>   >  デジタル作画における、タイムシートのデジタル化を巡る各社の取り組みとは〜ACTF 2019レポート(1)
デジタル作画における、タイムシートのデジタル化を巡る各社の取り組みとは〜ACTF 2019レポート(1)

デジタル作画における、タイムシートのデジタル化を巡る各社の取り組みとは〜ACTF 2019レポート(1)

アニメーション分野におけるデジタル制作技術についての情報提供・獲得の機会として、文化庁、一般社団法人 日本アニメーター・演出協会(JAniCA)、ACTF事務局が主催する「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2019」が、2月2日(土)に東京・練馬区立石神井公園区民交流センターで開催された。第5回の開催となる今回も、制作プロダクションによる講演やメーカーによる制作ソフトの技法セミナー、展示などが執り行われ、多くのアニメーション関係者が参加した。今回は、前後編に分けてその模様をレポートする。

TEXT&PHOTO_草皆健太郎 / Kentaro Kusakai
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

<1>「デジタルタイムシートの説明と運用」
by 東映アニメーション

メインセッションのひとつめは東映アニメーションによる「デジタルタイムシートの説明と運用」。東映アニメーション デジタル部の橋本 拓氏(開発プログラマー)、今村幸也氏(テクノロジー開発推進室長)、高橋裕哉氏(演出)が登壇し、同社が独自に開発・運用している「デジタルタイムシート」の運用方法と効果、今後の展望が語られた。

写真左から 橋本 拓氏(開発プログラマー)、今村幸也氏(テクノロジー開発推進室長)、高橋裕哉氏(演出) 以上、東映アニメーション

東映アニメーション デジタル映像部では、2015年の『正解するカド』社内向けPVを皮切りに、TVアニメ『正解するカド』、TVアニメ『おしりたんてい』の2シリーズでフルデジタルによる作画フローを導入しており、昨年公開の映画『HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』にも一部の作画工程に協力している。

同社のデジタル作画フローにおいては、作画にはCLIP STUDIO PAINT、タイムシートの管理には自社開発の「デジタルタイムシート」「Draw Data Manager」というツールが使用されている。

作画に関しては、ツール自体がアナログに寄り添って開発されているため、操作感に慣れさえすればそれほど問題はないが、タイムシートや作画監督による修正などの情報の統制は、従来の紙での管理ではなかなか効率化が難しい。このデジタルタイムシートは従来の紙のタイムシートを踏襲しつつデジタル化し、またCLIP STUDIO PAINTと連携してタイミングやカメラ指示をCLIP STUDIOのタイムライン上に読み込むことができるという。現在放映中の『おしりたんてい』を例に、その使用法が紹介された。



  • © トロル・ポプラ社/おしりたんてい製作委員会

また、Draw Data Managerは各カットの進捗・バージョン管理、データのバックアップ管理を担うツール。これを使って、ラフ原画を一度ムービーに書き出して演出チェックを行い、その修正指示をデジタルタイムシートとムービーで戻すことができるシステムが構築されている。こういったしくみをあらかじめ用意しておくことで、原画担当者は原画作業に集中でき、演出もまた演出に集中できる。人的ミスも減らせることから、より制作の効率は向上するというわけだ。



  • © トロル・ポプラ社/おしりたんてい製作委員会

なお、このデジタルタイムシートは、裏面に枚数や演出欄など、普通のタイムシートの記述ができるようになっていて、プリントアウトすれば通常の紙のタイムシートと同じ運用が可能。これにより、紙での進行に慣れている演出家であっても情報をスムーズに共有できる。現状ではやはり従来の制作体制の方がまだまだ根強いため、いくらデジタルツールが効率的といえども、完全に新しくしてしまうより、こうしてアナログにも落とし込めるようにしておくことは重要だという。

この「デジタルタイムシート」は、現在CLIP STUDIO PAINTの公式サイトで無償配布されている。CLIP STUDIOとのやりとりに使用されるタイムシート情報ファイルは.xdtsという形式になっており、これを今後業界での標準フォーマットとするべく開発を行なっているとのこと。開発者自身もアニメの制作者ゆえになかなかスピーディにアップデートできるわけではないが、開発を続けることによってデジタルによる恩恵を業界全体で享受し、前進していこう、という気概が感じられた。

次ページ:
<2>「新時代のアニメ統合環境プラットフォームについて」
by アーチ&横浜アニメーションラボ

特集