>   >  韓国スタッフとの協働体制による大規模な特撮&特殊メイク、映画『アイアムアヒーロー』
韓国スタッフとの協働体制による大規模な特撮&特殊メイク、映画『アイアムアヒーロー』

韓国スタッフとの協働体制による大規模な特撮&特殊メイク、映画『アイアムアヒーロー』

花沢健吾原作による漫画『アイアムアヒーロー』がついに実写映画化! 多くの海外映画祭で評価され、これまでの日本における感染パニック映画の歴史を変えるとも言われる本作のメイキングを紹介する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 213(2016年5月号)からの転載となります

TEXT_大河原浩一(ビットプランクス
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

映画『アイアムアヒーロー』予告編
©2016 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 ©2009 花沢健吾/小学館

大規模韓国ロケで実現した絶叫パニック映画

今回紹介する映画『アイアムアヒーロー』は、謎の感染によって人を襲う謎の生命体「ZQN(ゾキュン)」と化した人々から、冴えない漫画家・鈴木英雄が残された非感染者と共に生存をかけてサバイバルするパニック・ホラー映画だ。4月23日(土)の日本公開に先立ち、海外の複数のファンタスティック映画祭で上映され、第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭ではコンペティション部門観客賞および最優秀特殊効果賞を、第36回ポルト国際映画祭ではコンペティション部門観客賞およびオリエンタルエキスプレス特別賞を受賞している。そして今年3月に開催されたSXSWではミッドナイターズ部門で観客賞を受賞し、世界的にも注目される作品だ。今回は特撮監督の神谷 誠氏、特殊メイク・特殊造形統括の藤原カクセイ氏、CGディレクターの土井 淳氏に話を聞いた。

本作の撮影には、大量のZQNや大規模なカーアクション、特殊効果の必要から日本国内では撮影できる場所や手法が限定されることから、韓国の廃業したショッピングモールや、建設中の高速道路を使うことになり、多くのショットが韓国で撮影されている。そのため特殊メイクや特殊効果も韓国スタッフとの 協働体制によって進められた。「当初は国内のショッピングモールなどをロケハンしたり、セットで必要な部分を組んで撮影することも想定していたのですが、なかなか条件に合わないため韓国で撮影することになりました。撮影が韓国になったため、特殊メイクや特殊効果も現地のプロダクションに協力してもらえないかということになり、特殊メイクはMAGE、特殊効果はデモリッションに参加してもらっています。韓国では、爆発物などの規制の範囲が日本 とは異なり、ハリウッド映画に近いことができるため臨機応変にプランニングすることができました」と神谷氏。今回は本誌では珍しい特殊メイクや特撮といったSFX的なメイキングを中心に紹介したい。

Topic1 韓国ロケによる大規模特撮

韓国ロケによるリアルなVFX制作

神谷氏と土井氏はこれまで映画『GANTZ』シリーズなどで、佐藤信介監督と仕事を共にしてきているが、佐藤監督は画にリアリティがないと納得しない監督であるため、VFXにおいてもいかにリアルな映像をつくり出すかがポイントになってくるという。「監督によっては、画的に派手であれば多少リアリティがなくてもいいという人もいるのですが、佐藤監督はVFXに関しても特殊メイクに関しても、本当にライブで撮影されているように見えないと納得しないし、CGで作成されたものでも本当にそこにあるように見えないと納得しないので、合成の馴染みなどには非常に気を遣っています」と神谷氏。そのため現場では、後から合成する予定であってもなるべく現場でできることは現場で撮影してプレートとして利用しているという。本作の序盤で主人公たちが乗ったタクシーの大規模なカースタントがあるのだが、このシーンではクルマをCGに置き換えるということはせずに、実際の工事中の高速道路で、タクシーの実物を使ってカーアクションが行われた。これは日本では不可能な撮影なのだという。後半におけるショッピングモールが舞台となるシーンでも、実際の店舗内で壮絶なバトルが行われるため、セットでは出せない距離感や臨場感が醸し出されている。

車窓合成用ショットの撮影
タクシーのショットにおける窓外の風景は、全て後から合成素材に差し替わっている


実際にタクシーを走行させながら撮影しているショットの撮影風景

大きくタクシーが揺れるようなショットはスタジオで油圧装置の上にタクシーを乗せて撮影が行われた

横転するタクシー
タクシーが横転するショットでは、タクシーに巻き付けたワイヤーをクレーンで引き上げることで回転させている


  • ワイヤーを引き上げるためのクレーン


  • タクシーに巻き付けたワイヤー


  • ワイヤーを引き上げて横転させる


  • 道路に置いたカメラからのショット。ワイヤーはデジタル処理でリムーブされる

作りものではないリアルな舞台

映画後半のショッピングモールが舞台となるシーンでも、実際の店舗内で壮絶なバトルが行われるため、セットでは出せない現実感や臨場感が醸し出されている。撮影場所は廃業した韓国のショッピングモールであるため、空室だった店舗内の装飾はもとより、韓国語の看板や消火栓の表示にいたるまで、美術スタッフが徹底的に飾り込んでいる。撮影後にさらにコンポジット処理を加えて、日本仕様のショッピングモールによみがえらせた。

使われていないショッピングモールでの撮影
物語後半のZQNとのバトルは韓国にある廃業したショッピングモールを使って撮影されている


  • 実際のショッピングモールの外観


  • まだ美術の手が入っていない状態のショッピングモールの俯瞰


ショッピングモールを使った撮影風景。セットでは出せないスケール感と現実感が、映画にリアリティを与えている

次ページ:
Topic2 日本のパニック映画を変えたZQNの特殊メイク

特集