>   >  バーチャルマーケット4でお目見え! 2017年モデリングコンテスト最優秀作品「ボーンデジ子」ローポリVer.
バーチャルマーケット4でお目見え! 2017年モデリングコンテスト最優秀作品「ボーンデジ子」ローポリVer.

バーチャルマーケット4でお目見え! 2017年モデリングコンテスト最優秀作品「ボーンデジ子」ローポリVer.

「ボーンデジタル2017モデリングコンテスト」グランプリ受賞作品「ボーンデジ子」が4/29(水)から開催されるVR空間での展示即売会「バーチャルマーケット4」に登場する。映像のプリレンダー向けに制作された半人半メカの「ボーンデジ子」モデルだが、バーチャルマーケットというVR空間のレギュレーションに合わせたモデルへと改良。ここでは、ハイモデルからローモデルへの移行における作業ポイントについて聞いた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 261(2020年5月号)からの転載となります。

TEXT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota
EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

  • 岡田寛成氏(トランジスタ・スタジオ)
    www.transistorstudio.co.jp

    「バーチャルマーケット4」
    日程:2020年4月29日(水)~5月10日(日)(12日間)
    場所:VRChat
    主催:VR法人HIKKY
    www.v-market.work/v4

ハイモデルとローモデルの基本構造

人体とメカ部分のメッシュ比較

全体のポリゴン数はハイポリモデルが約34万に対し、ローポリモデルでは約5万5千となっている。ローポリモデルのターゲットとなるバーチャルマーケットではひとつのブースにおけるレギュレーションがポリゴン数10万であるため、背景やプロップにもポリゴン数を割くことを考慮し、キャラクターにはその半分の5万ポリゴンを目標値としてリダクション作業が進められた

左が人体のローポリモデル、右がハイポリモデル

上がメカ部分のローポリモデル、下がハイポリモデル。人体とメカ共通のおおまかな作業としては、服の下など見えない部分のポリゴンをオミットしたり、形状として細かく割っておきたい部分以外を均し、埋まったボルトの穴などテクスチャで表現できる部分を見極めて置き換えるなど、地道な作業のくり返しとなる

テクスチャとマテリアルの比較

バーチャルマーケットのレギュレーションとしてテクスチャ枚数の制限はないが、アトラス化となるべく少ない枚数が推奨されているため、ローポリモデルでは人体とメカで1枚ずつの計2枚にまとめられている



  • ハイポリモデルのUV。UDIMを用い、17枚のテクスチャを潤沢に使用している



  • ローポリモデルのUV。各1枚に収めるため、似たようなパーツは同じUVの領域に重ねて同じテクスチャを利用できるようにしている。ただ、オクルージョンなど影の出る方向を考慮しながらのUVレイアウトには苦労したとのこと



  • ローポリモデルの人体部分のテクスチャ



  • ローポリモデルのメカ部分のテクスチャ

シェーディング表示の比較。左のローポリモデルではズボンのシワにできる陰影がテクスチャで表現されていることがわかる

ハイポリモデルのマテリアル。レンダラはV-Rayで細かくパーツごとにマテリアルが設定されており、計26個が用いられている

ローポリモデルのマテリアル。レギュレーションでは全体でマテリアル数20個以内となっており、こちらもキャラクター以外でいくつ使用するか不明だったため、人体とメカのテクスチャマテリアルの2個に抑えている

次ページ:
全体的なポリゴン削減方法と作業ポイント

特集