ZBrushマスターとして独特の存在感を放つVillard・岡田恵太が、ZBrushを用いた勢いのある造形テクニックを毎月紹介していく本連載。今回は、岡田氏の作品でお馴染みのテーマであるドラゴンを、2回に分けてより詳細に制作していく。

TEXT_岡田恵太 / Keita Okada(Villard Inc.
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)



スカルプトしながらデザインの方向性を固める

今回のドラゴンはいつもより細かく仕上げていきます。デザイン画を用意してから作成するのではなく、スカルプトしながら途中レタッチを加え、デザインの方向性を詰めながら進めていきました。今月は、まず顔のディテールの作成までを紹介します。

主要な制作アプリケーション
・ZBrush 2019
・Adobe Photoshop CC 2019
・KeyShot 8

STEP 01:スピードスカルプトで全体のコンセプトを作成する

トポロジーなど気にせずにドラゴンの全体像を作成します。これはイメージづくりのためのモデルなので、とてもラフなもので構いません。


  • 【1】ざっくりと全体を作成します

  • 【2】見えないところはラフで構いません


  • 【3】尻尾や羽の大きさを確認します

STEP 02:パーツを追加する

アルファを駆使しながら、牙や棘などの細かなパーツを追加します。ここでもトポロジーは気にせず勢い重視で作成していきます。


  • 【1】体に棘を生やします

  • 【2】牙など細かなディテールを追加します

STEP 03:コンセプトを基に頭部を作成

ここまで作成したコンセプトモデルを基に、頭部を造形していきます。耳や目、鼻などを形づくりつつ、棘などもラフに作成していきます。今回は全体の印象を徐々に調整していくため、最初から丁寧に作成しないようにします。


  • 【1】ここではまず印象をさぐります

  • 【2】斜めからも確認します


  • 【3】もう少し口の開きを調整します

  • 【4】真正面からも確認します。ここは重要なので必ず行いましょう

STEP 04:顔の雰囲気を固める

目の周りや骨格などの方向性を固めていきます。筆者がドラゴンを制作するときは、睨みを利かせているような荒々しい雰囲気を意識しています。またここでいったんトポロジーを整理し、棘などの細部をより丁寧に作成していきます。


  • 【1】牙の大きさや顎のサイズを調整します

  • 【2】形状を整えていきます


  • 【3】正面から目の位置などを確認します

  • 【4】口の中も調整します


  • 【5】細部を調整していきます

次ページ:
STEP 05:体をデザインする

[[SplitPage]]

STEP 05:体をデザインする

ここまで制作した頭部とコンセプトモデルを基に、Photoshopで全身のデザインを雰囲気重視で作成します。


STEP 06:首や体を作成する

いつものようにSphereからDynaMeshなどを使用して体を作成していきます。全体のバランス、骨格、シルエットを丁寧に調整します。


  • 【1】首を作成します

  • 【2】顔のディテールを追加します


  • 【3】体を作成します

  • 【4】上からもシルエットを確認します


  • 【5】骨格のボリュームなどを整えます

  • 【6】側面からも筋肉のバランスを確認します


  • 【7】羽の角度などを調整します


  • 【8】いったんKeyShotでレンダリングして確認します

  • 【9】サイドからも確認します


  • 【10】正面から全体の雰囲気を確認します

STEP 07:頭部のディテールを作成する

ZRemesherで体のトポロジーを整え、頭部も含めて一度モデルを整理します。そして頭部のディテールを作成していきます。尖る所は尖る、先端が細い部分はしっかり細くするなど、シャープさとエッジに気をつけながらスカルプトしていきます。


  • 【1】全体のトポロジーを整えます

  • 【2】メッシュが過剰でないか確認していきます


  • 【3】顔のブラッシュアップを進めます

  • 【4】シャープさを意識して進めます


  • 【5】顔全体をバランスよく調整します

  • 【6】これで顔のスカルプトは終了です

完成




今回は、筆者の好きなモチーフであるドラゴンの、頭部までの造形を紹介しました。次回はディテールを全体にスカルプトし、完成まで進めたいと思います!

Profile.

  • 岡田恵太/Keita Okada(Villard Inc.)
    デジタルスカルプター、3Dコンセプトアーティスト。1991年7月生まれ、広島県出身。2012年大阪の専門学校を卒業後、大阪のゲーム会社に就職。2013年に退職し上京した後、1年ほど建設現場の作業員(荷揚げ屋)などをしながらZBrushを独学で習得し東京のゲーム会社へ就職。2015年からフリーランスとなり、PS4用ゲームのDLC『Bloodborne The Old Hunters』をはじめ主にクリーチャーなどのコンセプトモデルを手がける。2017年3月、新会社「Villard」を設立
    www.artstation.com/artist/yuzuki
    www.villard.co.jp