>   >  Villard スカルプティング・ラウンジ:Vol.37 Ogre phantom beast [オーガ 幻獣] ~Concept Model
Vol.37 Ogre phantom beast [オーガ 幻獣] ~Concept Model

Vol.37 Ogre phantom beast [オーガ 幻獣] ~Concept Model

ZBrushマスターとして独特の存在感を放つVillard・岡田恵太が、ZBrushを用いた勢いのある造形テクニックを毎月紹介していく本連載。今回は、海外のファンタジー作品の物語に出てきそうな「オーガ」を制作しました。

TEXT_岡田恵太 / Keita Okada(Villard Inc.
EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE





どっしりとした存在感を表現する

「オーガ」といっても様々なタイプが存在する(※)と思いますが、今回はよりどっしりとしてパワーのあるオーガを制作しました。筋肉質でありつつ存在感のある身体にしたいので、腹部周辺は「腹筋バキバキ」ではなく、「脂肪多め」なデザインにしています。

※Vol.9で制作したオーガはこちら


主要な制作アプリケーション
・ZBrush 2021
・KeyShot 8


STEP 01:頭部の造形から始めてオーガのイメージを固める

オーガのイメージを具体的に固めるため、顔の造形をしながら探っていきます。顔のイメージが固まってくると、身体のイメージも湧きやすくなります。今回はいかつい風貌にしていこうと思います。

【1】凶悪そうな顔つきにしていきます

【2】人間の骨格には囚われないよう造形していきますが、それでもある程度は意識しています

【3】歯茎を追加します

【4】歯を追加します。いかつさを出すよう、犬歯などは誇張します



STEP 02:身体の作成

顔のイメージが固まってきたら身体を作成します。肉感を意識して大胆に造形していきました。後で筋肉や脂肪の感じなどは整理するので、まずはイメージを固めることに重点をおきます。

【1】身体を作成していきます

【2】大きい身体でどっしりした感じを目指します

【3】下半身も作成します

【4】単なる肥満体にするのではなく、「しっかりと筋肉がある」ということを意識します

【5】特に腕周りは骨格から太くたくましい感じを意識します

【6】背中もたくましくしていきます



STEP 03:小物を追加しつつブラッシュアップ

身体の要素が揃ったので小物を追加します。さらに身体にディテールを加えていきます。

【1】顔のディテールを彫り込んでいきます

【2】筋肉も整理しつつ、シワなども追加していきます

【3】腕にヒモのアクセサリーを追加しました

【4】腰布を追加します

【5】それぞれのバランスを確認します

【6】もう少しお腹周りの肉感をプラスして、質感(脂肪の感じ)を肉々しくしていきます

【7】だいぶ筋肉質ですが、肉々しくなってきたと思います



STEP 04:さらにブラッシュアップしていく

トポロジーの整理をしつつ、細かい質感やディテールを追加していきます。最終的に小物を持たせてポーズを付けたら完成です。

【1】ZRemesherで一度トポロジーを整理。細かい造形をしやすくします

【2】全体的に細かい質感を付ける手前まで調整できました

【3】身体に細かいディテールを追加していきます

【4】自分の目線をリフレッシュさせるために、軽く色を変えながら作業を進めます

【5】腕周りに細かいディテールを追加していきます

【6】背面も同様にディテールを追加していきます

【7】Polypaintでテクスチャ用に色を追加していきます

【8】顔周りは赤みを帯びるようにしたりと、淡色になりすぎないように意識します

【9】アルファでディテールを足していきます。スペキュラの「マテリアル」にすると、凹凸情報がわかりやすくてオススメです

【10】ポーズを付けていきます

【11】武器として「木の幹」を追加しました。これで造形は完成です



STEP 05:レンダリング

今回はテクスチャ付きのモデルにしようと思っていましたが、時間の都合で省くことにしました。KeyShotでレンダリングして完成です。

いかついオーガになったと思います。全体的な肉感が個人的に好みのモデルです。今回はわりと綺麗めな造形にしてみました。



Profile.

  • 岡田恵太/Keita Okada(Villard Inc.)
    デジタルスカルプター、3Dコンセプトアーティスト。1991年7月生まれ、広島県出身。2012年大阪の専門学校を卒業後、大阪のゲーム会社に就職。2013年に退職し上京した後、1年ほど建設現場の作業員(荷揚げ屋)などをしながらZBrushを独学で習得し東京のゲーム会社へ就職。2015年からフリーランスとなり、PS4用ゲームのDLC『Bloodborne The Old Hunters』をはじめ主にクリーチャーなどのコンセプトモデルを手がける。2017年3月、新会社「Villard」を設立
    www.artstation.com/artist/yuzuki
    www.villard.co.jp