>   >  細部までアップデートされた『アナと雪の女王2』メイキングレポート〜SIGGRAPH 2020(1)
細部までアップデートされた『アナと雪の女王2』メイキングレポート〜SIGGRAPH 2020(1)

細部までアップデートされた『アナと雪の女王2』メイキングレポート〜SIGGRAPH 2020(1)

SIGGRAPH2020期間中に開催されるProduction Sessionsでは、ハリウッド映画のメイキングが連日披露された。今年も興味深いテーマが目白押しであったが、レポート第1回の本稿では『Venturing Into the Unknown-The Making of "Frozen 2"(未知への冒険〜『アナと雪の女王2』メイキング)』の模様を要約してお届けする。講演の中で紹介されたクリップや映像がないと理解しにくい部分もあるかと思うが、補足も加えつつ紹介していくので、少しでも当日の模様を楽しんでいただければと思う。

TEXT_鍋 潤太郎 / Juntaro Nabe
EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE

『Venturing Into the Unknown-The Making of "Frozen 2"(未知への冒険〜『アナと雪の女王2』メイキング)』

▲写真左上から時計回りに、グレゴリー・スミス(Gregory Smith)/ Head of Character and Technical Animation、デール・マイエダ(Dale Mayeda)/Head of Effects Animation、スティーブ・ゴールドバーグ(Steve Goldberg)/Visual Effects Supervisor、モヒート・カリアンプル(Mohit Kallianpur)/Director of Cinematography for Lightingショーン・ジェンキンス(Sean Jenkins)/ Head of Environments、ケイシー・クウォック(Casey Kwock/Moderator)
© 2020 ACM SIGGRAPH / Disney

スティーブ・ゴールドバーグ:VFXスーパーバイザーのスティーブ・ゴールドバーグです。『アナと雪の女王2』ではユニークな挑戦が沢山ありました。沢山の新しいエンバイロンメント空気、火、水、地球を司る新しい4つのキャラクター前作から登場しているメインキャラクターの表現前作から採用しているインハウスのレンダラHyperionを更にインテグレートなどです。今日は下記のトピックスについてご紹介します。

●アレンデールの構築
●コスチュームデザイン
●魔法の森(The Enchanted Forest)
●魔法の川(The River Valley)
●暗い海(The Dark Sea )
●『みせて、あなたを(Show Yourself)』の歌のシークエンス


■アレンデールの構築

ショーン・ジェンキンス:Head of Environmentsのショーン・ジェンキンスです。本作でもお馴染みのアレンデールを再構築していく訳ですが、本作は前作の3年後で季節は秋という設定でした。そこで、アレンデールの街並みのアセットを、新たにペイントすることからスタート。前作のカラーパレットは雪に馴染みやすい色とデザインを考慮してつくられましたが、今回は秋を感じさせるカラーリングや装飾にしてみました。街の人々の衣装も同様です。

▲秋をイメージしたカラーパレット
© 2020 ACM SIGGRAPH/Disney

プロダクションの初期から街全体を紹介する曲が登場することがわかっていたので、バラバラに構築されていた街並みの「繋がり」を整理。お城、時計台、市場、それらを取り巻く街など実在する街のように再構築してみました。また、VRを活用してヘッドセットを被ると、アレンデールの街全体を視点移動できるシステムを開発しました。これは、曲の中で街のどこを紹介するかを決定するロケハンとしても役立ちました。本作を制作したのは2019年なので、前作よりもテクノロジーが進んでいます。それに伴い、街のディテールも前作では表現できなかったことが実現でき、さらにディテールのある街に仕上げていきました。


■コスチュームデザイン

グレッグ・スミス:Head of Character and Technical Animationのグレッグ・スミスです。本作は続編ということで、キャラクターもより良く見せる必要がありました。エルサとアナというお馴染みのキャラクターについても、コスチュームも含めいかにアップデートするかに挑戦しました。前作から3年後という設定でもあり、3年が経った感じを上手く伝えたいとの監督の意向があったので、彼女たちの衣装も3年が経過して少し洗練された感じを出してみました。エルサの衣装は、キャラクターデザイナーのチームと密に連絡を取りながらデザインを進めていきましたが、布地の素材や付いているビーズなどの細部に至るまでデザインが設定されました。

▲左側が前作『アナと雪の女王』、右側が『アナと雪の女王2』での衣装デザイン
© 2020 ACM SIGGRAPH/Disney

衣装の随所に雪の結晶が埋め込まれています。また、実際にテーラーメイドするかのように型紙のパターンを起こしデジタル上で縫い合わせているのですが、これによって一層自然な動きになるのです。そして何百回にもおよぶテストをくり返した末、雪の女王の衣装をまとったエルサのウォーキング・サイクルの初期テスト映像が完成しました。素材の重量感や弾力、シルエット、そしてボディにフィットしているかなどをテストするのです。

実際のプロダクションの中では、水の馬に乗ったり竜巻が起こったり、海を走ったりと様々な状況に対応していく必要があります。衣装のディテールも細部まで表現されていて、エルサの肩パッドの上にある雪の結晶のデザインは、ビーズやメタルなど5つの異なる素材のレイヤーから成っています。


■魔法の森(The Enchanted Forest)

グレッグ・スミス:森の中のシークエンスはストーリーでも大きな割合を占めています。前作では、デザインランゲージとして大きな印象を残していますが、本作でいかに引き継ぐかがチャレンジでした。また、使用するカラーペレットも検討を重ねました。秋の森なので様々な色が入っており、どのように色が作用するか色がうるさくなっていないか、そして、ストーリー展開を台無しにしないよう設定していきます。

秋のカラーパレットは過去のディズニー作品『眠りの森の美女』のプロダクションデザイナーだったアイヴァンド・アールのデザインを参考にしました。彼の作品は、シルエットが印象的で、自然をグラフィカルに描き出した優れたものが多く、自然をどのようにデザインランゲージに採り入れていくかを検討しました。また、監督とデザインチームはスカンジナビア等へリサーチ旅行に行ったのですが、「秋の色の鍵は地面にあった。特に地面からは目を離すことができなかった」と話していましたね。

さて、次の課題はこれをいかに3Dで表現するかです。自然をスタイライズしてデザインするのは難しいことですが、2Dのデザインをいかに上手く3Dに変換していくか。まずは森のデザインの一片を3Dでつくり、ターンテーブル(デジタル・アセットを360度回転させてレンダリングし、くり返し再生できる状態にした動画の総称)にして見た目を確認し、上手くいくことを確認してから他のパターンもテストしていきました。これをくり返して森にしていくのですが、このプロセスはまるでフラワーアレンジメントのような作業でした。また、べジテーションライブラリと呼ばれる、木々のライブラリも作成しました。テクノロジーの恩恵によりデザインツールの開発も行われ、木の枝に球を配置して色を指定すると、球の位置にひと房の枝と葉が自動生成され、後からカラーのバリエーションを調整できます。その他、ペイントした箇所に3Dの木が自動発生するペイント・ツールも開発されました。


次ページ:
■恋の迷い子(Lost in the Woods)

特集