>   >  VFXアナトミー: 物理的なリアリティと作品の世界観を自然なかたちで一体化、映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』
 物理的なリアリティと作品の世界観を自然なかたちで一体化、映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』

物理的なリアリティと作品の世界観を自然なかたちで一体化、映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』

現実世界としての物理的なリアリティとストーリー的に必須のビジュアル演出を自然なかたちで一体化させたVFXワーク。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 254(2019年10月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©石田スイ/集英社 ©2019「東京喰種【S】」製作委員会

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』好評上映中
原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール」 (集英社ヤングジャンプ コミックス刊)/監督:川崎拓也、平牧和彦/脚本:御笠ノ忠次/撮影:小宮山 充/照明:保坂 温/美術:小泉博康/アクション監督:横山 誠/VFXスーパーバイザ&VFXプロデューサー:桑原雅志/特殊スタイリスト:百武 朋/編集:武田 晃リードVFXプロダクション:ビジュアルマントウキョー/制作プロダクション:geek sight/企画・配給:松竹
tokyoghoul.jp

前作における確かな経験の下、ワンストップでつくりきる

全世界発行部数が累計4,400万部を超える人気コミック「東京喰種トーキョーグール」シリーズ。その待望の実写映画化として2017年7月から世界公開されたのが映画『東京喰種 トーキョーグール』である。同作は国内での興行収入11億円を達成した(※日本映画製作者連盟調べ)。そして2019年7月19日、待望の続編『東京喰種 トーキョーグール【S】』(以下、【S】)が公開された。今回の舞台は、原作の中でも特に高い人気を誇る〈月山編〉の〈喰種レストラン〉である。月山 習(松田翔太)は、美食家〈グルメ〉と呼ばれる史上最悪の喰種。半喰種であるカネキこと金木 研(窪田正孝)の香りに魅了された月山は、ただならぬ執着を見せ、カネキを喰らうためにはどんなことも厭わない。そんな宿敵月山とカネキたちとの壮絶なバトルアクションを描いたのが【S】だが、一連のVFXワークは前作からひき続き、桑原雅志VFXスーパーバイザー兼VFXプロデューサーと、桑原氏が代表を務めるビジュアルマントウキョー(以下、VMT)がリードした。

大熊一弘CGスーパーバイザー、槇野貴紘PM、桑原雅志VFXスーパーバイザー、八尋裕司FXスーパーバイザー、宮城雄太リードコンポジター、李 金迪CGデザイナー、荻原直樹CGデザイナー、伊集朝用FXデザイナー、余 祉儀VFXコンポジター。以上、ビジュアルマントウキョー
visualman.tokyo



「2018年の年明けくらいから【S】のお話をいただいていたのですが、実際にプロジェクトが動き出したのは夏でした。その後、10月1日クランクイン10月31日にクランクアップ、11月からポスプロ作業に入り2019年4月末に納品というながれでしたが、今回も前作と同様にデザイン画やコンセプトアートを描くといったプリプロから本制作までを一括して担当させていただきました」(桑原氏)。ワークフロー面で前作からの変更としては、今回は外部パートナーへの協力依頼はアセット制作やアニメーション作業など、特定の作業に限定するかたちにし、一連の制作はできるだけVMT内で完結させるという方針が採られた(フリーランスが参加する場合も基本的にはVMT内に席を設けていたという)。これにより、限られた期間内で462ショットという、前作の325ショットを上回る物量をハイクオリティに仕上げるに至ったそうだ。なおVFXの内訳としては、喰種が捕食や戦闘を行う際に目が赤くなる赫眼(かくがん)の表現が205、喰種の身体から出現する捕食器官、赫子(かぐね)関連のものが142、そのほかはバレ消しなどのインビジブルエフェクトだという。

