>   >  IDOLiSH7『Mr.AFFECTiON』MVの舞台裏:第2回:ハリウッドクオリティを目指したVFX大作
第2回:ハリウッドクオリティを目指したVFX大作

第2回:ハリウッドクオリティを目指したVFX大作

本誌『CGWORLD vol.258』では大人気アイドルグループIDOLiSH7の新曲『Mr.AFFECTiON』のMVを特集し、2020年1月からはIDOLiSH7とMV制作スタッフの挑戦の軌跡を全7回にわたってお届けするこの短期連載が開始した。第1回はMV制作までの経緯や隠しネタを紹介。お楽しみ要素の強かった前回だが、今回はMVを支える大きな柱「VFX」にフォーカスし、より具体的なメイキングをお届けする。アイドルたちの演技を一層輝かせる、VFXが彩るMVの世界を覗いてみよう。

TEXT_野澤 慧 / Satoshi Nozawa
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

  • IDOLiSH7 ニューシングル『Mr.AFFECTiON』
    好評発売中
    価格:1,200円(税抜)
    www.lantis.jp

  • 『アイドリッシュセブン』
    ジャンル:音楽・AVG(アドベンチャーゲーム)
    発売:バンダイ ナムコオンライン
    価格:無料(一部アイテム課金あり)
    対応OS:iOS・Android
    idolish7.com

全編を通して盛り込まれた最高峰のVFX

IDOLiSH7の最新MV『Mr.AFFECTiON』の魅力に迫る本連載。第2回のテーマは「VFX」だ。オレンジがMV制作を担当することになった決め手のひとつが「VFX」だったことは前回取り上げたが、その期待通り、日本を代表する国民的アイドルにふさわしい「ハリウッド級」のMVが生まれた。

▲左下から時計まわりに、監督・絵コンテ・演出・山本健介氏(オレンジ)、制作プロデューサー・半澤優樹氏(オレンジ)、プロジェクトプロデュース・下岡聡吉氏(バンダイナムコオンライン)、プロジェクトプロデュース・根岸綾香氏(バンダイナムコオンライン)、CGディレクター・池谷茉衣子氏(オレンジ)、アニメーションキャラクターデザイン・ワイシャツ衣装デザイン・原画・動画・仕上げ検査・宮崎 瞳氏(オレンジ)
www.bandainamco-ol.co.jp www.orange-cg.com

下岡聡吉プロデューサーからの要望のひとつに「実在」というテーマがあったという。それは実写VFX出身の山本健介監督にとって、まさにうってつけの内容だ。制作プロデューサーの半澤優樹氏も「山本監督は『宝石の国』でフォトリアルなVFX表現を担当していたので、彼の強みが上手くはまりそうだと感じていました」と語る。だが、自身の強みであるからこそ、妥協は許せない......。MV全体に盛り込まれたVFXの量と内容に「自分で自分の首を絞めてしまいました(笑)」と山本監督は微笑を含んで話す。

本作のVFXはそのクオリティの高さはさることながら、量自体もかなりのもの。当初予定されていた制作スケジュールギリギリのラインまで盛り込まれたVFXの内容に、当時は目がまわるような状態だったそうだ。ここまで大量のVFXを盛り込んだねらいはどこにあったのだろうか? それは「MV」と普通の「映像作品」とのちがいにあるという。

▲メンバーもカメラも動く1シーンの二階堂大和さん。一見、何の変哲もないシーンに見えるが、VFXで細氷を宙に舞わせることでスタジオ撮影ながら古城(外)にいるようなリアリティを出している

▲視線を交わさずにすれちがう七瀬 陸さんと六弥ナギさん。この後、六弥さんが光のチリになっていく演出もVFX処理で表現された。詳しくは本誌にて紹介しているのでチェックいただきたい

ドラマやアニメなど、素直にストーリーを見せる作品であれば、物語に沿って視線を集中させるような画づくりとなる。しかしMVの場合は「何度もくり返し、細部まで観られるということが前提だ。何度観られても、例えコマ送りで観られることがあっても、それに耐えうる情報量を与えることを意識したという。とはいえ、無闇に要素を増やすのではなく、映像としてのまとまりを考慮した上で、情報量をコントロールすることが肝要だ。常に舞っている雪やダイヤモンドダストは、演出的な意図はもちろん、そうした情報量を増やす意味でも大きな役割を果たしている。

エフェクトの方向性として「通常ではできないような、ほかでは見られないような画にしたいと思いました」と山本監督。『Mr.AFFECTiON』の曲調やIDOLiSH7の置かれている現在の立場から、これまでとは雰囲気の異なるものをつくれると感じたという。その中で見えてきたのが「ダークな中に光る魅力」だった。これまでたくさんのファンを照らしてきた彼ら。その裏でたくさんの壁にぶつかり、乗り越えてきた彼ら。そんなたくさんの経験を経た現在の彼らだからこそ見せられる表情を撮りたかったと、山本監督は話してくれた。

撮影に際して、IDOLiSH7のメンバーにはこれまでのような笑顔が弾ける爽やかな演技ではなく、それらを出し惜しみする演技を要求。彼らの渾身の表現に対して、CG・VFXでそれらを見事後押しした。本誌でも紹介した、苦悩するメンバーがチリのように消えていく演出や、七瀬さんの背中をそっと後押しするメンバー6人の霧の手は、高度なVFXならではの演出である。

▲超小型宝石ドローンによる演出が光るカット。1枚目は逢坂壮五さんと四葉 環さんがメインのカットだが、カメラ奥であってもウインクする和泉三月さんにもプロ魂が見える

また、MVのメイン舞台となっている古城や橋がCGでつくられていることは本誌でも触れているが、冒頭のカットで登場する蜘蛛の巣もCGで作成したものだ。「IDOLiSH7」の文字が蜘蛛の巣から表れる演出で、廃れた城がみせるダークな表情を演出した。一方で、後半は華やかな変身エフェクトでシーンがガラリと変わり、超小型宝石ドローンによる光がサビを盛り上げる。下岡氏も「彼らが苦悩の感情を見せた後に、アイドルらしい明るい表情で大変身するという"谷"のつくり方が絶妙ですね。その雰囲気を作り上げるVFXが本当に素晴らしい。絵コンテの段階ですごそうだと思っていましたけど、映像になると1,000倍すごいです! もちろんメンバーに着目しても良いですし、全体を観ても魅力に溢れています」と絶賛する。

VFXはそのひとつひとつがスタッフたちの愛情-Affection-だ。『Mr.AFFECTiON』には、ハリウッド級の大きな愛情が詰め込まれているのだと感じさせられた。

次ページ:
匠たちが集結! オレンジVFXチームが作り上げた神秘的なMV

その他の連載