>   >  VRなど未成熟な領域こそ、契約書が欠かせない。デジタルコンテンツにまつわる著作権を考える
VRなど未成熟な領域こそ、契約書が欠かせない。デジタルコンテンツにまつわる著作権を考える

VRなど未成熟な領域こそ、契約書が欠かせない。デジタルコンテンツにまつわる著作権を考える

読者諸氏の間でも、切実な問題と捉えている人、なんとなく縁遠く感じている人がいるであろう"著作権"。クリエイターである以上、プロアマを問わず切っても切れないものだが、その実態とは? 知的財産権を専門とする法律家に、そのポイントと著作権をとりまく最新事情を聞いた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 243(2018年11月号)からの転載となります。

談・監修_照井 勝(青山綜合法律事務所)
文・構成_戸崎友莉
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada


照井 勝/Masaru Terui
青山綜合法律事務所パートナー弁護士、一橋大学大学院国際企業戦略研究科非常勤講師(エンタテインメント法)、弁護士知財ネットジャパンコンテンツ調査研究チーム座長、著作権法学会所属
aoyamalaw.com

<1>著作権侵害の決め手は、類似性と依拠

照井 勝弁護士(以下、照井):まず言えるのは、裁判所が認めている著作権侵害のハードルと、インターネット上で"パクり・盗作"と騒がれる感覚には、相当乖離があると思ってもらった方がいいと思います。例えば、元のイラストを見て、それを真似してパンフレットのイラストを描いた著者が訴えられた事件(※次ページ「広告イラストに対する著作権侵害差止等の請求が棄却された事例」参照)。被告は「あなたのキャラクターをパクりました」と謝罪のメールすら裁判の前に出しているのに、判決は「著作権侵害ではない」でした。裁判所として、著作権侵害に求めるのが「類似性」と「依拠」。そのイラストにアクセスして参考にしたという事実が「依拠」ですね。そして、この判例で裁判所が問題にしていたのが、具体的な表現法が似ているかどうか=「類似性」です。イラストという表現方法自体が抽象的なのだから、相当な類似性がある、要するにすごく細かい部分までかなり似ていないと、著作権侵害として認めないということになった事例なんです。著作権の世界では「抽象的なものを対象とするのであれば、ディテールまで同じものでないと、著作権侵害を認めない」というのが主流ですね。

――ではトレースなどをしてしまうと「ディテールまでまったく同じ」で著作権侵害になり得る、ということでしょうか?

照井:トレースには「八坂神社祇園祭ポスター事件」という有名な判例があります。京都の八坂神社で祇園祭をしている様子を、アマチュアの写真家が撮影し、その写真を写真集にして出版したところ、それを見た人が写真を参考にして水彩画を描き、それをポスターとして公表したんです。結果的に、裁判所は写真を水彩画としたそのポスターを著作権侵害と認めました。次に知っておくべきなのは、「廃墟写真事件」(※次ページ「廃墟写真の複製権・翻案権侵害が否決された事例」参照)です。日本各地にある廃墟に、有名な写真家が何年も通い詰めて廃墟写真集を発表しました。その後別のプロ写真家が、同じ廃墟に行って同じような場所や構図で撮影した写真集を出版した。それについて、裁判所は一審二審も「著作権侵害ではない」と判断したのです。

――「祇園祭ポスター事件」と、「廃墟写真事件」のちがいとは......?

照井:難しい話なんですけどね。建物は、特定の場所に存在し続けますよね? その写真を撮ることによって、最初に撮った人に写真の著作権が発生するとなると、もう建物写真自体が撮れなくなってしまうではないかという話なんです。その後、別の人が撮っても、同じような写真になる可能性が高い。最初に廃墟を探し出して撮影したという苦労に関しては、裁判所は基本的に法的問題として捉えません。建物を撮っただけで著作権侵害になってしまったら、誰も建物の写真を撮れなくなってしまう。裁判所はそうした考慮をふまえ、侵害じゃないと判決を下しているんです。「祇園祭ポスター事件」の方は、写真から水彩画にしているので、廃墟写真よりもさらに創作性が入っているはずです。つまり、完全なコピーではない。ですが、裁判所がそれを著作権侵害と判断しました。ただ、祇園祭ポスター事件があるから、現状「トレース自体がダメなのでは」という風潮になりがちですが、私はそれは誤りだと思います。例えば何かの外枠やシルエットなど、それだけをもってして著作権侵害だと言われたら、もう何も創作できなくなってしまいますよね。だから、くり返しますが「ディテールまで同じかどうか」が著作権侵害のひとつのポイントだと思います。祇園祭ポスター事件は細部までが同じだと認定されていますからね。以前に聞いた話では、世界的にも有名なあるアニメーション監督は、生物の図鑑などを見たら、とにかくそれを凝視して、本を閉じてから自分の作業スペースに戻り、絵を描くのだとか。本を横に置いておいて描くと、ただのコピーになってしまう。だから、頭に焼き付けてから描くわけです。そこにその人なりの創造性やテイストが加味される。

――テイストや創造性が加味されていれば、トレースとは判断されない場合もあるんですね。

照井:問題になるとすれば、見たものをそのまま使ってしまうことですね。これはインターネットがインフラ化したためだと思うのですが......現在ではインターネット上でアクセスした作品や写真をそのまま流用したり、作り直したりしやすくなってしまっていますよね。そういうコピー&ペーストなどの危険性をしっかり認識した上で、自分ならではの要素を加味することによって法的なリスクも回避できるし、自分なりの表現も追求できる。なので、クリエイターが目指すべき著作権侵害回避法はまずそこ――自分なりのテイストの追求だと思います。

■倫理と法律がカバーする範疇

まず、いわゆる世間一般に"パクり"と言われて叩かれるような表現は、実は日本の著作権法では「著作権侵害」にはあたらないかもしれない。こう言うとビックリするだろうか? 権利侵害にはいくつかの要件があり、定められた要件を満たさなければ、一般的にはいわゆる"著作権侵害"とは認められない。では、"パクり"は何が問題なのか? これはあくまで倫理的な問題だと考える。自分の作品を勝手に改変されたり、望まぬかたちでパロディにされたり......それらのトラブルはあくまで"倫理的に問題のある行為"として認識されるべきことがらなのを、理解しておこう

■翻案と依拠(アクセス)について

著作権(財産権)は、11の権利から構成される。そのうちのひとつが「翻案権」というもの。翻案(ほんあん)とは、例えば有名な古典劇を現代劇としてリメイクするといった具合に、原作のストーリー等の本質は変えずに、新しい作品に仕上げることなどを意味する。翻案であるかは左表のプロセスに従って判断される。そして、左表中の「本質的特徴」については、右表のチェックリストに基づき判断が下される傾向にある

次ページ:
VRなど未成熟な領域こそ、契約書が欠かせない

特集