>   >  VR空間内でフィギュアの原型をチェック!? イクリエ&ファーストインパクトが開発したHTC Vive対応デジタル原型VR閲覧システム
VR空間内でフィギュアの原型をチェック!? イクリエ&ファーストインパクトが開発したHTC Vive対応デジタル原型VR閲覧システム

VR空間内でフィギュアの原型をチェック!? イクリエ&ファーストインパクトが開発したHTC Vive対応デジタル原型VR閲覧システム

フィギュアの原型制作を手がけるイクリエとコンテンツの開発や運用を手がけるファーストインパクト。今回は2社共同で開発した、VRを使ったフィギュア原型の閲覧システムを紹介してもらった。どのような経緯で開発され活用されているのかみていこう。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 227(2017年7月号)からの転載となります

TEXT_濵島広平(イクリエ
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara、小村仁美 / Hitomi Komura

原型制作の効率アップを目的として閲覧システムの開発がスタート

フィギュアなどの制作にあたり、デジタル原型はアナログ原型と比較して、制作工程の途中で現物でのチェックがしづらいというデメリットがあります。アナログ原型は原型その物を直接触りながら調整を行うことができますが、デジタル原型の場合、形状を手に取って確認するには原型データを一度、3Dプリンタで出力しなければなりません。そのため、出力するまでは作業モニタ上で原型データを確認する、もしくはレンダリング画像・スクリーンショットなどで確認しながら制作を進めていくことになります。


  • 右より、デジタル彩色・坂本一樹氏(フリーランス)、企画・3Dデータ制作・濵島広平氏(イクリエ)、開発・プログラミング・坂巻一海氏、百瀬一斗氏、福島 渉氏(ファーストインパクト

しかし、モニタや画像は平面での確認となるため、拾える情報量には限界があります。また、デジタル原型では実物の原型を手に取って見る場合と異なり、各部位をどこまでも拡大して確認ができてしまうため、かえって制作の進行が非効率になってしまうこともあります。そもそも、原型データを直接確認してチェックする場合、確認する側の環境に依存する点も多く、データも特定のアプリケーションで開く必要があるため確認側の慣れも必要で、気軽にとは言い難いのが現状です。

最近は様々なタイプの3Dプリンタが登場し、以前よりは出力時の手間やコストが下がりました。それでも出力用のデータ準備や材料費コスト、出力までの時間的コストは必ず発生します。そんな中、昨年は「VR元年」と言われ、様々なVRデバイスが発売・発表された年でもありました。そこでイクリエではVRを使い、先ほど挙げたデジタル原型の問題点を解決して、作業効率アップができないかと考えました。

VRは視差を利用して立体的に見ることができるのも特徴のひとつです。その特徴を活かし、原型データを誰でも直感的、立体的な視覚で確認ができるツールの企画をスタートさせました。開発にあたり、プログラミングはファーストインパクトさんにご協力をいただきました。また、アーティストの坂本一樹氏には、原型データの新たな活用法としてPBRを駆使したデジタル彩色にも挑戦してもらい、リアルタイムでの閲覧を考慮していない原型データをいかに効率良く彩色することができるのかを検証してもらいました。

Topic 1:閲覧デバイス選定と使用環境の準備

HTC Viveを使用するための環境を用意

フィギュア原型のデータのチェック方法としては、レンダリング画像でのチェックや3Dツールで直接データを開いてのチェックなどがあります。しかし、レンダリング画像は情報量に限界があり、3Dツールでの確認は環境に依存することが多く、どこまでも拡大して確認がとれるため情報過多となりがちです。そのため、3Dプリンタで出力をしない限りどちらの方法も現実に近い感覚で確認することはできません。

そこで、VRデバイスを使い自由に手に取って形状の確認やサイズなどを直感的に確認することを目標に、この企画をスタートさせました。スタート当時のVRデバイスの選択肢としてはOculus RiftとHTC Viveの二択でしたが、当時のOculus Riftはまだコントローラが発売されていなかったこともあり、目標を実現させるためHTC Viveを選びました。

デジタル原型の各確認方法とHTC Vive


  • デジタル原型の進行状況の確認では通常、レンダリング画像を用いて行うことが多い


  • ツールによる確認では細部まで見られるのがメリットではあるが、サイズ感の把握がしづらい


  • 出力物での確認は時間と材料コストがかかる

今回のHTC Viveを使ったVR閲覧システムでは約3メートル四方のスペースを確保して、検証スペースを用意。等身大スケールのデータでストレスなく確認が可能

Topic 2:VR閲覧システムの主な機能

Viveコントローラでの直感的な操作

閲覧システムの機能については、現状、原型データを確認する上で効率化が図れる機能をピックアップして実装をしていきました。また操作方法については、誰でも簡単に原型データの確認ができることを重視して開発しています。HTC Viveには2つのコントローラが付属しており、さらにプレイヤーの位置を補足するベースステーションと呼ばれるカメラが2点、標準で付いています。そのためデータを確認する際、自由にVR空間内を歩くことができ、コントローラのボタンの組み合わせでフィギュアサイズを変更したり、実際に手に持っている感覚に近い状態で確認が可能です。

フィギュア原型の制作では、データの大きさの確認は重要なため、全高が常に表示される仕様にしています。また、VR空間内で原型を手に取って見られるよう、コントローラで原型を触り、その状態でトリガーを引くと原型を持てる仕様にしました。コントローラがフィギュアに触っている間はベースカラーが変わる仕様にしており、触っているかどうかがわかるようになっています。その他の機能として、ボタンひとつで自動でスクリーンショットを撮る機能も付けました。現状、イクリエでは進捗報告の際にレンダリング画像を提出しているため、この機能は効率アップにつながります。

VR閲覧システムの操作


  • 起動画面


  • 全高と横幅のリアルタイム表示


  • コントローラでフィギュアを掴んでいる場面。実際に操作してみると実物のフィギュアをつまんで持っている感覚にかなり近い


  • 定規を当てての計測も可能


  • サイズの拡大縮小が可能


  • ベースカラーの変更はカラーピッカーを使用

自動スクリーンショット機能

次ページ:
Topic 3:Unityでの開発工程

特集