>   >  MV『SOUND & FURY』No.3/実写・作画・3D素材を駆使した森本晃司監督の新たな挑戦
MV『SOUND & FURY』No.3/実写・作画・3D素材を駆使した森本晃司監督の新たな挑戦

MV『SOUND & FURY』No.3/実写・作画・3D素材を駆使した森本晃司監督の新たな挑戦

『SOUND & FURY』は、前作でグラミー賞を受賞したスタージル・シンプソン氏の最新作だ。本作発売後、同氏はBANDSINTOWN+BILLBOARD GLOBAL TOP ARTIST INDEX 1位となった。収録作の全10曲に合わせたMVも制作され、Netflixで全世界配信されている。本特集では、多彩なアーティストによるMV制作の舞台裏を全4回に分けて紹介していく。No.3では、森本晃司監督が手がけたMV『Mercury In Retrograde』にスポットを当てる。

MV『SOUND & FURY』No.1 /20代ディレクターとベテランの競演で神風動画カラーを大放出
MV『SOUND & FURY』No.2/バラエティ豊かなカラーを引き出す神風動画の制作体制
MV『SOUND & FURY』No.4 /松本 勝監督が旧知のスタッフと共にディストピア世界を表現

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 258(2020年2月号)掲載の「スタージル・シンプソンの世界観を日本のアニメーション監督が表現 MV『SOUND & FURY』(後篇)」に加筆したものです。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲2019年8月に公開された、MV『SOUND & FURY』のトレーラー第2段


▲左から、プロデューサー・坂本雅司(グリオグルーヴ)、ディレクター/アートディレクター・森本晃司、VFXアーティスト・高橋良幸(NEWPOT PICTURES)、プロダクションマネージャー・濱本七緒(グリオグルーヴ)、コスチュームデザイナー・西村英哲、VFXスーパーバイザー・藤原源人(NEWPOT PICTURES)、コンポジター・平林真央(グリオグルーヴ)、コンポジター・戸田貴之(グリオグルーヴ)

「セル調のアニメではなく、実写素材を使った映像制作に挑戦したい」

企画段階から、シンプソン氏は全10曲のMVを『アニマトリックス』(2003)のようなオムニバス作品にしたいと構想しており、MVのプロダクション・エグゼクティブを務めた竹内宏彰氏を介して、森本監督に制作が打診された。『アニマトリックス』の『Beyond』を手がけた森本監督へのオファーはシンプソン氏のたっての希望だったが、森本監督は「手慣れたセル調のアニメーションではなく、実写素材を使った映像制作に挑戦したい」と提案した。「森本監督と一緒に、実写素材をベースにしたCGアニメーションをつくりたいという企画は、10年以上前から温めていたんです。なかなか機会に恵まれませんでしたが、ようやく念願が叶いました」と、森本監督と共にMVを制作したプロデューサーの坂本雅司氏(グリオグルーヴ)は語った。

「出来上がりを観ないとわからないからまかせます」

「I got a haircut in Norway(ノルウェーで髪を切った)」という歌詞で始まる『Mercury In Retrograde』のMVでは、髪をモチーフにした多彩な表現が展開される。その発想の起点となったのが、ヘアアーティストの西村英哲氏と、同氏が生み出す人の髪の毛や化繊(化学繊維)の髪の毛を使った編み込み作品だ。「西村さんの作品を初めて観たときから、この素晴らしい作家を世に広めたいと思っていました。彼の技術をもってすれば、服だってつくれてしまう。面倒なしがらみを脱いで、裸一貫になり、髪の毛だけをまとい、それを翼にして飛び立っていく。そんな映像をつくれたら面白いなと思ってシンプソン氏に提案したら『出来上がりを観ないとわからないからまかせます』と言われました。心の広い人で、ラッキーと思いましたね」(森本監督)。

森本監督のファンでもあったシンプソン氏は、前述の提案を受け、全面的にまかせることを決めたようだと坂本氏は補足した。「実のところ、その時点では、われわれはもちろん森本監督もどんな作品になるのかわかっていなかったんですよ(笑)。監督が描いたイメージボードはありましたが、撮影してみないとわからないことが多かった。撮影したものの、使わなかった素材が大量にあったし、作画素材やVFXを合わせる過程でも、どんどん変化していきました」(坂本氏)。撮影は2日間におよび、実写素材の総尺は初日だけでも6時間を超えたというから、使った素材は10%前後だと推測される。一般的なアニメーション制作の場合は、絵コンテの段階で完成形を明示する。しかし「そうじゃないやり方に挑戦したいと、常々思っていました」と森本監督は語った。

▲【左】打ち合わせ風景。机の上には西村氏の編み込み作品が置かれている/【右】撮影現場で最終確認をする西村氏(写真内左)と森本監督(写真内右)


▲撮影現場でコスチュームのフィッティングをする西村氏。本作のために西村氏が作成したコスチュームは5点以上あり、全て化繊の髪の毛の編み込みによって表現されている


▲【上】撮影現場で撮られた実写素材/【下】完成画像。人物の周囲を浮遊するCGの髪の毛が合成されている


▲同じく、【上】撮影現場で撮られた実写素材と【下】完成画像。現場では人物の目元まで映っている映像も撮られたが、本作の世界観から浮いてしまうという理由で不使用となった


▲自作のコスチュームをまとい、撮影に臨む西村氏。本作のクライマックスに登場する髪の毛の翼をまとった人物だけは完全に顔が映っており、西村氏自らが演じている


©2019 High Top Mountain Films, LLC / Elektra Records.

次ページ:
実写、作画、3Dの3要素を馴染ませ独自の作風を確立

特集