>   >  VFXアナトミー:手間暇を惜しまず正攻法で約800ものVFXショットをつくりきる、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(リードVFXスタジオ:Spade&Co.)
手間暇を惜しまず正攻法で約800ものVFXショットをつくりきる、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(リードVFXスタジオ:Spade&Co.)

手間暇を惜しまず正攻法で約800ものVFXショットをつくりきる、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(リードVFXスタジオ:Spade&Co.)

VFX制作に"魔法"は使えない。手間暇を惜しまずに正攻法で、確かな成果を上げられる手法を駆使することで大ヒット作に華を添えたVFXワークを探る。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 243(2018年11月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

©空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2」製作委員会


  • 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』
    脚本/監督:福田雄一
    原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
    製作:映画「銀魂2」製作委員会
    制作プロダクション:プラスディー
    VFX制作:Spade&Co.、白組、ModelingCafe、AnimationCafe、イマジナリーパワー、tumiki、アニマ、GIFT、金魚事務所ほか
    配給:ワーナー・ブラザース映画
    gintama-film.com

"急がば回れ"を徹底することで大ボリュームとハイクオリティを両立

2017年度に公開された日本の実写映画では最多となる興業収入(38.4億円)を達成した大ヒット作『銀魂』の続編、『銀魂2 掟は破るためにそこにある』(以下、銀魂2)。本作のリードVFXスタジオを務めたのが、Spade&Co(. スペード・アンド・カンパニー)だ。前作にも参加していたが、今回はリードVFXスタジオとして、国内外10社以上の外部パートナーと連携しながら約800ものVFXショットを高いクオリティにまとめ上げたという。


<前列>左から、富永 稔コンポジター、森本匡祐コンポジター、白石哲也VFXディレクター、木川裕太CGディレクター、賀山 淳デジタルアーティスト/<後列>左から、渡邊祐示VFXスーパーバイザー補、小林雅典デジタルアーティスト、杉本 篤コンポジター、越智 瞳マットペインター、上田春寧コンポジター、芝 那々子コンポジター。以上、Spade&Co.
www.spade-co.jp

Spade&Co.は、『るろうに剣心』シリーズ(2012、2014)のVFXスーパバイザーを務めた小坂一順氏が、VFXディレクターの白石哲也氏、CGディレクターの木川裕太氏に声をかけ、3人で創業。2014年9月16日設立の新興スタジオである。撮影現場の立ち会いからポストプロダクションまでトータルでVFXワークをプロデュースできることを強みとしているが、特筆すべきは全体の8割以上を映画VFXで占めていることだ。「映画案件はCM等に比べると1作品あたりの期間も長く、物量も多くなりますが、常に3~4作品を同時並行で手がけられる体制を構築することで、手がけた案件の大半で採算割れを起こすことなく活動を継続することができています」と、白石氏。『銀魂2』のオファーが舞い込んだのは、昨年10月。ゆるやかにプリプロがスタートした後、今年2月にクランクイン、4月中旬にクランクアップ。そして5月頭にオフライン編集がアップされてからポストプロダクションが本格的にスタート。ポスプロ期間は約2ヶ月だったが、『銀魂』シリーズの監督を務める福田雄一氏の作風は、役者たちのアドリブを積極的に採用するなど、ノリを重視した即興性あふれる演出スタイルのため、ピクチャーロックが存在せず、ポスプロ工程に入ってからもカット割りや尺の変更が続いたという。「6月に実施されたリクルーテッド試写のアンケート結果を受けて、VFXが介在するシーンの追加撮影も行われました。荒野シーンや江戸城におけるバトルシーンなど、VFXヘビーなプロジェクトになることが当初からわかっていたので、事前にヒューマンエラーをできるだけなくすためのプリセットの作成やワークフローの構築に力を注ぐようにしたことが功を奏したと思います」(白石氏)。

