>   >  今春デビュー予定のバーチャルYouTuber「無頼星(ブラスター)れんこ」
今春デビュー予定のバーチャルYouTuber「無頼星(ブラスター)れんこ」

今春デビュー予定のバーチャルYouTuber「無頼星(ブラスター)れんこ」

本誌企画にも幾度となく登場しているComposition。今回は同社が生み出したバーチャルYouTuber「無頼星れんこ」(ブラスターれんこ)を特別に先行公開する。手がけたのは"加速式ミク"などでも知られる映像作家、アニメーション監督の加速サトウ氏だ。デザインからモデリングまで、そのこだわりを聞いた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 257(2020年1月号)からの転載となります。

TEXT_峯沢★琢也
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada(CGWORLD)
©Composition Inc.

自社クリエイターの実力を活かしてオリジナルプロジェクトに挑戦!

今回紹介する「無頼星れんこ」(ブラスターれんこ)はCompositionのオリジナルプロジェクトで、今春のデビューへ向けて準備が進められているバーチャルYouTuberだ。構想自体は代表の安井治次郎氏が数年間、温めていた企画ではあるが、本格始動したのは2019年5月。そこから加速サトウ氏が累積で2ヶ月弱をかけて、デザインからモデリングを進めてきた。長年映像業界で活躍し、実写からCG、VRまで広がっていくデジタルコンテンツ業界を見てきた安井氏。YouTubeもオンデマンド映像もクオリティが上がってきている中、プラットフォームも出尽くしてきた時代に、今までと同じことをしているだけでは価値もモチベーションもなかなか上がらない局面がくる。そんな予測から本来のCGや映像のワクワク感を自分たちで生み出そうと発案した企画だという。キャラクターのデザインと制作を指名された加速氏も「はじめに聞いたときにはイメージが思いつかず不安もあったのですが、自分で考えたキャラクターが好きに展開できるのは楽しみでもありました」とふり返る。

「私自身が映像業界で長いこと動いていて、近いうちにこういうバーチャルYouTuberが活躍する世界が絶対にくるとは思っていました。その中でやはり自分たちの看板になるようなオリジナル作品で何かを生み出したいと、みんなに提案したんです。もともとCompositionは映像が好きなスタッフが揃っているし、システムも構築できる。だったら新しいことにチャレンジしようと。スタッフのワクワク感やモチベーションも上がりますし、その自由な発想の中でCompositionのクリエイターがつくった未来を見てみたいよね、となったんです」と安井氏。今回はキャラクターづくりを中心に、期待の新人バーチャルYouTuber、無頼星れんこについて解説したい。

001 アーケードゲームモチーフのキャラクターデザイン

かわいらしさの中にギミックが光るキャラクターデザイン

安井氏からのコンセプトの相談を受けてデザインを練り始めた加速氏。お題は「アーケードゲームをモチーフにしたバーチャルYouTuber」で、それ以外の部分に関しては基本的に加速氏のセンスに委ねられている。「今回はオリジナル作品とのことで、白っぽい髪とか、お団子が乗っているヘアスタイルとか、自身の好みも盛り込んでみました(笑)」と照れる加速氏だったが、そのデザインの根底には論理的な思考とねらいが的確に反映されている。バーチャルYouTuberとして身体の動きやすさを考慮し、手足が長くなりすぎないシルエットを採用。さらに、小動物的なかわいらしさを出すために頭身は低めにしつつも、女性的で曲線的なシルエットを生み出すために若干肉感を追加してメリハリを出している。また、ディスカッションの中から生まれたアイデアを細かなギミックとして散りばめており、頭部の赤いかんざしはゲーム筐体のレバー風、キーカラーのピンクとシアンはゲーム1Pと2Pキャラクターのイメージ、と細かいところにもアーケードゲームを意識させるこだわりのデザインに仕上げている

加速氏によるデザイン画

完成した無頼星れんこのモデル

Cinema 4Dによるモデリング

モデリングは全てCinema 4Dを使用して作成。特にマグネットツールが加速氏の愛用ツールである。ポリゴンのながれを、シルエットを見ながら微調整するといったような、意図通りの変形ができる部分が利点になっており、「造形では必須の機能」とのことだ。マグネットツールとはその名の通り、磁石でメッシュを押したり引いたり、影響範囲をグラデーションさせながら粘土をこねるようにメッシュを変形させられるツールである。特に顔の造形などでは数ミリ単位のポリゴンのながれが見た目の印象を大幅に変えてしまうので、思い通りのモデルに仕上げるのに必須とのことだ。ちなみにバーチャルYouTuberとして、リアルタイムで動かす予定のモデルなので、ポリゴン数は18,000程度。おおまかには2万ポリゴンは超えない範囲で調整を加えているという。比較的ローポリゴンでも見映えが良くなるように、加速氏のこれまでに貯めてきた技やセンスをフルに活かしてモデルがつくられている

次ページ:
002 よりかわいらしく見せるためのディテール

特集