>   >  「Kickstarter」から生まれたサスペンスホラー映画『GEHENNA ~死の生ける場所~』片桐裕司×田島光二トークセッション
「Kickstarter」から生まれたサスペンスホラー映画『GEHENNA ~死の生ける場所~』片桐裕司×田島光二トークセッション

「Kickstarter」から生まれたサスペンスホラー映画『GEHENNA ~死の生ける場所~』片桐裕司×田島光二トークセッション

ハリウッド特殊造形界でトップクリエイターとして活躍する片桐裕司氏の初監督作品である映画『GEHENNA(ゲヘナ)~死の生ける場所~』(以下、『GEHENNA』)。同作の日本国内で初の映画館上映イベント「GEHENNA Crossing」が9月19日(火)、シネ・リーブル梅田(大阪府)にて開催された。『GEHENNA』は2015年に米国大手クラウドファウンディング・サービス「Kickstarter」にて資金調達を開始し、目標の22万ドルを超えた24万ドルを集め制作された、サスペンスホラー映画。上映後には監督と、『GEHENNA』のキービジュアルも手がけた、世界の第一線で活躍するコンセプトアーティスト田島光二氏によるミニトークセッション、そして来場者からの質問に応える質疑応答が行われた。その模様をレポートしていきたい。

TEXT_山田佳樹 / Yoshiki Yamada
PHOTO_坂本照次郎 / Sakamoto Shojiro
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

©Hunter Killer Studio

『GEHENNA(ゲヘナ)~死の生ける場所~』予告編
©Hunter Killer Studio

ファンアートがきっかけだった田島氏との出会い

片桐:僕は「Kickstarter」というクラウドファンディングを使って資金を集めました。そこでは星の数ほど映画のプロジェクトがあるため、その中からこのプロジェクトをクリックしていただくためには、サムネイルとなるキービジュアルがものすごく大事になります。そこで、キービジュアルの制作を誰に頼もうかと考えたときに、偶然、アニメ『進撃の巨人』のファンアートを目にしました。そのときは『進撃の巨人』のことを知らなかったのですが、そのファンアートを見てとても面白そうだと思い、作品を見るきっかけになったんです。そのファンアートを手がけたのが田島くんで、連絡をとったわけです。すると偶然、田島くんも僕のことを知っていてくれて。

  • 片桐裕司/Hiroshi Katagiri
    映画監督・ハリウッドSFX映画クリエイター・キャラクターデザイナー、東京生まれ。1990年18歳のときに渡米し、19歳からスクリーミング・マッド・ジョージ氏の工房で働きだす。その後フリーランスとなり様々な映画TVのキャラクタークリエーションに関わる。98年にTVシリーズ『X ファイル』でエミー賞受賞。2000年から2006年まで『ターミネーター』や『ジュラシックパーク』のキャラクタークリエーションで有名なStan Winston Studioのメインアーティストの1人として活躍。スティーブン・スピルバーグやギレルモ・デル・トロ、サム・ライミなどの著名監督の映画作品に多数参加。その後、再びフリーランスになり、夢であった映画監督としても活動。2015年クラウドファンディング・キックスターターで独立系長編映画では記録的な額25万ドルを集め、映画監督デビューを『GEHENNA ~死の生ける場所~』で果たす。

田島:そうなんです。学生時代から、片桐さんの作品を模写していたんですよ。

  • 田島光二/Kouji Tajima
    Double Negative Visual Effectsコンセプトアーティスト。1990年東京都生まれ。2011年に日本電子専門学校コンピューター・グラフィックス科を卒業後、フリーランスモデラーとしてキャリアをスタート。12年4月からDouble Negativeのシンガポールスタジオ所属、2015年に同カナダスタジオへ移籍し、現職。代表作は『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』、『アサシン クリード』、『ブレードランナー2049』など。

片桐:光栄ですね。そういうこともあってか、『GEHENNA』のキービジュアルの制作を依頼すると、快く引き受けていただけました。

田島:お仕事の話を聞いたときは、とても嬉しかったです。


田島光二氏が手がけた『GEHENNA』のキービジュアル

日本とアメリカの文化をミックスさせたホラームービー

片桐:長編映画をつくるということ自体、ものすごくハードルが高かったので、完成まで苦労しました。脚本を書き始めたのは7年ほど前でしょうか。「自分にしかできないもの、アメリカ人には真似できないもの」という視点から、「日本とアメリカの文化、両方を出せるもの」と方向性を決めて舞台をサイパンにしました。また、低予算ということがわかっていたので、閉じ込められて、その中だけで展開するドラマにしようと考えた結果、現在のようなストーリーができ上がりました。そしてクラウドファンディングでどうにか資金が集まり、撮影にこぎつけることができました。

田島:僕は暗いところや狭いところが苦手なので、もう最悪でしたね(笑)。実はもともと怖いものが苦手でして......。本作の仕事を開始した時に何枚かコンセプトアートを描きましたが、とても部屋を明るくして、なるべく怖くないように、何回も休憩をはさみながら描いてました(笑)。

田島光二氏によるコンセプトアート

田島:コンセプトアートは、まずZbrushで形をつくってからPhotoshopでレタッチしています。


田島光二氏によるコンセプトアート

片桐:このシーン(上画像)には子供が登場しましたが、子役の俳優はユニオン(俳優の組合)に所属しており、一日に数時間しか働けないなど規制が厳しく撮影が大変でした。これの前のシーンに手間がかかり、12テイク目でようやくOKを出せて、そしてこのシーンを撮る時は残り時間があと6分というギリギリのところでした。

田島光二氏による小道具のコンセプトアート

片桐:キーアイテムとなるこのドール(上画像)も、田島くんにデザインしてもらいました。

田島:ドールは形から自由にデザインさせてもらえたので楽しかったですね。完成した実物のドールをいただいたんですが、うちの奥さんがコワイって言ってクローゼットの奥の方に封印されています。しまっておいた方が逆に怖いと思うんですが(笑)。

片桐:たぶんクローゼットの奥で育ってるよ。髪とか伸びてるよ(笑)。

田島:もう、二度とあけません(笑)。

次ページ:
『GEHENNA』を実績とし、次の作品へ

特集