>   >  デジタルを駆使したハイクオリティなフィギュア制作『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』レン
デジタルを駆使したハイクオリティなフィギュア制作『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』レン

デジタルを駆使したハイクオリティなフィギュア制作『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』レン

今年4月から放送されたTVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』の主人公プレイヤー「レン」が、決定版フィギュアとして登場する。企画から徹底的な造形のこだわりなど、制作秘話を聞いた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 245(2019年1月号)からの転載となります。

TEXT_永岡 聡lunaworks
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

© 2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/GGO Project

社の垣根を越えた座組で名場面を余すところなく立体化

人気小説『ソードアート・オンライン』シリーズのスピンオフ作品が原作となるTVアニメ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』。その原作1巻&アニメ第1話の名場面が立体化する。本フィギュアは、アニプレックスの土屋暢一プロデューサーを筆頭に、アクアマリンの佐藤文和ディレクターと鍋田洋子スーパーバイザーが顔を揃え、キャラクターはWonderful Works榊 馨氏が、愛銃のP90は小林康之氏が原型を担当し、企画段階から社を超えた共同開発という座組で制作された。

  • 左から、原型師・榊 馨氏(Wonderful Works 代表取締役)、プロデューサー・土屋暢一氏(アニプレックス MD企画部)、佐藤文和氏(アクアマリン 副社長)、鍋田洋子氏(アクアマリン 代表取締役)。写真なし、P90原型制作・小林康之氏
    www.aniplex.co.jp
    aq-marine.jp
    wonderfulworks.co.jp

企画はTVアニメ放送直前の今年3月末より、原型制作は5月より開始し、約2ヶ月半の制作期間を経て、ワンダーフェスティバル2018[夏]にて原型が展示された。ハーネスベルトや腰に装備する6本の予備マガジン、そしてP90など、小柄なボディにギュっと詰まった圧倒的なボリューム感に加え、パーツごとの隙間に垣間見る衣服のシワひとつひとつの微妙な動きなど、細部の造形に徹底的にこだわり、リアリティと躍動感を余すところなく再現した見どころの多い作品に仕上がっている。

企画経緯について「以前アクアマリンさんが『ソードアート・オンライン』のシノンをつくられていたことで面識があり、お話しさせていただく中で共同開発というかたちで一緒につくりましょう、とお声がけしました。そして"レン"というキャラクターに合った原型師さんで、デジタルで速く進行できる座組を考えて榊さんを、"P90"はカッチリした工業製品なので、CADで分業ができるように小林さんを紹介していただいています。皆さんの手元に商品が届いたときに、原作ファンもアニメファンも知っているこのシーンを思い出せるよう、これぞ決定版というフィギュアを作成しました」(土屋氏)。「各方面のスペシャリストが集まって、各々の強みを活かすことで出来上がった達成感があります。ぜひ直接商品を見ていただきたいですね」と鍋田氏も自信を覗かせる。

  • 『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』
    レン -Sudden Attack- 1/7スケールフィギュア
    「全員!スーツケースを撃てっ!」

    原作1巻・アニメ第1話に登場するワンシーンの立体化!
    2019年7月発売予定/予約受付期間:2018年12月15日(土)24:00まで/価格:18,800円
    www.aniplexplus.com/itemZLzykFJH

Topic 01
「これぞ"レン"」を実現すべくたどり着いたポージング

企画から原型制作までデジタルガジェットの活用

企画段階では、どのようなシーンを想定して商品化するのか、鍋田氏から提案がなされた。「すでにいくつかレンの原型が発表されていて、後発として"これぞレン"という商品を、アニメでも原作でも引きのあるシーンで立体化したいというねらいがあり、小さい体を活かしてスーツケースから飛び出して敵を奇襲する、躍動感のあるシーンを提案しました」(鍋田氏)。「実現するには金額的にもボリューミーになるなと感じましたが、決定版を出すならやりきった方が良いと判断し、このポーズに決定しました」と土屋氏。

ポーズの検討では、3D空間で人体モデルを触ることができる「デザインドール」を初めて導入している。「企画の段階では簡単にポーズを見られることが求められました。こういうポーズをしたいというものを、どうやったら手軽に情報伝達できるか模索していたところ、たどり着いたのがデザインドールです。立体の知識はある程度必要ですが、絵が描けなくてもポーズを考えて伝えることができました」(佐藤氏)。そうしてデザインドールのキャプチャ画面やデータを共有し、商品の方向性を決定していく。ポーズが決まると、榊氏にポーズのイメージが伝えられ、原型制作がスタートする。

榊氏が使用するツールはZBrushだ。デザインドールのイメージを参考に、ZBrushのマネキンを利用してポーズをとらせ、素体の制作に入る。途中のチェックでは、榊氏がモバイルPCを会議室に持ち込み、ポーズや各パーツの形状などの確認と調整を、その場でリアルタイムに行なっていく方法を採った。レンは小さい体の上、腹部回りのパーツが非常に多いため、体の向きやヒネリ、めり込みのない腕の角度など、様々な検討要素が絡んでくる。「装飾として付くポーチなどは服に食い込ませて削ることはできないので、どう逃がすか、その場でリアルタイムに確認できたのは良かったですね」(土屋氏)。「これだけ大人数で、会社の枠を超えたプロジェクトチームの座組の中で、情報などをリアルタイムに共有できたことは、デジタルの大きなメリットでした」と鍋田氏はふり返る。

デザインドールを用いたポーズ案

「安価で使いやすく、簡易的にポージングができ、はじめから三社でCGのイメージを共有できて良かったです」(佐藤氏)。「実際の可動フィギュアでは、可動域に限界があったり、後で形が崩れたりします。その点、このようなツールは今後も必要性があると感じました」(土屋氏)

初期のポーズ案

最終的なポーズ案。頭身も自由に変更でき、直感的に構図を生み出すことができる

棒人形からの制作のながれ

【A】デザインドールのイメージを参考にZBrushのマネキンを使用して制作を開始する/【B】~【F】素体やトランクなどの背景を配置したところから、服や各装備などが肉付けされていくながれ/【G】作業ボリュームと期間を考え、本作では、分担1(色なし):キャラクター、分担2(赤):トランク・ベース、分担3(緑):マガジンホルダー・肘当て・膝当てほか小物、というように、榊氏を中心にWonderful Works社内で作業が分担された。なお、分担4(青):P90はCADを用いて小林氏が別班で担当している。「マネキンを使ってポーズをつくり、素体制作に入りました。普段はゼロからつくりますが、今回はパーツが多く、時間を考慮し て過去につくった素体を流用しています。作業は社内で分担し、複数人でなるべく早く進行できる体制にしました」(榊氏)

次ページ:
Topic 02 決定版フィギュアを目指した徹底的なこだわり

特集