>   >  ベテランジェネラリストのBlender基礎レッスン:第1回:連載開始記念・『鬼滅の刃』無限城制作で話題のあの小学生と特別対談!
第1回:連載開始記念・『鬼滅の刃』無限城制作で話題のあの小学生と特別対談!

第1回:連載開始記念・『鬼滅の刃』無限城制作で話題のあの小学生と特別対談!

社内にBlenderチームを結成し、デモ映像の制作を通じて日々検証を行なっているグリオグルーヴ。3ds Max歴25年からBlenderを使い始めた同社のCGディレクター横田義生氏が、自身の経験からBlenderを始めたい人に向けたTIPSを紹介していく新連載「ベテランジェネラリストのBlender基礎レッスン」がCGWORLD.jpでスタートする。

今回は連載第1回として、話題の小学生Blender使い・悠人氏と横田氏との対談をお届けする。悠人氏は、大人気漫画『鬼滅の刃』に登場する「無限城」をBlenderで再現し、その作り込みとクオリティの高さで一気に注目を集めた小学6年生だ。悠人氏はなぜ3DCG制作に興味をもったのか、今Blenderを使う上での悩みとは。横田氏からの提案も含めてお送りしたい。なお、対談には悠人氏の父、DecoponMAGI氏にサポートに入っていただいている。

TEXT_安田俊亮 / Shunsuke Yasuda
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

※本対談は8月21日(金)、Zoomによるオンライン会議にて実施されました

Infomation

『DEEP HUNTER』
グリオグルーヴBlenderチームによる、Blenderで制作を完結させることを目標としたCGアニメーション作品のパイロットムービー。本連載では、次回以降この映像の制作を通してBlenderの基礎を解説していく

プログラムよりもモデリング。プロも驚く悠人氏の熱意と実力

横田義生氏(以下、横田):あの無限城は社内でもとても話題になっていて、ぜひ一度お話を聞いてみたいと思っていました。「小学生が作ったの!?」と本当に衝撃でした。作品はステイホーム期間中に作ったのでしょうか?

DecoponMAGI氏(悠人氏の父。以下、MAGI):はい、4月から休みでしたので。ほとんど遊んでいたんですけれども(笑)、できたものをアップしたらバズってしまった、という感じです。


  • 悠人/Yuto
    画像は自作ゲーム内のキャラクター。悠人氏がドット画で制作

▲DecoponMAGI氏によって悠人氏の無限城が投稿されたのは今年の5月。9月24日現在で48.2万いいね、12.2万リツイートという驚異的な数字を記録

横田:Blenderは前から使っていたんですか?

MAGI:1年以上前に初めて触って、そのときは人型のモデルを作ろうとして途中で止まっていたんです。それが4月になって時間ができたので、改めて建物を作ろうと取り組んで、今度は最後まで完成できました。

横田:本当にすごい。独学で、しかも期間は1週間かからないくらいなんですよね。うちにもモデリングスタッフがたくさんいますが、「小学生でこのレベルなら自分たちはどうなっちゃうんだろう」とビクビクしていました(笑)。

CGWORLD(以下、CGW):悠人さんはプログラミング教室にも通っているんですよね。それはいつからですか?

MAGI:小学3年生からです。もともとゲーム、特にマップを作るようなゲームが好きで。ゲームを作ることに興味があるというので、教室に通わせてみました。

CGW:悠人さんはプログラミングは楽しいですか?

悠人氏(以下、悠人):プログラミングは、そんなに......。プログラミングよりも、Blenderとかで3DCGを作っている方が楽しいです。

▲悠人氏が対談時に見せてくれた制作中のデータ。学校の課題の選挙ポスター制作のために、投票会場となった体育館の様子をBlenderでモデリングしている


  • ▲体育館壁面のレリーフ部分は、板ポリゴンを[細分化]し、模様を描くように分割された面を選択して[押し出し]、[スムースシェード]することで作成。悠人氏が自ら考案した方法だという

横田:ゲームの3DCG制作に興味があるんですね。3DCGの仕事は、モデラーもそうですし、アニメーター、エフェクター、それにコンポジターという職業もあります。その中でも、特にやりたいのはモデリングですか?

悠人:はい。

横田:とても良いと思います。モデラーは職人気質の人が多いのですが、悠人さんみたいに自分で勉強して作れるタイプだったら向いていると思うし、ガンガン腕が上がっていくのではないでしょうか。

悠人:ありがとうございます!

CGW:周りに同じように3DCGを作っているお友だちはいますか?

悠人:いません。

MAGI:本当なら友だちにも3DCGやってと言いたいし、やってほしいみたいです。でもなかなか言えないと。もし3DCGができる友だちがいたら、一緒にやってみたいようです。

横田:3DCGって共同で作品を作っていくことが多いので、そういう楽しみもぜひ味わってほしいですね。プログラミング教室でもそういった方はいないのでしょうか。

MAGI:見ている限り、いないようです。教室ではUnityを使って2Dのゲームを作っている方が多いですね。高校生なら3DCGをやっている人はいるのですが、話しにくいみたいで。同年代だとなかなかいないのかなと。

横田:そうなんですね。きっと、続けていれば周りにどんどん3DCGをやる方が出てくると思います。ぜひ、そのときに楽しみを取っておいてください。

iPad+Substance Designerでテクスチャ作成も習得

悠人:質問です。ゲームの3DCGを作るなら、Mayaは覚えた方が良いですか?

横田:ゲームということであればMayaは使えた方が良いと思います。大きなゲーム会社はほとんどがMayaを使っていますし、3DCGの仕事はMayaが多くなっています。なので、Mayaは覚えておいた方が良いツールではありますね。Mayaに興味があるんですか?

悠人:あります。すぐにでも触りたいんですが、中学生からしか使えないらしくて。

MAGI:Mayaは学生版な