り物のCGアニメーションを組み合わせることで、映像(動き)としても躍動 感あふれるものを実現することを目指しました」と、本作の企画・クリエイティブ ディレクションを務めた佃 尚能氏はふり返る。当初は、モノクロで撮影された当時のアーカイブ映像のカラライズという案もあったそうだが、より効果的に当時の華やかでポップな空気感を描くために、なおかつ映像としてのインパクトを高めるために、ミニチュア写真とCGアニメーションの融合というアイデアに至ったそうだ。


右から、佃 尚能クリエイティブ・ディレクター(NHK)、田島誠人氏、柴野剛宏CGディレクター、的場一樹氏、〈写真なし〉森江康太監督(以上、MORIE)
morie-inc.com

「ご覧になった方にはコマ撮りだと思い込んでいる方も多くいらっしゃるのですが、それこそがねらい。CG・映像のプロフェッショナルが観たときに『非常に手間のかかった細かな処理が施されている』と気づいてもらえたら嬉しいです」(森江監督)。「MORIEでは、フォトリアルな恐竜VFXなど、どちらかというと硬派なものをつくることが多いのですが、今回は女性に『カワイイ!』と言ってもらえる作品に携わることができました。自分たちの表現幅を広げることができたと思います」とは、柴野剛宏CGディレクター。本編の展開に応じて、近日中にタイトルバックにも新たな表現が加えられるそうなので要注目だ。


右から、日高公平氏(NHK)、中村匠吾氏、宇賀神光佑(共に、ネオテック)、〈写真なし〉高畠和哉氏(NHKメディアテクノロジー)

01 企画&演出

『MINIATURE CALENDAR』と昭和レトロポップの融合

MORIEにオファーがあったのは、2016年9月のこと。森江監督はこれまでにもNHKスペシャル『生命大躍進』などのビッグプロジェクトにて多くのキャラクターアニメーションを手がけていることからの抜擢だったと、佃CDはふり返る。これに加えて、デジタルアーティストとして、3DCGアニメーションと実写VFXの双方にて演出実績をもつ森江監督が監督を務めることで、限られたバジェットの下でコストパフォーマンスの最大化を目指そうというねらいもあったという。全体的なスケジュールとしては、昨年10月からプリプロがスタート。11月上旬にビデオコンテがほぼFIX、11月下旬にミニチュア撮影が実施された。その後、CG・VFX制作が本格的にスタートしたが、最大限クオリティを高めるべく細かなブラッシュアップをくり返したため、最終的な完パケは今年の3月上旬だったそうだ。

『ひよっこ』の舞台は、東京オリンピック開催前後の1960〜1970年代である。前述のとおり、当時は日本の高度経済成長期であり、世の中は活況に満ちており、当時の服飾文化をはじめとするデザインはカラフルで華やかなものであった。「そうしたレトロポップなテイストをモノクロの記録映像(アーカイブ)ではなく、当時のルックそのままに再現する手法として、田中達也さんの『MINIATURE CALENDER』の世界観を、現存する当時のアンティーク小物等のレトログッズを用いて表現することを思いついたわけです」(佃CD)。まずは、田中氏と一緒に下北沢などのアンティークショップで、当時のレトログッズを下見することからスタート。最終的に『ひよっこ』本編の美術スタッフにも協力を得ることで、年配の視聴者から「あの小物、当時家にもありました!」といった反響を得るほど、充実したアイテムを揃えることができたそうだ。ビジュアルデベロップメントについては、まず佃CDが作成した企画コンテを叩き台として、田中達也氏が上述したレトロアイテムを見ながら絵コンテ(イメージボード)を作成。さらにその上でMORIEによるビデオコンテが作成され た。ビデオコンテを作成する際は、シーンによっては3DCGベースで、より具体的にアニメーションやライティングが詰められていった。

夕景のラストシーンは森江監督のアイデアから誕生したものだとか。「シメとなるシーンを描くことで、タイトルバックとしてもしっかりと完結させたいと思ったのです。ですが、本作の主役はあくまでも田中達也さんの世界観。自分のアーティストとしての個性を押し出すのではなく、佃CDのベースアイデアや田中さんの作家性をしっかりと反映することに徹することを心がけました」。現在、メイキング動画を準備中とのことなのでそちらの公開も楽しみである。

佃CDが作成した企画コンテの例。明快なコピーと共に作品コンセプトが具体的に図示されている

田中氏が描いた演出コンテ。まずはモノクロで描き、方向性が確立された後に着彩することでコンセプトアートとしても活用された

演出コンテに相対する各カットの最終形。当初のイメージが忠実に再現されていることがわかる

※掲載画像・右下のラジオ工場に見立てたシーンは、2017年7月3日(月)放送回から別シーンへ更新されます

次ページ:
02 ミニチュア撮影&アセット制作

その他の連載