>   >  トランジスタ・スタジオ 秋元純一のオススメ! 実践編WorldCreatorによる地形作成
トランジスタ・スタジオ 秋元純一のオススメ! 実践編WorldCreatorによる地形作成

トランジスタ・スタジオ 秋元純一のオススメ! 実践編WorldCreatorによる地形作成

各アーティストのオススメツールを紹介してきたが(関連記事:「ModelingCafe・北田栄二のオススメ! MayaによるUV作業お助けツール4選」「回・小松 泰のオススメ! SOuPほか、テクニカルアーティスト向けツール3選」)、最後に実践編として、本誌連載「Houdini Cook Book」でお馴染みの秋元純一氏のオススメ地形作成ソフト「WorldCreator」による地形モデルの作成工程を追っていきたい。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 205(2015年9月号)からの転載となります

TEXT_秋元純一(トランジスタ・スタジオ) / Jyunichi Akimoto(TRANSISTOR STUDIO)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada



シンプルなインターフェイスで直感的に地形を作成

今回紹介したいのは、ドイツ・BiteTheBytes製の「WorldCreator」です。WorldCreatorはその名の通り、地形を自由に生成することができるソフトウェアです。このソフトはプラグインではなく完全なスタンドアロンで、そのデータを他のソフトウェアと共有することで威力を発揮します。以前はGeoControlという名前のソフトウェアでしたが、バージョンアップを重ね、現在の名前になりました。まだまだ発展途上のソフトウェアですが、その実力は特筆に価するものです。WorldCreatorはWindows版とOS X版が存在します。

筆者がこのWorldCreatorを導入したきっかけは、某大型番組の再現CGにおいて、古代の地球やクレーターなどをリアルに作る必要があり、思うような形状にならなかったりディテールを詰められなかったりと四苦八苦していた際、偶然Webの画像検索からあるサイトを発見したことです。非常にリアルな地形を再現しているサイトを見ているうちに、どうやらこのソフトウェアを使っているらしいと確信し、それほど高価でもなかったため(現在よりも安価でした)即決で購入したのを覚えています。非常に偶発的な出会いでしたが、今でも背景用のジオメトリ作成に使用するなど、その利用価値は十分に継続しています。筆者は、新しいソフトウェアやマイナーなプラグインなどが非常に好物で、海外のフォーラムなどを徘徊して常に生まれたてのものを試しています。また、世に出回っていない、個人的につくられたプラグインなどでも、直接メールをして手に入れようと画策したりもします。その貪欲さが、このような出会いをもたらすのだと確信しています。

作業環境
OS:Windows 7 Professional 64bit
CPU:Intel Core i7-3930K
メモリ:32GB

次ページ:
TOOL WorldCreator(BiteTheBytes)

特集