>   >  トリガー 福岡スタジオが始動。取締役/アニメーションプロデューサーの舛本和也氏が記念講演を開催
トリガー 福岡スタジオが始動。取締役/アニメーションプロデューサーの舛本和也氏が記念講演を開催

トリガー 福岡スタジオが始動。取締役/アニメーションプロデューサーの舛本和也氏が記念講演を開催

年明けからアニメ制作会社トリガーの福岡スタジオが始動。そうした中で2月21日(日)、福岡工業大学短期大学部にて開催の「アニメーション講習会 In 八耐」にてトリガーの取締役/アニメーションプロデューサーの舛本和也氏が講演した。

<1>ワークフローからビジネス展開まで幅広く紹介

トリガーが設立されたのは2011年。同年に組織されて度肝を抜いたサンジゲン・オース・ライデンフィルムからなるウルトラスーパーピクチャーズにも名を連ね、華々しいスタートを切った。福岡スタジオの新設は、トリガーの設立当初から希望していたという。舛本氏の出身は隣県の山口県であるが、学生時代を福岡で過ごした縁もあるからだ。

福岡における講演は母校の福岡工業大学を含め、今回で5回目の実施。ちなみに2014年に舛本氏が上梓した新書『アニメを仕事に!:トリガー流アニメ制作進行読本』(講談社)は、それらの内容に基いてまとめられた本だ。

トリガーの福岡スタジオが始動 取締役・アニメーションプロデューサーの舛本和也氏が母校で講演 「第5回 アニメーション講習会 In 八耐」

進行は「アニメーション講義」「トーク&質疑応答」の2部制。舛本氏はアニメ制作における各役職やワークフローだけでなく、制作後のビジネス展開やそのターゲットとなる視聴者・消費者・お客さんに向けた戦略に至るまで広範に言及した。

「アニメをつくることと観てもらうことは別。つくって終わりではなく観てもらうためのビジネスが絡むことでスタートする。芸術ではなく商業としてやるからにはお金を儲けなければならない」。お金が儲からないと次のチャンスは来ないため、ビジネスとして成立しなければならないというわけである。

放送されているアニメのほとんどはパッケージ(Blu-ray・DVD)の売り上げで成り立つビジネスモデル。約20年前にできた製作委員会方式は、この売り上げでチャンスをもらえるようになっている。それらを受けて「2000年より前は日本のお客さんだけで良かった」と舛本氏は言う。それまでの海外販売は海外でも一部の国のテレビ局などを通じたものだったところ、ネットが登場したために海外でも日本の作品に触れられる機会が増大するという変化が生じた。

トリガーの福岡スタジオが始動 取締役・アニメーションプロデューサーの舛本和也氏が母校で講演 トリガーの取締役・アニメーションプロデューサーの舛本和也氏

「今その時代になってから生まれた子供が成人になって趣味としてアニメを楽しめるようになり、グッズを買ったり、イベントに参加するようになった」と舛本氏。

日本以外の国でも日本のアニメが人気があるということで輸入してみようという機運の高まりも背景にある。ビジネスとしては「良い作品を作れば何とかなるではなくて、そこにいるお客さんの存在をわかった上でつくらなければならない」と語る。

▶次ページ:
<2>海外マーケットを視野にいれたアニメ制作とは

特集