>   >  日本のCGプロダクションの制作環境の現状をあきらかにする「CGプロダクション制作環境一斉調査2019」
日本のCGプロダクションの制作環境の現状をあきらかにする「CGプロダクション制作環境一斉調査2019」

日本のCGプロダクションの制作環境の現状をあきらかにする「CGプロダクション制作環境一斉調査2019」

[PR]

国内の主要CGプロダクションでは、どのような価格帯で、どのようなスペックのPCが使用されているのか。誰もが気になるこのテーマについて、本誌ではマウスコンピューターの協力の下、年に1度の一斉調査を実施中だ。

3回目の開催となる今年度は、「CGプロダクション年鑑 2019」掲載企業に一斉アンケートを行い、その結果を昨年度のものと比較・検証した。以下、自社の制作環境と比較してみてほしい。

TEXT_小野憲史

アンケート実施概要
調査対象:「CGプロダクション年鑑 2019」掲載企業
調査期間:2019年6月19日(水)~7月4日(木)
調査方法:Webアンケート
回答社数:122社

業界動向を如実に反映するCGスタジオのPC構成

「日本のCG制作環境をつまびらかにする」ことを目的に、マウスコンピューターの協力で、年に1度の一斉調査を行う本企画。今年度は「CGプロダクション年鑑 2019」掲載企業にWebアンケートを行い、122社の回答を得た。昨年度の105社から回答数は116%増加しており、より精度の高い結果が得られたと言えそうだ。

その結果、大きな変化が見られたのが「CPUへの関心度の上昇」だ。Core i9シリーズの普及に伴い、ワークステーションからコンシューマPCへと制作環境がシフトしてきたのだ。また、GPUではGeForce RTXシリーズの普及が本格的に始まり、シェアが激変する結果に。4K/8K案件の増加に伴いメモリへの関心度も高まるなど、わずか1年で大きな変化が見られる。今後もPCの構成は業界の変化を如実に反映していくだろう。

【参考】「CGプロダクション年鑑 2019」掲載企業全体(全338社)の業務ジャンル

映画・アニメ・ゲームなどの主要ジャンルと同じくらい、「その他」の回答がめだった。CGには一括りにくくれない、多種多様な業務があるということだ。裏を返せば、それだけCGが様々な業界に浸透していることがわかる。また、VRジャンルが30%と急速に伸びている点にも注目したい。

【参考】「CGプロダクション年鑑 2019」掲載企業全体の従業員規模

30名以下の企業が過半数を占め、その中でも10名以下の企業が25%を占める一方で、100名以上の企業も16%存在するなど、多様性に富んでいることがわかる。個人クリエイターから大規模スタジオまで、様々な企業が様々なスタイルで業務を行なっているさまが透けて見える。


Q1:現在、最も多く使用しているPCについてお聞きします。価格帯(税込)は?

全体的な傾向としては昨年度と大きな変化はない。しかし、その中でも50万円以上の高価格帯PCが合計で11%から6%に減少した一方で、20万円以上30万円未満のボリュームゾーンが34%から40%に増加するなど、デフレ気味の傾向が見られる。ワークステーションからコンシューマPCへの移行が進んでいる印象だ。


Q2:購入時に、重視した構成部品は?

■最も重視

PC購入時に重視するパーツについて、昨年度は「CPU派」「GPU派」「メモリ派」が並び立っていたが、今年は大きな変化が見られた。まず最も重視したパーツでは、CPUに重視派が37%から48%に一気に増加した。これにはCore i9シリーズの普及でXeonからの乗り換え組が増加したのではないかと推察される。

■二番目に重視

2番目に重視したパーツでも、メモリが22%から47%に急上昇しており、4K/8Kといった大容量案件が増加したことが背景にありそうだ。

■三番目に重視

最後に3番目に重視したパーツでは、GPUが27%から32%に増加し、メモリを逆転しているものの、様々なパーツに分散する傾向は変わらず、昨年度と大きなちがいはない。業界内外のトレンドの変化に、CGスタジオの設備投資が敏感に影響を受けた結果だと言えそうだ。

「CPUの優先度がここまで重視されるとは予想できませんでした。CPUは斬新的に性能が向上していくものなので、Core i9シリーズが発売されたといっても、そこまで影響はないだろうと思っていたのです。理由として考えられるのは、GeForce RTXシリーズの登場ではないでしょうか。レイトレーシング案件に対応するため、XeonからCore i9シリーズにCPUを切り替え、差額分をGPUやメモリに投資した企業も多かったのではないかと思います」(マウスコンピューター マーケティング本部製品部 林田奈美氏)。


Q3:CPUは?

XeonとCore i7シリーズのシェアが数ポイントずつ低下し、Core i9シリーズのシェアが6%から14%に急上昇した。自由投稿欄のコメントから、クロック数が高くコア数も多い特性を活かして、ゼネラリストを中心とする企業で特に需要が高いように見受けられた。


Q4:メモリは?

ボリュームゾーンが32GBであることに変わりはないが、64GBのシェアが16%から24%と増加した。4K/8Kの高解像度案件の増加や、Houdiniなどの3Dシミュレーション系ツールの浸透、複数アプリケーションを同時起動しての作業の増加などが背景にありそうだ。


Q5:ストレージ(システムドライブ)の種類は?

全体的な傾向は昨年度と変わらないが、HDDとNVMe SSDが共に数ポイントずつシェアを落とした一方で、SATA SSDが増加した。SATA SSDからNVMe SSDに変更するだけでアクセス速度やRead/Write速度が4倍程度向上するなど、ストレージの性能は全体の性能向上で重要な要素を占める。今後もHDDからの置き換えが進みそうだ。


Q6:上記ストレージの容量は?

512GBと1TBが二分する構造は変わらないが、256GB、1TB、2TBが数ポイントずつ減少する一方で、512GBのシェアが増加している。SATA SSDの値頃感を受けてのことだと考えられる。


Q7:GPUは?

新たにGeForce RTXシリーズが加わり、種類が増したGPUのシェア。これに伴い昨年度は44%対55%だったGeForceとQuadroの比率が、今年は65%対32%と大きく変化した。一方でQuadro RTXシリーズは発売されて間もないため、調査には反映されなかった。このシェアが来年度どのように変化するか注目したい。

総括

業界の動向を反映する鏡ともいえるPCのパーツ構成。今回の調査で浮かび上がってきたのが、「レイトレーシングなど新しい技術に対応するため、Core i9シリーズとGeForce RTXシリーズの組み合わせでPCを新調した」というユーザーシナリオだ。一方で今後は、より大きいビデオメモリが搭載可能なQuadro RTXシリーズのシェア拡大も予想される。いずれにせよデータの大容量化が進み、よりハイスペックなPCが求められていく一方で、PC1台あたりのコスト感に大きな変化が見られないのが現状だ。用途に合わせて最適な構成が選べるBTOマシンの注目度がさらに高まっていくのは確実だろう。

次ページ:
なぜマウスコンピューター製品が選ばれるのか?

特集