>   >  1,000万色以上を表現する最新UV硬化インクジェット3Dプリンタで挑戦! ゲーム用モデルでフルカラーフィギュアをつくる
1,000万色以上を表現する最新UV硬化インクジェット3Dプリンタで挑戦! ゲーム用モデルでフルカラーフィギュアをつくる

1,000万色以上を表現する最新UV硬化インクジェット3Dプリンタで挑戦! ゲーム用モデルでフルカラーフィギュアをつくる

CGWORLD233号の特集に登場した3DCGに関わる各種技術コンサル、兼デジタルアーティストの坂本一樹氏がホタルコーポレーションとコラボしてゲーム用モデルの3Dプリントに挑戦。その制作のながれを今回、特別に公開してもらった。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 234(2017年2月号)からの転載となります

TEXT_坂本一樹
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara、山田桃子 / Momoko Yamada
©2017 Kazuki Sakamoto All rights reserved.

UV硬化インクジェット方式3Dプリンタ「3DUJ-553」について

今回は、233号特集に掲載した「リアルタイム向けキャラクターモデリング&Unreal Engine 4への実装」の記事のオリジナルキャラクターモデル「SotaiChan」にひと手間加え、最新式の3Dプリンタでフルカラーフィギュアを作成しようという企画をご紹介します。今回、最先端のフルカラー3Dプリンタをいち早く導入したホタルコーポレーションに全面バックアップをいただき、思う存分新型プリンタの実力を試すことができました。最新式プリンタの魅力や今までの常識を打ち破るデジタル原型制作の最新情報をどこよりも早く皆様にお届けしたいと思います。

  • 『人柱系CGモデラーのTipsブログ』著者で『AsteriskLab』というDiscord上のゲーム開発技術研究コミュニティを主催しています。個人ではフリーランスのCGアーティスト/モデラー/講師/技術コンサルとして活動しています。
    kazukisakamoto.hateblo.jp

2017年11月30日、ミマキエンジニアリングから常識を覆す3Dプリンタがリリースされました。世界初の1,000万色以上のフルカラー3Dプリントを実現したUV硬化、インクジェット方式の3Dプリンタ「3DUJ-553」です。このプリンタの登場で複雑な3D形状でも紙媒体と同様の色再現が可能になり、パーツ分割することなくフルカラーフィギュアが気軽に作成できる時代が到来しました。

「3DUJ-553」の最大の特徴は高い精度を誇るインクジェット方式のUV硬化式プリンタとしては世界で初めてオフセット印刷と同等の色再現を可能にしたことです。積層構築時にCMYKインクを流入することで通常の印刷物と同様の色再現を実現し、PCモニタの24bitフルカラーに近い1,000万色以上を表現します。水溶性のサポート材により複雑に入り組んだ形状の出力できて、500mm×500mm×300mmの大きな出力エリアにより、分割なしで大きな模型も出力可能です。既存のフルカラー石膏3Dプリンタと比較しても圧倒的な色再現度を誇り、アクリル系樹脂によるABSに近い耐久性や耐水性など、石膏の弱点を解決した特徴も兼ね備えています。今回はこの「3DUJ-553」を使ったフィギュア制作をレポートしたいと思います。

Topic 1 ゲーム向けのモデルを3Dプリンタ「3DUJ-553」で出力

テクスチャを活用しゲームのキャラクターを現実に呼び出す

下記の画像が233号の特集「リアルタイム向けキャラクターモデリング&Unreal Engine 4への実装」の記事で作成した「SotaiChanWorld」と「SotaiChan」です。今回は前回の記事の番外編として「SotaiChan」にポーズを付けて、武器や猫耳などのオプションと一緒にフィギュア化しました。

開発元のメーカーをはじめ、個人のゲーム開発者、学生の卒業課題、MMDモデルやModを利用するホビーユーザーなど、あらゆる層の3DCG利用者が一度は自分の手元にあるオリジナルのキャラクターデータをそのままの色と形で現実世界に呼び出したいと思ったことがあるのではないでしょうか? 「3DUJ-553」を利用すれば、専門的なフィギュア分割やアナログ塗装の技術がなくても簡単にオリジナルフィギュアを手にすることができます。今回、完成した出力物を撮影していて、3DCGのレンダリング画像なのか実物の写真なのか、実在するフィギュアなのかの区別がつかなくなってしまう瞬間が何度かありました。それほどまでに現実とデータの世界は垣根が低くなったのだと思います。

ゲーム画面とフィギュア

筆者が主催するゲーム開発技術研究コミュニティ「AsteriskLab」で作成した「SotaiChanWorld」。詳しくはこちらにて

今回制作したフィギュア

テクスチャが使える利点

実は「3DUJ-553」は頂点カラーではなく、3DメッシュのUV座標に対応したテクスチャマップを使用することが可能です。これは驚くべきことで、今までテクスチャ付きの3Dモデルからここまでの色再現度でフルカラーのフィギュアが作成できる前例はなかったように思います。テクスチャが使用できることで、これまでのような量産を意識した複雑なパーツに分割された色なしのデジタル原型ではなく、ゲームや映像のモデルに厚みを付けるだけでフィギュア原型の知識がなくても色の付いた完成形のフィギュアを簡単につくることが可能になりました。

趣味として世界にひとつだけのオリジナルフィギュアを入手するのも良いですし、卒業制作や企業のプロモーションとして、気軽にオーダーメイドのフィギュアを作成することも可能です。特に商業の大規模作品のプロモーションであれば、キャラクターだけではなく建物や動植物など世界そのものを安価にジオラマ化でき、イベント会場でより大きな宣伝効果が期待できます。また、ARやMRと組み合わせることで、どこからが現実でどこからが3DCGなのか、理解の及ばない新しい世界の可能性も見えてきたと思います。

主なテクスチャ

「SotaiChan」の主なテクスチャ

商業フィギュアに与える影響

まだまだフルサイズのフィギュアの量産にはコストが見合わない部分がありますが、小型の着彩済み模型では、手塗りで量産するよりもコストを大幅に減少させられる見込があります。全く同じ色、形のフィギュアを何体でもつくれるのが、商業フィギュアにおいてこの3Dプリンタを活用する最大のメリットになります。

現状のフィギュアの量産は個数を決めたロット生産をしており、塗装の大部分は手作業で行なっていることが多いです。そのため、一度製造ラインを解体してしまうと完全に同じフィギュアを再生産することが難しい(手間とコストがかかる)現状がありました。フィギュアは気軽には復刻できない。そういった現状を打破するひとつの可能性として、新しい3Dプリンタを活用した、新しい量産可能性も見えてくるのではないでしょうか。

次ページ:
Topic 2 フルカラーデジタル原型の制作手順

特集