>   >  フィギュアメーカーknead誕生! こだわり抜かれた造形の秘密『アイドルマスター シンデレラガールズ』神崎蘭子 運命の待ち人ver.
フィギュアメーカーknead誕生! こだわり抜かれた造形の秘密『アイドルマスター シンデレラガールズ』神崎蘭子 運命の待ち人ver.

フィギュアメーカーknead誕生! こだわり抜かれた造形の秘密『アイドルマスター シンデレラガールズ』神崎蘭子 運命の待ち人ver.

数多くの原型を手がけてきたkneadが、フィギュアメーカーとして始動した。記念すべき商品第一弾はスマホアプリ『アイドルマスター シンデレラガールズ』を原作とした「神崎蘭子 運命の待ち人ver.」である。今回はメーカー起ち上げの経緯からフィギュア制作のこだわりまでを解説していく。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 242(2018年10月号)からの転載となります。

TEXT_永岡 聡lunaworks
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

  • Information
    『アイドルマスター シンデレラガールズ』
    神崎蘭子 運命の待ち人ver. 1/7スケール PVC&ABS製塗装済み完成品フィギュア
    全高:約23.5cm、価格:18,500円(税込)
    東京フィギュアオフィシャルサイトにて2018年9月29日(土)まで受注中!
    tokyofigure.jp
    © BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

フィギュアメーカーとしてのkneadへの期待

いち早くデジタル原型の可能性を見出し、活動してきたkneadが、フィギュアメーカーとなった。今回紹介する「神崎蘭子 運命の待ち人ver.」は『アイドルマスター シンデレラガールズ』のカードイラストを立体化したものである。ここでは、メーカー起ち上げの経緯について、代表取締役社長の木村和宏氏に話を聞いた。

  • 木村和宏氏(knead代表取締役社長)
    knead.co.jp

「kneadでは、デジタル原型が普及する前から試行錯誤してきました。僕自身、手原型でフィギュアをつくってイベントで販売したこともあり、ホビー業界へ貢献できることを模索していたのです。デジタル化で生産性を上げ、原型として確立させようとkneadを起ち上げ、3年くらい経った頃にメーカーさんから"メーカーとしてやったらどう?"とお声がけいただきました。最初は生産に関してわからないこともありましたが、工場見学へ連れて行っていただき、生産部分もデジタル化できれば今後のプラスになるのではと考えるようになっていきました」と木村氏。5年ほど前から生産の知識も身に付け、原型を作成して終わりではなく「工場がこうだから、こうしよう」と、ここ数年で生産を見据えた原型をつくれるようになってきたという。「そんな中、前職で生産管理もしていたスタッフが加わったことで、メーカになる決心をしました」(木村氏)。昨今、デジタル原型は浸透してきたが、3Dプリンタで出力した後、手で磨いて原型をつくるという結果だけを見ると、今までの手原型とそれほど変わらない。そこで、生産部分も視野に入れ、トータルでデジタルのノウハウを活かすことで、生産のコストを下げ、技術力を向上させ、原型師もそこを想定した技術を精査できると考えたそうだ。「メーカーとして経験を積むことで、生産のながれを把握し、工数や工期をカットでき、OEMの受注の際にもノウハウを活かせるようになります。これからは原型だけでなく、監修まで含めて全て管理できるので、メーカーとしてのkneadに注目してもらえたら嬉しいですね」(木村氏)。

Topic01
イラストを立体化! 熟考を重ねてデザインから提案する

記念すべき商品第一弾は、まさにkneadの集大成!

ここからは、本作「神崎蘭子 運命の待ち人ver.」について伺った。「過去に他のメーカーさんで蘭子の原型を担当させていただいたことがあり、全スタッフが関わったので、原型師名は"knead"としてつくらせていただきました。そこには、われわれの強い思い入れがあったのです。その蘭子の花嫁衣装を作成できるのならば......と、運命的なものも感じました」(木村氏)。

原型を担当したのは、knead所属の女性原型師ゆうこ~ん氏だ。基になったデザインは、1枚のカードイラストである。イラストは腰より上だけで、スカートより下の部分は描かれていない。そこで、デフォルメされたキャラクターデザインなども参考にしながら、ゆうこ~ん氏が自ら外観の補完や見えないインナー、靴なども全てデザインした上で、原型制作に入ったという。

「デジタル原型を作成してきたわれわれが、フィギュアメーカーとしての第一弾にもってくるものは何が正解か考えました。派手なポーズやメカものは、デジタル造形の利点を出すにはわかりやすい題材でしょう。しかし、本作の蘭子は動きが少なく、色もほぼ純白です。そこで、kneadがやってきた集大成を入れ込むことで、意味をもたせようと考えました。イラストの画は、その一瞬を切り取った写真みたないものですから、イラストを読みとって、どういうシチュエーションなのか、その前に何をしていて、その後はどうするかを話し合い、蘭子の心情を探りながら、われわれならではの造形に仕上げていきました。メーカーとして、企画の段階から生産まで全て担当することを最初から念頭に置き、kneadゆえのコンセプトや、つくる意味合いを考えてつくった"蘭子"は、今の段階でのkneadのまさに集大成です」(木村氏)。これまで数々の原型を手がけてきたノウハウに加え、生産の立場から得られる技能もフィードバックすることで、より商品として精錬されていく。その結果、メーカーとしてのkneadは、最初から最後まで原型師の監修が全てに行き届き、最適なゴールを導くことができるようになるのだ。この点は、今後大きな成果として期待すべき強みとなっていくだろう。

カードイラストで見えない部分までデザインする

画像は基のカードイラスト。ちびキャラのデザイン資料なども参考にし、カードイラストでは見えない腰から下のスカートや靴、インナーをゆうこ~ん氏がデザインし、その画を基に制作がスタートした。ドレスの裾にある刺繍のパターンなど、細かな部分も検討されている。カードイラストから見えない背面は、360度どこから見ても見応えがあるデザインを目指し、ボリューム感が出された(下の項目参照)。外からは見えない箇所にもこだわりをみせ、トータルでデザインを成立させている

女性ならではの視点で採り入れられたトレーン

釣鐘状のスカートは、重量もあり、どこに軸を入れて立たせるかが課題であった。ゆうこ~ん氏からの提案で、トレーンと呼ばれる後ろに長く引きずった裾を追加することにより、トレーンが地面と接触することで、スカート全体の重量バランスを安定して支え、足でしっかりと立つことを可能としている。同時に造形映えする結果となり、スカートにかかる重量への懸念と、見た目の両方を一気に解決した。女性原型師ならではの視点である。「デザインから生産までを見据えられた、本作のポイントのひとつです」(木村氏)

トレーンが背面の重量を支え、足で自立している



  • 原型モデル



  • 彩色原型。ただの純白ではなく、青や紫などの色数を豊富に入れ、繊細に仕上げている

次ページ:
Topic 2 培ってきたノウハウを活かし、こだわりぬいた造形

特集