>   >  TVアニメ『神田川JET GIRLS』- No.1 -「くい込みが大事」ジェットマシンに乗る少女たちの肉感を徹底追求
TVアニメ『神田川JET GIRLS』- No.1 -「くい込みが大事」ジェットマシンに乗る少女たちの肉感を徹底追求

TVアニメ『神田川JET GIRLS』- No.1 -「くい込みが大事」ジェットマシンに乗る少女たちの肉感を徹底追求

2019年10月から翌年1月にかけてAT-Xほかにて放送された『神田川JET GIRLS』は全12話のTVアニメで、ジェットレースを通して絆を深めていく少女たちの群像劇を描いている。作中に登場するジェットマシンは主に3Dで表現され、それに乗る少女たちの表現では作画と3Dが併用された。本記事ではモデリングとリギングにスポットを当て、そのこだわりを全2回に分けて紹介する。No.1では、とろんとした肉感を表現するための繊細なリテイクや、こだわりのメッシュ分割を紹介しよう。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 261(2020年5月号)掲載の「 「くい込みが大事」ジェットマシンに乗る少女たちの肉感を徹底追求 TVアニメ『神田川JET GIRLS』」に加筆したものです。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲TVアニメ『神田川JET GIRLS』PV 第2弾

鳴子ハナハル氏による設定画のこだわりを3Dでも再現

本作では、12人の少女が2人1組となって6台のジェットマシンに乗り、水上でレースをくり広げる。これらの3Dモデル制作は、本作のCG元請けであるマッドボックスの廣住茂徳氏(3DCG監督)と今垣佳奈氏(CGモデルディレクター)によるディレクションの下で行われた。

▲左から、プロダクトマネージャー・木下真一氏、CGモデルディレクター・今垣佳奈氏、3DCG監督・廣住茂徳氏(以上、マッドボックス)


サムライピクチャーズに本作への参加が打診されたのは2019年の春頃で、同社は少女8人、およびジェットマシン3台のモデリングとリギングを担当した。「第1話でレースをする波黄 凜、蒼井ミサ、紫集院かぐや、満腹黒丸の4人と、彼女らが乗るジェットマシン2台(オルカーノ、珠風)の3Dモデルは、ほかに先行して仕上げる必要がありました。サムライピクチャーズさんには、かぐやのモデリングから始めていただき、そのリテイクを通して、お互いの認識のずれをすり合わせていきました」(今垣氏)。

▲左から、モデラー・熊谷直希氏、代表取締役/CGディレクター・谷口顕也氏、CGリードリガー・柳田 晋氏、モデラー・稲見 暢氏、モデラー・河野康太氏、モデラー・桝野結菜氏、モデラー・諏訪美紀子氏、モデラー・喜田祐輔氏、CGディレクター・林 和正氏、モデラー・望月一輝氏(以上、サムライピクチャーズ)


同社への発注は今回が初めてだったこともあり、かぐやの制作には特に時間がかけられ、完成までのテイク数は16におよんだ。「顔はもちろん、胸やお尻の曲線、サポーターのくい込み具合などに対し、すごく繊細なリテイクをいただき、こだわりが伝わってきました。めちゃめちゃにフェチを感じたので(笑)、『こっちもエンジン回していくぞ!』とスタッフに発破をかけましたね」とサムライピクチャーズの林 和正氏(CGディレクター)は語った。


このふり返りを受け、「鳴子ハナハルさん(キャラクター原案)による設定画のこだわりがすごかったし、視聴者や金子ひらく監督の期待もそこだろうと思いました」と今垣氏は続けた。実際、監督からも「くい込みが大事」という話があったので、ムチッとした肉感には特に力を入れたと廣住氏は補足した。また、少女たちは顔だけでなく身体にも強い個性があるので、メッシュの割り方やUV情報も個別に調整したという。以降では、そのこだわりの数々を紐解いていく。

0.2ミリのちがいにこだわり、胸の個性まで再現

「協力会社に3Dモデルを発注するとき、何を重視しますか?」という質問に対し、廣住氏は「設定画の再現」、今垣氏は「動いたときの見映え」と答えた。「平面の設定画を立体に起こすと、微妙につじつまが合わない、ということはよくあります。でも『合わないから、ダサくなりました』という言い訳はしたくないんです。そこは3Dのがんばりどころで、設定画の雰囲気を出しつつ、つじつまを合わせる方法を探すことが大事だと思っています」(廣住氏)。

この期待に対し、サムライピクチャーズのモデラーやリガーは、あの手この手で最善を尽くしてくれたと今垣氏は語った。「例えばかぐやの場合、設定画にあるような髪のボリュームを3Dで再現しようとしても、ロール同士がめり込み合ってしまい、再現が難しいと思います。熊谷(直希)さんは、そこをいい感じに解釈し、綺麗な形に仕上げてくれました」(今垣氏)。一方で、自身の上をいく今垣氏の解釈力から、多くを学ばせてもらったと熊谷氏は続けた。「設定画をよく見ると、胸にも個性があるので、0.2ミリくらいの細かさで、ここは尖らせて、ここは垂らして、といった調整を依頼しました」(今垣氏)。

▲紫集院かぐやのジェットスーツ【上】とサポーター【下】のデザイン画。前面に2本、背面に4本ある縦巻きの髪は3D化が難しいデザインだが、熊谷氏は1日でおおまかな形状を仕上げ、今垣氏から「綺麗なロールをありがとうございます!」という評価を受けたそうだ

© 2019 KJG PARTNERS

次ページ:
とろんとした肉感を表現するための繊細なリテイク

特集