>   >  官主導によるゲーム・IT産業支援の取り組み~ケベック・シティーのデジタルコンテンツ産業レポート<1>~
官主導によるゲーム・IT産業支援の取り組み~ケベック・シティーのデジタルコンテンツ産業レポート<1>~

官主導によるゲーム・IT産業支援の取り組み~ケベック・シティーのデジタルコンテンツ産業レポート<1>~

デジタルメディア産業の一大拠点として知られるカナダ。その中でも、とりわけユニークな存在で知られるのがケベック・シティーだ。筆者は今回、非営利団体Québec Internationalが主催したメディアツアーに参加。4月5日から15日まで、街をあげて開催されたDigital Weekや、地元企業などを取材できた。産官学連携で発展する同市のデジタルメディア産業について、2回にわけてレポートする。

TEXT_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>ケベック・シティーのデジタルメディア産業とその歴史

今や世界各地で開催されるGameJam(※)。毎年1月末に開催されるGlobal Game Jamの成功で、48時間でゲームをチーム制作するといっても、驚かれることは少なくなった。しかしプロ・アマ含めて400名近くの参加者が一堂に会するとなると、話は別だ。さらにゲームだけでなく、CGアニメーションも制作されるジャムは、世界的にも珍しいと思われる。それを地方自治体が主催しているとなると、なおさらだ。

※GameJam:クリエイターが集まり、短時間でゲーム制作を行うイベント

ゲーム開発だけではない。会場の一角には参加者向けにマッサージコーナーも併設。入り口には巨大なガンシューティングゲームの筐体も設置され、一息入れるために遊んでいる参加者もいた。本年4月にケベック・シティー中心部の特設会場で開催された複合型GameJam、Pixel Challenge会場に足を踏み入れた瞬間、今まで見たことがない風景が広がった。役所が主催するお仕着せのイメージとは、ほど遠い印象だったからだ。


約360名が参加し、48時間でデジタルコンテンツを制作するPixel Challenge



  • 今年は初めてマッサージコーナーが設置された



  • 4人で同時プレイできるガンシューティングを設置



  • 地元UBIケベック協賛のカフェが登場



  • 食事は全てケータリングで賄われた

デジタルメディア産業で知られるカナダ。日本とちがい連邦制をとるカナダでは、州や自治体の権限が強く、各地で個性あふれる取り組みが行われている。中でも日本と異なるのが、産官学連携による産業支援の手厚さだ。2018年4月5日から15日まで、カナダ東北部に位置するケベック州の州都、ケベック・シティーで開催されたDigital Weekは、その象徴とも言える総合イベントだ。

Digital WeekではPixel Challengeと、IT系カンファレンスの「WAQ(WEB À QUÉBEC)」を筆頭に、大小28種類の関連イベントを開催。主催は地元自治体のケベック・シティーで、非営利団体のQuébec Numériqueに企画・運営が委託され、大小約30の団体・組織・企業などがアライアンスを組んで実施される。初開催は2015年で、今年で開催4回目。受付・誘導などの雑用は地元のボランティアで、まさに街をあげてのプロジェクトとなる。


約1500名が参加し、約80セッションで開催される「WAQ」



  • インディゲーム開発者向けのピッチイベントCatapult



  • 今年初めて開催されたPixelWarzoneではeスポーツの親善試合を実施



  • 市内の文明博物館ではIT・デジタルメディア関連の展覧会を実施



  • 地元ラバル大のメディア研究センター、LANTISSでの招待客向けツアー

ケベック・シティーはカナダ東部に位置するケベック州の州都で、市全域の人口は約80万人。新潟市や浜松市と同程度の規模感だ。ケベック州はカナダでもフランス系の住人が多い地域で、第一言語はフランス語。英語も公用語だが、ほとんどの住人は日常会話でフランス語を使用する。アメリカ文化が強い北米において、生活様式や文化の面でフランス文化が強いという独自性を保っている。

人口面ではモントリオールの約160万人に大きく差をつけられている。両市の距離は約230kmで、東京・名古屋間に匹敵し、気風も異なる。経済の中心であるモントリオールに対して、ケベック・シティーは北米以北では唯一現存する城塞都市を中心に発展し、旧市街は世界遺産に登録されるなど、観光業に力を入れている。モントリオールが大阪でケベック・シティーが京都......と例えると両市民から「違う」と怒られるかもしれないが、日本人である筆者の目からはそのように感じられた。



  • 城塞からセントローレンス川をのぞむ



  • 欧州風の建築様式をもつ市中央駅



  • 大勢の観光客でにぎわう旧市街



  • 旧市街にはフランス風の街並みが続く

カナダ・デジタルメディア産業の歴史は、2017年に筆者が参加したカナダ投資局主催のツアーレポートで解説したとおり、1986年にモントリオールでSoftimage(現Autodesk)が設立されたことに遡る。その後、1991年にバンクーバーでEAカナダ、1997年にモントリオールでUBIモントリオールが設立。この両都市を中心にゲーム・CG企業の集積が始まった。背景にあるのが人件費の安さと、豊富な人財、各州政府の税制優遇策、そして国策として掲げられている管理移民制度だ。

こうした一連のながれの中で、ケベック・シティーでも1990年代後半からゲーム・CG系の企業が育ち始める。その筆頭が2003年に設立されたアニメーションスタジオのFLIMAだ。3DCGへの参入を経て、現在はゲームやVRコンテンツ開発も手がけるまでに成長した。2005年にはUBIケベックが設立され、アクティビジョンも同年、地元企業を買収してBeenoxスタジオを設立させた。いずれも500名規模のスタジオで、市内では大手3社として知られている。



  • 市中心部にそびえるUBIケベックビル



  • ゲーム分野でオリジナルIPを輩出するFLIMA



  • 小規模スタジオが低価格で入居できるLE HUB



  • インディのコワーキングスペース、LE CAMP

このように大手スタジオが設立して数年が経過すると、そこから独立したインディゲーム開発者が周辺にスタートアップを設立し、産業クラスターを形成し始める。バンクーバーやモントリオールでも見慣れた光景だ。これを見こして地元自治体は、海外の大手企業に対してスタジオの誘致合戦を繰り広げる。誘致政策が一段落すると、次はコワーキングスペースやファンドなどを整備し、スタートアップに対して育成支援を進めていくのが常道だ。

実際、ケベック・シティーでもコワーキングスペースのLE CAMP、中小スタジオ向けの入居施設LE HUB、インディゲーム開発者が対象のピッチイベントCatapultといった施策を整備し、確実に成果を上げてきた。その集大成とも言えるのがDigital Weekだ。最大のポイントは、これを自治体が音頭をとって進めていること。その結果、ケベック・シティーでは過去5年間で社員数5-6名のインディゲームスタジオが5社から30社近くにまで増加したという。

2017年に実施されたカナダ投資局主催のメディアツアーで筆者は、カナダが世界のゲーム・VFX工場から、スタートアップによるオリジナルIPの創出へと、産業構造が広がりつつある様を解説した。その中でも近年、特にインディゲームの支援に注力しているのがケベック・シティーだ。今回のツアーでは現地に11日間滞在し、さまざまなイベントや、地元企業・自治体関係者への取材を進める過程で、新たな可能性や課題について感じ取ることができた。

次ページ:
<2>海外からの参加者も招いて盛り上がるPixel Challenge

特集