>   >  「演出の勉強が重要視される時代」グラフィニカとバンブーマウンテンの演出講習とは?~APESレポート~
「演出の勉強が重要視される時代」グラフィニカとバンブーマウンテンの演出講習とは?~APESレポート~

「演出の勉強が重要視される時代」グラフィニカとバンブーマウンテンの演出講習とは?~APESレポート~

5月20日、福岡市のエルガーラホールにて「APES」が開催された。このAPESは「大八耐」などのイベントを実施してきたNPO法人 SPICEによる、アニメーション、プログラミング、教育の3つをテーマにしたセミナーイベントだ。本稿では数多くのセミナーが開催された同イベントから、グラフィニカバンブーマウンテンによる「セルルックCGアニメーションの作り方~『十二大戦』グラフィニカ流アニメ表現feat.バンブーマウンテン~」の内容を紹介する。

TEXT & PHOTO_真狩祐志 / Yushi Makari
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

アニメ演出に必要な力とは


グラフィニカ流アニメ塾

「セルルックCGアニメーションの作り方~『十二大戦』グラフィニカ流アニメ表現feat.バンブーマウンテン~」では、バンブーマウンテン代表取締役・ディレクターの竹山諒一氏と、グラフィニカ アニメーションプロデューサーの森口博史氏の2名が登壇した。バンブーマウンテンは福岡にあるグラフィニカの子会社だ。


  • 竹山諒一氏(バンブーマウンテン/代表取締役、ディレクター)


  • 森口博史氏(グラフィニカ/アニメーションプロデューサー)

同セミナーでは、グラフィニカが元請け制作したTVアニメ『十二大戦』(2017年10月~12月)を例に上げつつ、元請けの過程で、コンテや演出を手がける機会が増えてきたという同社の背景が語られた。

テレビアニメ「十二大戦」最終回直前!! 終焉PV
©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会


3DCGアニメーションの動きの大まかな基本ルール
©西尾維新・中村 光/集英社・十二大戦製作委員会

その話のながれから、演出に関する勉強が重要視される時代になってきたと言い、グラフィニカで行われている演出講習が紹介された。ここでは、実際にグラフィニカでCGアニメーターたちと一緒に行なっている例題を、セミナーの参加者が体験することとなった。


アニメ演出講習の紹介

「演出にはドラマ演出と映像演出があります」と森口氏。続けて森口氏は「ドラマ演出とはシナリオの状況をどのように映像としてアプローチしていくかということ。一方、映像演出は、どのように見せたいかということですね。映像演出をするためにはドラマ演出が欠かせません」と語る。

次ページ:
コマの並び替えで物語をつくる演出講習

特集