>   >  VFXアナトミー:東京の都会らしさ・埼玉の田舎らしさを圧倒的インパクトで描く映画『翔んで埼玉』のVFX
東京の都会らしさ・埼玉の田舎らしさを圧倒的インパクトで描く映画『翔んで埼玉』のVFX

東京の都会らしさ・埼玉の田舎らしさを圧倒的インパクトで描く映画『翔んで埼玉』のVFX

物理的な正確さや、映像演出のセオリーに囚われない。圧倒的なビジュアルインパクトを追求することによって誕生した絵心あふれるVFX。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 248(2019年4月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

映画『翔んで埼玉』好評上映中
監督:武内英樹/原作:魔夜峰央「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)/脚本:徳永友一/VFXプロデューサー:赤羽智史/VFX制作:IMAGICA Lab.、CHICA、トムス・ジーニーズ、トゥエンティイレブンほか
tondesaitama.com

セオリーにしばられずにビジュアルインパクトを追求

漫画『パタリロ!』で有名な魔夜峰央氏が1982~1983年にかけて発表した『翔んで埼玉』。未完の作品なれど、誰もが抱く郷土愛、そして地方出身者なら程度の差こそあれど抱くであろう東京(都会)へのコンプレックス。そうした普遍的な題材を、魔夜氏の独創的なセンスによって描かれる東京人による埼玉へのディスりぶりが、2015年にインターネット発で話題となり、約30年ぶりに復刊された。そんな本作を、同じく漫画原作である『テルマエ・ロマエ』シリーズや『のだめカンタービレ』シリーズをヒットさせたことでも知られる武内英樹監督が実写化したのが映画『翔んで埼玉』だ。

左から、古橋由衣氏、小口祥直氏、ナワラトネ アロカ氏、園田 豊氏、齊藤結衣氏、山際久嗣氏(CHICA)、廣本 麗氏、赤羽智史VFXプロデューサー、辻野理恵氏(CHICA)、山本雅之氏(FILM)、田中聡美氏(フリーランス)、木村 卓氏、佐竹 淳氏(トムス・ジーニーズ)。
※所属の併記がない方は全てIMAGICA Lab.所属
※写真なし:CHICA/渡川豊也氏

本作のリードVFXスタジオを務めたのが、IMAGICA Lab.である。「武内監督の前作『今夜、ロマンス劇場で』のVFX制作にも参加させていただことから自然なかたちで本作も担当させていただきました。武内監督の画づくりでは、必ずしも写実的であったり、物理的な整合性が求められるわけではありません。本作では、東京の都会らしさ、埼玉や千葉の田舎らしさ、などを極端なまでに圧倒的なインパクトで描く必要がありました。具体的な表現手法はまかせていただけるのですが、必然的にリテイクが多くなるので多くの苦労も強いられたものの、笑いの絶えないクリエイティビティあふれる良い現場をつくれたかなと思っています」と、VFXプロデューサーを務めた赤羽智史氏はふり返る。赤羽氏はVFXプロデューサーという肩書きだが、撮影現場への立ち会い、リファレンスの収集、VFX面からの撮影手法の提案など、VFXスーパーバイザーの顔も併せもったマルチプレイヤーだ。IMAGICA Lab.の協力会社として、CHICAが数多くのマットペイントとコンポジットワークを担当。トムス・ジーニーズが池袋シーン、トゥエンティイレブンがクライマックスに登場する埼玉解放戦線アジトといった、劇中の要となるCG・VFXを手がけている。そして、タイトルバックをはじめとするモーショングラフィックスは、制作プロダクションであるFILMの山本雅之氏が一手に引き受けた。「IMAGICAのメンバーはもちろん、外部パートナーの皆さんにも画づくりにおけるアイデアをたくさん出していただきました。そうした努力の甲斐も あり、映像的にもエッジの効いた作品に仕上がっているはずです」(赤羽氏)。

01 プリプロ&ワークフロー

できるだけ効率良くリテイク対応するために

映画『翔んで埼玉』の総VFXショット数は481。そのうち3DCGが介在するものは約120にのぼったという。スケジュールとしては、2018年2月からロケハンを開始。2018年3月にクランクイン、5月末にクランクアップ。そして、6~8月までの約3ヶ月にわたりポストプロダクションが行われた。赤羽氏は業界内でもいち早く2008年頃からSHOTGUNによるプロダクションマネジメントを導入しており、本作でも外部パートナーを含めてSHOTGUNによってデータ管理を一元化している。「監督チェックにもSHOTGUNを用いることで、リテイク内容を手早く確実に担当アーティストと共有できました。武内監督は現場サイドの意見を尊重してくださいますが、デッドラインまで良い画を追求される方でもあります。結果的にリテイクも増えますが、過去プロジェクトの経験から今回もそうなることが最初からわかっていたので、素材の差し替えや色味ちがい等の別バージョンの制作をできるだけ効率的に行えるような作業ファイルのつくり方を心がけていました」(赤羽氏)。「私としては相応に準備して臨んだつもりだったのですが、埼玉と千葉の軍勢が河川敷を挟んで対峙するシーンの制作では、カメラトラッキングの作業負荷が想定よりも大きくなってしまいました。コンポジターさんに助けていただきながらなんとかつくりきることができたのですが、今後に向けてより良い制作手法を考えたいと思っています」とは、IMAGICA Lab.の廣本 麗CGデザイナー。

ビジュアルインパクト最優先で、物理的な正確さは必ずしも求められない画づくりが実践された本作。その意味では、マットペイントや背景のCG・VFXワークは自ずと独特の作業になったと、CHICAの渡川豊也氏は語る。「武内監督のプロジェクトは、今回で4~5作目になります。基本的には美術部からいただいたイメージボードを指針として、こちらから積極的に提案させていただけるのでクリエイター冥利につきます。ですがインパクトを優先した結果、パースやフォーカス的には不自然なものを良しとされることも多かったので、『作品を観た同業者から下手だと思われるかも』と葛藤することもありました(苦笑)」。監督が求めるビジュアルと、それを実現するために必要な作業について、適切に仲介することがポイントになったわけだが、その点についても赤羽氏が要所要所しっかりとコントロールし、スタッフに必要以上のストレスを与えないよう配慮することによって、最後まで良い雰囲気を保つことができたそうだ。

美術部が作成したイメージボードの例。これらの設定資料を指針として画づくりが進められた



  • 東京都と埼玉県の境にある関所



  • 池袋シーン



  • 埼玉県と千葉県の軍勢が対峙する河川敷シーン



  • 終盤に登場する「埼玉解放戦線」アジトのシーン


ロケハンや実写撮影時に収集したリファレンス写真の例

現場で実際に飛ばしたハト。3Dモデルとしても作成する必要があったため、モデル、テクスチャの参考として360度スチール撮影を実施。シラコバトの特徴である首の黒い横線模様は、劇中の実物のハトにも加工が施されている

池袋シーンのロケ資料ならびにスタジオセット。「TOBU」「SEIBU」「サンシャイン60」など、池袋のランドマークとして知られる看板、ビル素材を撮影。劇中では「サンシャイン120」などへとデフォルメされて登場する


SHOTGUNによる作業管理の例、カットリストUI。基本的に全ての情報をこちらに記載し、外部パートナーと共有しながら作業が進められた

次ページ:
02 世界観の構築

その他の連載