>   >  MV『SOUND & FURY』No.2/バラエティ豊かなカラーを引き出す神風動画の制作体制
MV『SOUND & FURY』No.2/バラエティ豊かなカラーを引き出す神風動画の制作体制

MV『SOUND & FURY』No.2/バラエティ豊かなカラーを引き出す神風動画の制作体制

『SOUND & FURY』は、前作でグラミー賞を受賞したスタージル・シンプソン氏の最新作だ。本作発売後、同氏はBANDSINTOWN+BILLBOARD GLOBAL TOP ARTIST INDEX 1位となった。収録作の全10曲に合わせたMVも制作され、Netflixで全世界配信されている。本特集では、多彩なアーティストによるMV制作の舞台裏を全4回に分けて紹介していく。No.1に続き、No.2でも全10曲中5曲のMV制作に関わった神風動画の仕事にスポットを当てる。

MV『SOUND & FURY』No.1/20代ディレクターとベテランの競演で神風動画カラーを大放出
MV『SOUND & FURY』No.3/実写・作画・3D素材を駆使した森本晃司監督の新たな挑戦
MV『SOUND & FURY』No.4 /松本 勝監督が旧知のスタッフと共にディストピア世界を表現

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 257(2020年1月号)掲載の「20代ディレクターとベテランの競演で神風動画カラーを大放出 MV『SOUND & FURY』(前篇)」に加筆したものです。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

アニメーターがアクションに集中でき、メカデザイナーのこだわりも再現できるリグ

CGIディレクターの宇都宮隆文氏は2019年の年明け、アニメーションディレクターの石川剛史氏は同年の4月から本作に参加し、本記事のNo.1で紹介した仲道える沙氏と共に3曲のMV制作を牽引した。両氏もまだ20代だが、宇都宮氏は『ニンジャバットマン』『アイドリッシュセブン』など、石川氏は東映アニメーションのアニメ作品などで確かな実績を残してきた。なお、石川氏はフリーランスとして活動しており、以前にも神風動画の別案件を手伝っている。


  • CGIディレクター・宇都宮隆文氏(神風動画)
  • 本作において、宇都宮氏はセットアップや工程間での円滑なデータ受け渡しの支援などを担当した。「アルバムのタイトルを冠したSOUNDとFURYという2体のメカのセットアップでは、メカ特有のギミックを仕込みつつ、アニメーターにストレスを感じさせないしくみづくりを目指しました」(宇都宮氏)。


SOUNDとFURYは左右非対称の個性的な構造をしているため、メカデザインを手がけた桟敷大祐氏に対し、同氏がイメージする動きを問い合わせ、それを再現できるセットアップも目指したという。宇都宮氏のこだわりが詰まったセットアップは、ギミックの大半が自動化されており、アニメーターはアクション表現に集中できたと石川氏は補足した。「一見しただけでは動きをイメージしづらいメカでしたが、リグを触ると桟敷さんの意図する動きが伝わってきて、すごく助かりました」(石川氏)。

▲LightWaveの作業画面に表示したFURYのリグ。SOUNDとFURYは鏡合わせのデザインになっており、セットアップ構造は基本的に同じ。各所にサスペンションが仕込んであり、動きに応じて自動的に伸縮するようになっている


▲FURYの左膝のリグ。いわゆる二重関節になっているが、膝の短いボーンは上下の長いボーンの動きに自動的に追従するため、一般的な人型のリグと同様の操作感になっている。「肘関節も同じ構造になっており、アニメーターたちが一番喜んでくれたリグでした」(宇都宮氏)


▲FURYの腹部のリグ。背骨に相当するボーンを動かすと、蛇腹構造の腹部が連動して変形し、独特の形状になる。「桟敷さんのこだわりを感じる部分だったので、自動的に変形するしくみにして、セットアップに組み込みました」(宇都宮氏)


▲FURYのアクションカットを制作中の作業画面と、その完成画像


▲SOUNDのアクションカットを制作中の作業画面と、その完成画像


©2019 High Top Mountain Films, LLC / Elektra Records.

次ページ:
アニメーターを不安にさせず、熱量を高めるディレクション

特集