>   >  RTXの最新事情、RTコア対応アプリの実演デモも実施「ELSA JAPAN レンダリングセミナー 2019」レポート
RTXの最新事情、RTコア対応アプリの実演デモも実施「ELSA JAPAN レンダリングセミナー 2019」レポート

RTXの最新事情、RTコア対応アプリの実演デモも実施「ELSA JAPAN レンダリングセミナー 2019」レポート

SIGGRAPH 2018で大々的に発表されたNVIDIA RTX(以下、RTX)。RTコア対応のソフトウェアも続々とリリースされつつあるなか、6月27日(木)アキバホールで開催されたELSA JAPAN主催の「ELSA JAPAN レンダリングセミナー 2019」では、ハードウェアとしてのRTXやRTX系ソフトウェアの最新情報とともに、いちはやくRTコア対応アプリとしてリリースされているレンダリングソフトウェアArnoldUnreal EngineUnityといった各社が一堂に会してリアルタイムグラフィックス関連の紹介があった。本稿ではこのセミナーで行われたセッションの内容を、紹介していく。

※本記事は2019年6月27日の取材内容に基づきます。

TEXT & PHOTO_安藤幸央(エクサ)/Yukio Ando(EXA CORPORATION
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>NVIDIAセッション「リアルタイム レイトレーシングを何処でも、広がるRTXテクノロジー」

エヌビディア 田中秀明氏によるセッション「リアルタイム レイトレーシングを何処でも、広がるRTXテクノロジー」では、NVIDIA Quadro RTXの最新情報が紹介された。

田中秀明氏/エヌビディア合同会社 エンタープライズマーケティング シニアマネージャ
www.nvidia.com/ja-jp

リアルタイムレイトレーシング用のRTコアをもつ新世代のTURINGは、旧来のPASCAL世代に比べて非常に大きなコアをもつ。TENSORコア、RTコアが増え、ディープラーニングやリアルタイムレイトレーシングを実現する。RTコアの利用にはライブラリが必要で、2019年3月にOpiXがリリースされ、様々なアプリケーションからRTコアを直接駆動させることが可能になった。

PASCAL世代とTURING世代の比

RTXは4つのモデルが用意され、48GBメモリを搭載したRTX 8000というのが最上位モデル。メモリ帯域もGDDR6対応で、従来の1.5倍のメモリ帯域になっている。NVLINK Bridgeで2枚セットで利用できるようになり、利用の幅が広がってきている。

RTX、4モデル

また、新たにRTXの性能をモバイルで利用できるよう、QUADRO RTX MOBILEシリーズが予定されている。MAX-QというノートPCを薄くて軽いものにするためのテクノロジーにより、グラフィック制作向けのマシンであっても重くてかさばるノートPCにはならないとのこと。VR HMDなどの可搬性とグラフィックスパワーが求められる用途に向いているという。

QUADRO RTX MOBILE

現在、Arnold、ClarisseDaVinci ResolveLightRoomSubstance Designer、Unreal Engine、UnityがRTコアに対応しており、今後はOctaneRenderDaz 3DREDSHIFTRenderManNVIDIA IrayV-rayなどが対応予定とのことだ。

これまでデータセンターにあるレンダーファームでCPUレンダリングが終了するのを待っていた時間が、RTXサーバと連携したレンダリングにより、1日に試せるショットの数が劇的に増え、仕事のやり方やながれが変わっていくことが考えられそうだ。従来型のバッチジョブで行われていたレンダーファームによるCPUレンダリングに比べてGPUレンダリングの環境の場合1/4のコスト、データセンターのスペース1/10、電力1/11とメリットが期待できるという。またそれらのメリットはオフラインレンダリングはもちろん、仮想ワークステーションとしての利用や、デスクトップでの作業中におけるレンダリングをも加速するとのことだ。

<2>NVIDIAセッション「世界一を記録したRTXserver in V-Ray」

アスクの白澤氏からは、NVIDIA Quadro RTX 8000/6000を搭載するRTX Serverが紹介された。

白澤圭司氏/Chaos Group Official Partner 株式会社アスク
www.ask-corp.jp

V-Ray用の性能を測るため、開発元のカオスグループから無料で提供されている最新のベンチマーク用アプリケーションV-Ray Next Benchmarkが利用された。

今回のデモで試されたのは、4枚のRTX 8000と4枚のRTX 6000を搭載したモンスターマシン。販売価格にして1,000万円を超えているそうだ。さらに消費電力も最大2,700Wという一般の家庭用電源では補えないほどの電源を必要とする。