01 月山の赫子と亜門のクインケ「クラ」

コンセプトモデルを作成して仕上がりを的確に見定める

まずは、【S】で新規に登場する月山の赫子と亜門のクインケ「クラ」のデザインならびにアセット制作から着手した。先述のとおり、デザインから一括してVMTが手がけている。「1作目と同様に、イラストを元にデザインを起こすのではなく、最初から3Dでコンセプトモデルを作成しながらデザインを詰めていきました。その精度をさらに高めるべく、月山の赫子のコンセプトモデルについては、クリチャーデザインやキャラクターのデザインを得意とする、Villardの岡田(恵太)さんにお願いしました」(桑原氏)。コンセプトモデルにて監督とのコンセンサスがとれた後、本番用モデルの制作は関 隆史氏が担当。そして、リグ&セットアップについては錦織洋介氏が手がけた。関氏と錦織氏はこれまでに何度も協業してきたこともあり、密に相談しながら関節部分の動きなども計算に入れつつつくり上げたという。「月山の赫子は演技に応じて、〈1〉通常モード 、〈2〉攻撃モード、〈3〉ディフェンスモード、〈4〉ハンマーモード(撮影現場にて、月山を演じた松田翔太氏の提案が採用されたもの)、〈5〉ロングモードという5種類のアセットを用意して、リグもそれぞれ組んでいます。変形の表現が必要なところは専用のリグも組んで対応しています」とは、大熊一弘CGスーパーバイザー。リグはまず、一番長いモデルを基準として作成。変形しないものに関してはそのままジョイントを入れて作成された。

ルックデヴは、前作からひき続き柳谷真宏氏が担当。喰種たちの赫子は特性によってデザインやルックは様々だが、共通してグロテスクさの中にも美しさ、スタイリッシュさ、そして痛々しさを込めることを常に意識したという。カネキとトーカこと霧嶋薫香(山本舞香)の赫子アセットは前作のものを継承しているが、新規に作成された月山の赫子については、外側はツルっとした硬質な質感であるのに対して内側は肉感と痛々しさを感じる裂け目のあるデザインに仕上げられた。本制作を進めていく際は、大熊氏が必要に応じて適宜調整したという。余談だが、赫子は捕食器官ということでリギングの際は生物っぽさの隠し味として脈打つような動きも付けられるように仕込んだそうだが、最終的には激しいアクション描写の中で視認させるのが難しかったため、見送られた。

亜門のクインケ「クラ」は、森田悠揮氏のユニットTHINGSが担当。デザインとアートディレクションを森田氏が、モデル制作を深山大輝氏が手がけている。ミリタリー的な外装をベースとしつつ、捕獲した喰種から摘出した赫包を加工した武器という設定に基づき、内側には臓器のようなグロテスクなデザインが施された。

岡田惠太氏(Villard)が手がけた、月山・赫子コンセプトモデル


月山・赫子の完成モデル



  • ベースとなった形状



  • 通常モード



  • 攻撃モード



  • ハンマーモード

  • 月山の赫子、全5バリエーションを表にまとめたもの



月山の赫子リグ&セットアップ

役者の動きをトラッキングしたジョイントモデルを用意し、コントローラを背中の赫子付け根部分と腕にコンストレインさせる

役者の演技に合わせて赫子が制御される


本制作を進めるにあたり、アクションに合わせた振動、巻き具合や不必要に生じた隙間など、全体的な見映えの調整が必要になった。そこで大きな動きから部分的なスケール調整などにも対応できるよう3段階のコントローラが用意された


同一カット内で形態モードが変形するリグは、「アタックモード←→ハンマーモード」のバージョンのみ作成された。Transformコントローラでスムーズに変形が制御される



  • 森田悠揮氏&深山大輝氏(THINGS)がデザインとモデル制作を手がけた、亜門鋼太朗(鈴木伸之)のクインケ「クラ」初期デザイン。A~Cの3案が作成された



クラ完成モデル。A案をブラッシュアップ


劇中のクラを手にした亜門のアクションカット【上】と、撮影時に用いられたガイド造形【下】

次ページ:
02 月山&カネキのVFXワーク

その他の連載