>   >  ハードウェアメーカー発の無料レンダラ、AMD Radeon ProRenderを徹底検証>>No.2 アドバンス編
ハードウェアメーカー発の無料レンダラ、AMD Radeon ProRenderを徹底検証>>No.2 アドバンス編

ハードウェアメーカー発の無料レンダラ、AMD Radeon ProRenderを徹底検証>>No.2 アドバンス編

前回のベーシック編に続き、AMDがリリースしたRadeon ProRenderの最新の真価を、コロッサス Rスタジオの澤田友明氏(レンダリングスペシャリスト)に徹底検証してもらった。アドバンス編と題した今回は、Arnoldレンダラとの互換性や性能差、大規模レンダリングには欠かせないクラウドレンダリングの使い勝手、さらにはPixar Animation Studios(以下、Pixar)のUSDビューワとの親和性など、より広範囲かつ大規模な運用の可能性について探っていく。

TEXT_澤田友明 / Tomoaki Sawada(コロッサス Rスタジオ)
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲左から、シニアソフトウェアエンジニア・池田 翔氏、マネージャー・森本竜英氏(以上、日本AMD)、レンダリングスペシャリスト・澤田友明氏(コロッサス Rスタジオ)

他レンダラとの互換性や性能差はいかほどか?

別のプロダクションと連携してDCCツールを使用するとき、一番困るのが「異なるレンダラを使用している」という問題だ。特にMental Rayが開発中止になった頃は、乱立するレンダラの中でどれを選択すればよいのか、混乱がみられた。しかし現在は、Autodeskに買収されたArnoldを使用するプロダクションが増加傾向にあり、CGを学ぶ学生は最初からArnoldでレンダリングを勉強しているため、Arnoldがレンダラのデファクトスタンダードになっていくことは間違いないだろう。ならば、Radeon ProRenderはArnoldとどれだけ互換性があるのか、レンダリング速度や画質を比較したときにどのような差が現れるのか、気になるところだ。

・自動シーンコンバート
Radeon ProRenderには、ほかのレンダラからマテリアルやライトを含めたシーンファイルをコンバートする機能が備わっている。Radeon ProRenderのメニューには、V-Ray、Arnold、Redshiftからコンバートできるコマンドがある。

▲【左】コマンドを選択すると、【右】シーンのコンバートに必要な時間が表示される。想像するよりかなり速く、ほぼ一瞬で処理されるため、変換されたことに気付かない場合もあった。しかしアウトライナーやハイパーシェードをみると、確かに変換されていた

ArnoldとRadeon ProRenderの互換性を検証

・シェーダ
ArnoldのStandard Surfaceシェーダのプリセットを上から順番にモデルに割り当て、Arnoldのクアッドライト1灯で上から照らしたシーンを自動コンバートしてみた。

▲Arnoldでレンダリングした画像 No.01


▲No.01のシーンをRadeon ProRenderにコンバートしてレンダリングした画像


▲Arnoldでレンダリングした画像 No.02


▲No.02のシーンをRadeon ProRenderにコンバートしてレンダリングした画像


▲Arnoldでレンダリングした画像 No.03


▲No.03のシーンをRadeon ProRenderにコンバートしてレンダリングした画像


▲Arnoldでレンダリングした画像 No.04


▲No.04のシーンをRadeon ProRenderにコンバートしてレンダリングした画像


▲Arnoldでレンダリングした画像 No.05


▲No.05のシーンをRadeon ProRenderにコンバートしてレンダリングした画像


いかがだろうか。マテリアルに関しては、まったく同じ質感とはいえないものの、そこそこ良い感じにコンバートしていることがわかる。強いて挙げるとすれば、No.03の左端のTransmission Scatterや、No.05の左端のSSSカラー、右端のTransmission Roughnessなどのパラメータのコンバートが、もう少し上手くなればと思う。ライトに関しても強さは問題ないが、照射範囲は少し広がってしまっている。また、カメラの被写界深度は再現されていない。そういったところに差異はみられるが、個々のパラメータを微調整すれば、ほぼ近づけることはできるだろう。

次ページ:
テクスチャマップとGIの互換性を検証

特集