01 ワークフロー

リードVFXスタジオとしての役割に注力する

『銀魂2』のVFXショット総数は、約800。そのうちの約300ショットに3DCGが介在するという、日本映画としてはかなりVFXヘビーだ。内訳としては、激しいカーアクションがくり広げられる荒野シーン、走行する列車の窓抜け合成、江戸城シーン、その他で各々200ショットだという。Spade&Co.は、デジタルアーティスト4名、コンポジター8名、プロデューサー&制作進行4名の16名体制。リードVFXスタジオとして、全体を統括し、荒野シーンのショットワークを担当した白組、列車やエンバイロンメント等のアセットを手がけたModelingCafe、車輌関係のアセット制作とショットワークを担当したtsumiki、列車内の剣戟シーンのコンポジットを担当したGIFT、ラストバトルのショットワークを担当したイマジナリーパワーなど、実写VFXに定評のある名うてのプロダクションが協力。最終的に外部パートナーは12社に達したという。

クライマックスの舞台となる江戸城シーンについては、背景は3D主体、実写撮影はグリーンバック撮影で行うことが初期から決まっていたというが、いわゆるプリビズを作成するのではなく、美術部が作成したセット図面やSketchUpで作成した簡易3Dモデルを共有してもらい、それらを基にMayaで作成したシーン上にトラッキング用のマーカーを配置することで実写と3DCGの整合性を保つようにしたという。「VFXが介在するシーンについては、基本的に絵コンテを描いていただけました。実写撮影も絵コンテのカット割りや演出に沿ったかたちで行われたので、特にプリビズを作成する必要がありませんでした。そうした面ではとても助かりました」と、木川氏はふり返る。ただし、ショット数は多かったため、いかに効率良く実作業を進めることができるのか、そのための技法やワークフローの策定に力を注いだという。

全体の作業タスクやショットの進捗管理については、NUKE StudioAsanaを併用しながら管理。江戸城シーン等のCG背景コンプの大量生産が必要なシーンでは、白石氏の方でキーショットを作成し、ベーススクリプトを各スタッフに配り、分業していたという。「作業量が多く、正直スタートしたときはこれ終わるの? って思っていましたが、スタッフが本当に効率良く、スピーディーに進めてくれて助かりました。会社の規模的にShotgunを使うほどでもないが、しっかりとタスク管理が行えるツールを探していて、Asanaというプロジェクト管理アプリケーションを発見したんです。これが実に使いやすくて。協力会社さんにもAsanaに登録していただき、進行状況の確認、チェックや情報共有、全てAsana上でわかりやすく管理することができました。相当な効率化を図れたと思います」(白石氏)。

絵コンテの例。本文で述べたとおり、VFXが介在するシーンについては絵コンテが描かれており、実写撮影も絵コンテで決めた演出プランに沿って進められた


実写撮影時に収集したリファレンス&素材の例

背景がフルCGで構築される江戸城シーンのスタジオ撮影における現場スナップ。トラッキング用のターゲットは、事前にCG上でシミュレーションした位置に配置されている


荒野シーンのロケーション撮影における鬼兵隊の車輌リファレンス


列車の窓外合成用の背景素材のフッテージ。「列車内のアクションシーンにおける激しいカメラワークに対応する上では安定した動きで前進しながら360度撮影する必要があったため、ドローンによる空撮を実施しました」(木川氏)



今年から導入したというプロジェクト管理ツールAsanaのUI (プロジェクトページ)。左側に、各ショットのリストが並び、ショットごとに担当者がアサインされている。また、タグ付け機能を使い、ショットに関わっている外部パートナー等を判別やすいようにカスタマイズ。右側の欄は、各ショットのプロパティが表示され、チェックの履歴や、CGチームとの素材のやりとりがアーティスト単位で行われる


NUKE Studioによるシークエンス全体の管理例。レイヤーごとに、チェック用QTレイヤー、納品DPXレイヤー等、1シークエンス内で素材、チェック、納品まで一括して管理されている。「図ではレイヤー数は削られてしまっていますが、本番DPX納品では、出力した日付でレイヤー分けし、納品の日時や、未納品カットの確認まで行えるようににしていました」(白石氏)。基本的には、白石氏が各ショットのプロジェクトを出力し、各コンポジターが割り振られたショットの作業・完成出力を行なっている。ディレクターが設定したパス・命名規則に従って作業が行われるため、各ショットのチェック用素材はシークエンス上で自動的に更新されるようになっている

次ページ:
02 荒野シーン

その他の連載