RTXserver、今回ベンチマークに用いられたRTX8000が4枚、RTX6000が4枚のモンスターマシン

旧来のベンチマークであれば、絵が完成するまで計測していたが、新しいV-Ray Next Benchmarkでは、1分間でどれだけの描画ができたのかをスコア化するしくみに変更された。RTX 8000、RTX 6000はメモリが速いこともあり、データ転送が完了し計算が始まるまでの時間が速く、室内光があり、あえて時間がかかる素材がベンチマークに使われている。

ベンチマークで描かれたテスト画像

会場で実際に行われた1分間のベンチマークでは、一度は不具合により異常終了してしまったが、再度トライした際には「3036」という世界第2位に位置付けるスコアを叩き出し、拍手喝采を浴びていた。

2位の結果がランキングに登録された様子

<3>Autodeskセッション「GPUレンダリングでもハリウッド品質を追求しませんか?」

Autodeskの門口洋一郎氏によるセッション、「GPUレンダリングでもハリウッド品質を追求しませんか?」では、Arnold最新版の情報からGPU/CPUレンダリングの比較、そしてArnoldにおけるGPUレンダリングの可能性について紹介された。

門口洋一郎氏/オートデスク株式会社 技術営業本部 M&Eマネージャー
www.autodesk.co.jp/

※以下の発表内容はベータ版に基づくものであり、今後正式リリースの際には変更される可能性がある

ArnoldはもともとCPUベースのレンダラであり、実務の中で研鑽され続けてきた実践的なレンダラだ。Marcos Fajardo氏が開発しはじめてから20年ほど経つArnoldは、ハリウッド映画業界のCG/VFX制作で広く使われており、RenderManの利用が主流ななか、レンダリングコストはかかるが美しい映像がつくれるレンダラとして人気が培われてきた。特徴としてCPUにリニアに負担をかけるため、CPUコアの数が増えれば増えるほど性能がスケールして伸びていくこと(逆に性能が悪いCPUレンダラの場合、ある一定のCPU数で速度が頭打ちになることがある)。ログ出力が詳細でログを読み取り解析がしやすく、レンダリングがうまくいかなかった場合、シーンのどの部分がどううまくいかなかったかがわかりやすく、問題解決を図るのにすぐれていると言われている。またArnoldはほかのレンダラに比べて圧倒的に簡単で、メニューの数は少なく、少しの設定で、良い質感が表現でき、細かな点を追い込んでいきやすいそうだ。2017年にはオスカーの科学技術賞を受賞した。

日本のアニメ制作現場の声を取り入れ、最近ではトゥーンシェーダにも対応した

ArnoldはもともとCPUベースのレンダラだが、ルックデブの部分だけでもGPU化できないかと研究開発が進められてきた。これはArnoldのユーザーが大規模なレンダーファームをもったCGプロダクションだけでなく、小規模プロダクションでの利用が増えていることもその理由のひとつとなっている。

Arnoldの新しい機能、Round Corners。オブジェクトの全ての角を丸める(面取りする)効果

なぜGPUを活用したレンダリングが必要かというと、下記の理由があげられるそう。

・リアルタイムでのルックデブ
・インタラクティブライティング
・ユーザーからの要望
・GPUの高性能化
・中小規模のCGプロダクションに最適

現在、CPUタイプのレンダリングと比較して「機能的に同じもの」、「計算結果がピクセル単位で同じもの」、「用意されているAPIが同じもの」を目指してGPU版の開発が進めているそうだ。実際のところボクセル関連など全ての機能が同じになるのは難しいため、まずはキャラクターのルックデブの領域からGPUレンダリングを活用していって欲しいとのことだ。現在のベータ版では8割ほどの機能がGPU版として利用できるようになっており、正式リリースまでには100%互換にもっていきたいという。

CPU計算によるモーションブラーと、GPUによるモーションブラーの比較

AutodeskがArnoldの開発元Solid Angle社を2016年に買収して以来、ライセンス数は15倍に伸びており、順調にユーザー数が増えているそうだ。ドキュメントの日本語化にも力を入れており、Maya版、3dx Max版はもちろんのこと、Cinema 4D版は現在開発中、Houdini版のリリースも予定しているという。イギリスのプロダクション The Millが制作したケミカル・ブラザーズのMVでも、Arnoldが使われている。

Free Yourself - The Chemical Brothers

Behind the Scenes: Chemical Brothers 'Free Yourself'

次ページ:
<4>Unityセッション「Unity Automotive Case Study」

特集