>   >  テクスチャ制作が劇的に変化する! 3Dペイント START UP!
テクスチャ制作が劇的に変化する! 3Dペイント START UP!

テクスチャ制作が劇的に変化する! 3Dペイント START UP!

ここでは、3Dペイントに興味がありつつもまだ手を出していない人向けに3Dペイントをオススメする理由やそのメリット、そして代表的な2つの3Dペイントソフトの概要を紹介する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 218(2016年10月号)からの転載となります

TEXT & EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada
協力_ボーンデジタル サポートチーム

© 2016 Allegorithmic
© 2010-2016 The Foundry Visionmongers Ltd All Rights Reserved.

テクスチャ制作を取り巻く環境

従来の一般的なテクスチャ制作においては、Photoshopを用いて2Dの平面に対してペイントしていくのが作業の基本です。そこには、平面に描くことで実際の絵を描くように作業できることと、広い範囲を短時間で描くことができるというメリットがあります。しかしながら、3Dのモデルに対してUVを基に2Dのテクスチャをマッピングする関係上、オブジェクトの立体的な構造との整合性をとったり、細かく入り組んだ部分やオブジェクト同士が重なり合う部分の位置関係をテクスチャに落とし込むには、熟練の業やそれなりの時間が必要となっていました。さらに近年では、最終的にアウトプットする映像の解像度が飛躍的に高まり、必然的に作成するテクスチャ自体の解像度も大きくなっています。Photoshopの処理性能では4K以上の作業は困難で、レンダリングした画像をチェックして修正作業でテクスチャを作り直し再度レンダリングして確認するという、2Dと3Dを頻繁に行き来しなければならないワークフローでは物理的にまかないきれなくなっているのが現状です。

そこで近年、シーンリニアワークフローや物理ベースレンダリング(PBR)などの業界トレンドとも相まって、急速に導入が進んでいるのが3Dペイントです。海外のそれなりに知名度のあるスタジオではすでにテクスチャ制作のスタンダードになっており、日本でも採用する会社が増えてきています。3Dペイントとはその名の通り、3Dのモデルに対して直接ペイントしながらテクスチャを仕上げていく手 法で、平面に描く2Dペイントに対して3Dのプレビューで見映えを確認しながら描き進めていけるため、より直感的かつ、レンダリングしてからの手戻りがほとんどなく作業できます。また、立体に直接描いていることからテクスチャのリピート感が出にくく、2Dでのテクスチャ制作時の難点だったUVの継ぎ目の問題なども起こりません。ただ、ディテールを加えるなどの細かい作業に適している反面、描くのに慣れが必要だったり、広範囲を素早く描くのに手間がかかるという側面もあります。そういった場合は、3Dペイントソフトに搭載された2Dペイントモードを使うなど、用途に応じて使い分けることで対応可能です。

3Dペイント自体は、Photoshopのプラグインとして使うDDOや、スカルプティングソフトの3D-CoatMudbox、さらにはMayaなどでも行えますが、特化型のツールには様々な面でまだまだおよびません。現在3Dペイントソフトの主流と言えるのが、今回取り上げるSubstance PainterMARIです。前者は主にゲーム業界を中心にユーザーを獲得しており、後者は主に映画業界で利用されています。それぞれの特徴についてみていきましょう。

  • Substance Painter
    OS: Windows 7以上(64bit)、OSX 10.7以上/メモリ:4GB以上(VRAM 2GB以上)/HDD:150MB以上の空き容量/グラフィックスAPI:DirectX 11/GPU:組み込み型GPU非推奨、対応GPUはWebサイトにて/価格:Pro版 76,700円+税(ノードロック)、Indie版 19,300円+税(ノードロック)/問:ボーンデジタル
    www.borndigital.co.jp

  • MARI
    OS: Linux(64bit)、Windows 7 以上(64bit)、OS X 10.9.5 以上/CPU:クアッドコア/メモリ:4GB以上(VRAM 1GB以上)/HDD:10GB以上の空き容量/グラフィックスAPI:OpenGL 3.2 以上/GPU: 最新ドライバがインストールされたNVIDIAもしくはAMD製グラフィックスボード、対応GPUはWebサイトにて/価格:240,000円+税/問:ボーンデジタル
    www.borndigital.co.jp

次ページ:
Substance Painterの沿革とライセンス形態

特集