>   >  VRエンタメは今どこまで可能なのか? USJが自信をもつ「XRライド」とディズニー出資企業による最先端MRアトラクションの舞台裏
VRエンタメは今どこまで可能なのか? USJが自信をもつ「XRライド」とディズニー出資企業による最先端MRアトラクションの舞台裏

VRエンタメは今どこまで可能なのか? USJが自信をもつ「XRライド」とディズニー出資企業による最先端MRアトラクションの舞台裏

4月3日(水)から5日(金)まで東京ビッグサイトで開催された「コンテンツ東京 2019」。セミナープログラムでは、エンターテインメント分野においてVRがどのように活用されているかを紹介する「エンタメ×VRの最新活用事例」が実施された。講演では、「XRライド」を展開するユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)と、ディズニーが出資し『Corridor』などのMRアトラクション事業を推進するティフォンより、VRエンターテインメントの最先端が語られた。

●関連記事
MRシューターから3Dクリエイター向け裸眼立体視ディスプレイまで。「VR・MR・ARワールド」の最新技術展示をレポート

TEXT&PHOTO_安田俊亮 / Shunsuke Yasuda
EDIT_小村仁美(CGWORLD)、山田桃子

USJがこだわるクオリティ、スケール、企画の差別化

最初の講演で登壇したのは、ユー・エス・ジェイ マーケティング部ブランド・マーケティング課長の御園ジェリー研策氏。御園氏は、まずUSJの簡単な経緯から語っていった。

御園ジェリー研策氏(ユー・エス・ジェイ マーケティング部ブランド・マーケティング課長)

2001年3月にオープンしたUSJは、開園当初は勢いがあったものの、2002年以降は厳しい状況が続いていた。そこでUSJでは方針を転換。ターゲット層を「若い女性、あるいは家族連れの母親」と明確に打ち出し、2012年以降はファミリー向けイベントや新型コースターを導入し、徐々に来場者を増やしていった。

完全な転換点となったのは2014年の「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」エリアのオープン。このエリアが登場したことにより、関西以外からの来場者が一気に増え、大きな成長に繋がった。

【ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター5周年™『大魔法祭、開幕』】

USJが2011年以降打ち出しているブランドメッセージは「世界最高を、お届けしたい」。ここでの「世界最高」とは、「ありえないスケールとクオリティに巻き込まれて、あらゆる感情便益が刺激され、活性化され、自分の殻を破ってくれるワクワク・ドキドキ体験」のことだとした。

その実現のために必要な要素として、御園氏は「クオリティ」「スケール」「企画(アイデア)の差別化」を挙げた。特に「クオリティ」と「スケール」は「非日常を体験する」という点で特に大事。「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」についても2017年に登場した「ミニオンパーク」についても、街や村はリアルさやディテールにこだわり、さらに規模にもこだわっている。クオリティとスケールの両方が組み合わさることで、他の場所では味わえないような体験を生み出している。

一方で「企画(アイデア)の差別化」は、常にパーク内外で新しい体験を生み出すための方針だ。来場者は関西圏のリピーターが多いため、再来場を促したり、次に来るまでの周期を短くするようなしかけが大切になる。数年に1回登場するような大型アトラクションとは別の軸で、来場者の想像や期待値をいかに超えられるかが勝負なのだとした。

では具体的にどう差別化しているかというと、「新規コンテンツ&イベントの導入」「新規体験フォーマットの導入」の2点が戦略としてある。

「新規コンテンツ&イベントの導入」は、毎年開催されている「ユニバーサル・クールジャパン」に代表されるような、映画やコミックの世界をリアルに再現し、その世界に入り込んで体感できるものを指す。

「新規体験フォーマットの導入」ではコンテンツを変えるのではなく、体験方法を変えることで体験全体の新しさを打ち出していこうという考え。例えば、「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」を世界に先駆けて4K、3D化したことで、以前の体験者にも新たにアピールしている。

【ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー™ 完全版】

VR技術をUSJらしく打ち出す

そしてその最たる例がXRライドだ。XRライドは、搭乗者がVRヘッドセットを装着して楽しむライドアトラクション。ローラーコースターのスピード感や落下する感覚と、VR体験が一体となるUSJならではのアトラクションだ。

【ユニバーサル・クールジャパン 2019】ルパン三世カーチェイス XRライド

XRライドは、パーク内にある既存施設を活かすコスト意識と、「VR技術をUSJらしく打ち出すには」という思いが結びついて生まれた。VR体験にライドアトラクションならではの疾走感と重力が加わることで、USJらしい「世界最高の体験」ができるというねらいだ。しかもXRライドなら、映像側のコンテンツを切り替えることで、新施設をつくらないまま新たな体験が生み出せる。

ねらいは決まったが、実際にはライドの動きと映像、音を合わせる作業に非常に苦労したという。ライドの動きは、搭乗者の体重の変化でも変わるくらい微妙なもので、毎回同じとは限らない。ライドの動きとVRの映像が少しでもずれれば、いわゆるVR酔いがすぐにやってくる。

またアトラクションの性質上VRデバイスは独立させる必要があるため、スペック上の制限もある。デバイスの処理能力とクオリティのバランスも常にせめぎ合いだそうだ。

これらの詳細な解決法は「機密事項」だそうだが、映像上の工夫としては、酔いを防ぐためにライドが進む方向をある程度示したり、画面のどこかに動かないものを置いて目の逃げ場を必ず置いたり、大きな出来事は正面で起こるように設計したりしている。4年以上実施してきたことでノウハウはかなり溜まっており、年々より良いものができている自負があるとした。

御園氏は「XRライドはUSJのブランド価値を上げるようなアトラクションになっている」とし、今後もVR技術を導入したアトラクション開発を継続し、「数年以内に新しい体験を提供したい」と話した。さらに2020年にオープン予定の新エリア「スーパーニンテンドーワールド」にも力を入れており、「最新技術を使った体験を展開していく」と述べた。

【SUPER NINTENDO WORLD™】エリア イメージ動画

次ページ:
「ホーンテッドマンション」に魅せられた少年

特集