>   >  MV『SOUND & FURY』No.4 /松本 勝監督が旧知のスタッフと共にディストピア世界を表現
MV『SOUND & FURY』No.4 /松本 勝監督が旧知のスタッフと共にディストピア世界を表現

MV『SOUND & FURY』No.4 /松本 勝監督が旧知のスタッフと共にディストピア世界を表現

『SOUND & FURY』は、前作でグラミー賞を受賞したスタージル・シンプソン氏の最新作だ。本作発売後、同氏はBANDSINTOWN+BILLBOARD GLOBAL TOP ARTIST INDEX 1位となった。収録作の全10曲に合わせたMVも制作され、Netflixで全世界配信されている。多彩なアーティストによるMV制作の舞台裏を全4回に分けて紹介していく。No.4では、松本 勝監督が手がけたMV『Ronin』にスポットを当てる。

MV『SOUND & FURY』No.1 /20代ディレクターとベテランの競演で神風動画カラーを大放出
MV『SOUND & FURY』No.2/バラエティ豊かなカラーを引き出す神風動画の制作体制
MV『SOUND & FURY』No.3/実写・作画・3D素材を駆使した森本晃司監督の新たな挑戦

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 258(2020年2月号)掲載の「スタージル・シンプソンの世界観を日本のアニメーション監督が表現 MV『SOUND & FURY』(後篇)」に加筆したものです。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲2019年8月に公開された、MV『SOUND & FURY』のトレーラー第2段


▲左から、VFXアーティスト/モデラー・アンナ デミドワ(CURO)、プロデューサー・大竹秀和(Grayscale Arts/CURO)、モデラー・大内康平(CURO)、モデラー・田山青児、監督/編集/VFX・松本 勝(Grayscale Arts)、VFXアーティスト・町田政彌(スティミュラスイメージ)、モデラー・帆足タケヒコ(studio picapixels)、VFXアーティスト/モデラー・徳永元博(CURO)、モデラー・後藤浩輝(CURO)、モデラー・西片智和(CURO)、VFXアーティスト・廣茂義人(AnimationCafe)、プロダクションマネージャー・金城侑香、リガー・大桃雅寛、※アニメーター・竹内寛士(AnimationCafe)は撮影時不在

制作の本格開始に合わせ、専用スタジオのGrayscale Artsを設立

松本監督への打診は、MVのプロダクション・エグゼクティブを務めた竹内宏彰氏と、プロデューサーの大竹秀和氏(CURO)を介して行われた。「『アップルシード アルファ』(2014)のようなイメージで、ディストピア世界を表現してほしい」というシンプソン氏の希望を踏まえ、同作でCGディレクターを務めた松本監督に声をかけたと大竹氏はふり返った。「以前から何らかのプロジェクトを松本監督と一緒にやりたいと思っていたので、絶好のチャンスが来たと感じました。せっかくなら専用スタジオを設けて監督のブランディングもしたいと思い、制作の本格開始に合わせてGrayscale Artsを設立し、会社登記もしました。監督と縁のある、監督の目指すルックを熟知したアーティストが脇を固めてくれたので、無事に船出することができました」(大竹氏)。なお、松本監督はMV『Ronin』に加え、MV『Fastest Horse In Town』の序盤も手がけているが(中盤以降は神風動画が担当)、本記事では『Ronin』にフォーカスする。

旧知のスタッフが結集し、ディストピア世界を表現

2018年の末にシンプソン氏と竹内氏の依頼を受けた松本監督は、さっそく字コンテを提出したものの、その後は進展がないままに時間が過ぎていった。「字コンテを提出した時点では、"ながれる"可能性もあり得ると思い、大して期待していませんでした。海外案件だと、そういうことがよくあるんです(笑)。ところが翌年の3月頃に『すでに実写素材を撮り終えたチームもあるので、そちらも進めていただけますか?』という連絡がきて、大慌てでプリビズをつくりました」(松本監督)。7月末の納期を目指しプロジェクトを急発進させるべく、松本監督と大竹氏はスタッフ集めに奔走し、併行してGrayscale Artsを設立した。「以前にも松本監督と一緒に仕事をしたことがあり、すでに信頼関係が構築されているスタジオやアーティストを中心にお声がけしました。例えばルックを説明する際には『アップルシード』や『スターシップ・トゥルーパーズ』のようなフォトリアルと言えばだいたい理解してもらえたので、話が早かったですね」(大竹氏)。

本作に登場するロボットや爆撃機をモデリングした帆足タケヒコ氏(studio picapixels)は、「別件の打ち合わせに行ったら、『ロボット(の仕事)もありますよ』と言われ、本作に関わることになったんです。ちょうどいいと思ったんでしょうね(笑)」と当時の様子をふり返った。

▲臼井伸二氏によるロボットと爆撃機のデザイン画の一部。ディストピア世界を象徴する不気味な存在だ


▲先のデザイン画を基に帆足氏がモデリングしたロボット。「デザイン画は何案かあり、細かいことはおまかせのようだったので、ボリュームのあるデザイン画を基に、現代の武器をベースにしたディテールを加えていきました。背中から4本の腕へと弾がロードされる構造だったので、ローダーを上手く腕に繋ぐのに苦労しました」(帆足氏)


▲ロボットが登場する作中ショット


▲同じく、帆足氏がモデリングしたロボット収納用ポッド。「ひとつの爆撃機に50個近くのポッドが搭載されているという設定だったので、なるべく軽いモデルになるよう配慮しました」(帆足氏)


▲同じく、帆足氏がモデリングした爆撃機。「スケール感を出すのが難しいデザインだったので、隙間にトラス構造などを入れて巨大に見えるよう調整しています。大型のドローン爆撃機というコンセプトなので、中央に大きなローターが内蔵されているという設定にしました。先端のカメラは『なるべく不気味にしてほしい』という要望を松本監督からいただいたので、無感情さを感じるデザインにしています。左右にあるポッドの格納庫はいかにも可動しそうなデザインに落とし込みました」(帆足氏)


▲爆撃機が登場する作中ショット。アニメーションは竹内寛士氏(AnimationCafe)が担当しており、飛行時の振動による微細なポッドの揺れにいたるまで手付けで表現されている


▲同じく、爆撃機が登場する作中ショット。こちらは第三次世界大戦によって文明が崩壊した世界という時代設定なので、墜落した爆撃機が野ざらしになっている。画面左を走行する主人公のクルマについては、本記事の2ページ目で解説する


©2019 High Top Mountain Films, LLC / Elektra Records.

次ページ:
シンプソン氏がイメージするフォトリアルを目指し、アメ車の特徴を追加

特集