>   >  TVアニメ『神田川JET GIRLS』- No.2 - 多彩な変形リグで、胸の弾力からアニメの画づくりまで実現
TVアニメ『神田川JET GIRLS』- No.2 - 多彩な変形リグで、胸の弾力からアニメの画づくりまで実現

TVアニメ『神田川JET GIRLS』- No.2 - 多彩な変形リグで、胸の弾力からアニメの画づくりまで実現

2019年10月から翌年1月にかけてAT-Xほかにて放送された『神田川JET GIRLS』は全12話のTVアニメで、ジェットレースを通して絆を深めていく少女たちの群像劇を描いている。作中に登場するジェットマシンは主に3Dで表現され、それに乗る少女たちの表現では作画と3Dが併用された。本記事ではモデリングとリギングにスポットを当て、そのこだわりを全2回に分けて紹介する。とろんとした肉感を表現するための繊細なリテイクや、こだわりのメッシュ分割を紹介したNo.1に続き、No.2では少女とジェットマシンのリグにスポットを当てる。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 261(2020年5月号)掲載の「 「くい込みが大事」ジェットマシンに乗る少女たちの肉感を徹底追求 TVアニメ『神田川JET GIRLS』」に加筆したものです。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲TVアニメ『神田川JET GIRLS』PV 番宣

仕様とノウハウを組み合わせ、フルスクラッチでリグを設計

リギングの際、サムライピクチャーズではBipedを多用してきたが、本作ではマッドボックスの仕様と自社のノウハウを組み合わせ、柳田 晋氏(CGリードリガー)がフルスクラッチでリグを設計し、ほかのスタッフと手分けして、3Dモデルごとの調整を行なった。

▲左から、CGモデルディレクター・今垣佳奈氏、3DCG監督・廣住茂徳氏(以上、マッドボックス)


▲左から、CGディレクター・林 和正氏、CGリードリガー・柳田 晋氏、モデラー・望月一輝氏、モデラー・熊谷直希氏(以上、サムライピクチャーズ)

ちがう体格の少女間でも流用できる、セパレート構造のリグ

▲腕・脚のリグは関節の移動による伸縮が可能で、ほかのリグからセパレートできるようになっている(セパレートの詳細は後述)。作中で腕・脚を上のように極端に伸ばすことはなかったが、画になるポーズやレイアウトにするため、若干の伸縮がなされたカットは少なくなかった


▲珠風に乗るかぐや。後方には黒丸が同乗している。【上】本来のプロポーションのままでは手がハンドルに届かないため、【下】腕・脚を伸ばすことで、自然なポーズを実現している


▲先のかぐやのリグ


▲1〜5のリグはセパレートできる構造になっており、ちがう体格の少女間であっても流用可能。それぞれ、1 胸、2 顔、3 肘・尻・膝、4 手、5 腕・脚を制御するためのリグ。どれも単独で成り立っているため、対応するパーツの位置に合わせ、コンストレイントやリンクの紐付けを行い、順序に沿って組み合わせることで、同じ構造のリグを作成できる。腕・脚のIKと、6 スケルトン、7 コスチューム、8 髪を制御するためのリグは固有となっており、各少女の体型やデザインに合わせて作成した後、前述の1〜5のリグを追加している。コントローラも少女間で流用できるよう、あらかじめサイズ調整がなされている。ただし、サイズが規格外の黒丸は、個別に調整を施している。一方で、カップA65のパン姉妹は胸を動かす必要がないため、胸のリグは設定していない。(胸のリグの詳細は後述)

© 2019 KJG PARTNERS

次ページ:
SpringMagicと2種類のコントローラを併用し、胸の弾力を表現

特集