>   >  つくる楽しさ百花繚乱! ECHOESが手がける 新作オリジナル短編アニメーション
つくる楽しさ百花繚乱! ECHOESが手がける 新作オリジナル短編アニメーション

つくる楽しさ百花繚乱! ECHOESが手がける 新作オリジナル短編アニメーション

「北九州デジタルクリエイターコンテスト2020」「つくばショートムービーコンペティション2020」で受賞したECHOESによるオリジナル短編アニメーション作品『PIANOMAN』。本編の制作からデジタルコミックへの展開、そして展示会の開催まで、型に囚われない自由な創作活動を続ける彼らのインディー魂が熱い!

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 266(2020年10月号)からの転載となります。

TEXT_石井勇夫(ねぎぞうデザイン)
EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(CGWORLD)
© ECHOES

監督、脚本、絵コンテ、背景美術、制作進行:児玉徹郎/アニメーション、モデリング:たかあき、下崎由加里、明日菜、佐山竜希、池田篤史/編集:たかあき/効果音:望月久美子/音楽:中橋孝晃/声:竹内良太



自由に創造する楽しさを忘れない

独特の表現で短編作品をつくり続けるECHOES(エコーズ)の新作短編アニメーション『PIANOMAN』。「北九州デジタルクリエイターコンテスト2020」では大賞、「つくばショートムービーコンペティション2020」ではウィットスタジオアニメーション賞を受賞するなど、同社のオリジナル作品に対する評価は高い。同社代表で本作の監督を務めた児玉徹郎氏は、フリーランスとして2D&3Dの背景制作やアニメーションの受注制作からキャリアをスタートし、2012年にECHOESを設立。現在は『スター☆トゥインクルプリキュア』のEDディレクションや『ドラゴンボール超 ブロリー』のCGディレクションを担当するなどクライアントからの信頼は厚く、7名のスタッフと共に少数精鋭の制作スタイルで業務の隙間を見つけてはオリジナル作品の制作に勤しんでいる。というのも、「日頃の業務で得た技術を活かしてオリジナル作品を制作する」との理念の下、1~2年に1本のペースで短編作品を制作し続けており、「世界4大アニメーションフェスティバルで受賞する」との目標を胸に熱く秘めているからだ。

▲左から、児玉徹郎氏、たかあき氏、明日菜氏、下崎由加里氏、佐山竜希氏、前田恵氏(以上、ECOHES)

今回紹介する『PIANOMAN』もそんな思いで制作された作品のひとつで、企画開始から5年を要したという。業務の合間を縫っての長期にわたる自主制作は、相当な強い意志と熱意を要したことだろう。さらに、商業作品と遜色ないクオリティを目指すとなれば、その熱量はいっそう大きなものとなる。一方で、オリジナル作品の制作を通して得たものも大きかった。ゼロからの作品制作は、苦労も多いがスタッフの成長が見込まれる。また、受注制作では満たされない「自由に創造する楽しさ」があり、仕事に対するモチベーションが上がったと児玉氏は話す。本作では、「デジタルコミックをつくりたい」「展示会を開催したい」といったアイデアを全て詰め込み、見事に達成し結果を出した。こういった総合的な演出力やプロデュース力は、小規模で活躍するCGスタジオに求められる素養のひとつかもしれない。


<1>オリジナル作品制作ならではのワークフロー

オリジナル作品制作の醍醐味を堪能しよう!

まずは制作フローから紹介しよう。制作は「企画→脚本→絵コンテ→Vコンテ→カメラワーク(プリビズ)→アニマティクス→プライマリアニメーション→セカンダリアニメーション→レンダリング→コンポジット」のながれで、児玉氏、たかあき氏、明日菜氏の3名を中心に進められた。Vコンテまでは児玉氏が担当し、それ以降は各メンバーが通常業務の合間に手分けして作業を進めるなど、作業量のバランスをとりつつシェア。分業的な担当はなく、足りないところを補い合うかたちだ。ちなみに、本作で使用した主なツールは、Photoshop、Maya、MotionBuilder、After Effects( 以下、AE)、Pencil+とのこと。

さて、本作は監督・脚本を手がけた児玉氏の呼びかけによりスタートした完全なオリジナ ル作品であり、設定やコンセプトは当初から独特なものだったという。児玉氏は「何だかよくわからないけど、画的な魅力のある作品をつくりたかったんです。ストーリーよりも演出に力を入れて、キャラクターの動きやレイアウトで魅了するアニメーションをイメージしていました」と語る。しかし、実際にシナリオを書きはじめると「何だかわからないもの」を表現する難しさを痛感した。「なにしろ、わからないものをつくるわけですからね(笑)。自分でもわかっていないものをつくることに抵抗がありました」(児玉氏)。そしておおいに悩んだ末、観ている人に補完をしてもらおうと割り切った瞬間に、ようやくシナリオが進みはじめたそうだ。ところがそのシナリオも、整合性やメッセージ、演出面の矛盾が気になりはじめ、二転三転さらに五転六転と変化していった。しかし児玉氏は、これこそがオリジナル作品制作の醍醐味だと話しており、これについては後述する。

こうして紆余曲折を経て、当初の設定・コンセプトとはまったく異なった作品へと姿を変 えたわけだが、妥協と媚びのない納得のいくストーリーが完成した。そこからさらに変更を加えつつ予告編を制作。次に予告編に合わせて本作のたたき台となる5分半の短編をつく り、同時に展示会に向けて本編の内容を補完するフルカラーのデジタルコミックの制作に着 手。そして、デジタルコミックから素材を切り出して、本作のアニメーションに活用しているとのことだ。このような制作方法は、非常に手間と時間がかかるため、商業作品の制作には向かない手法だ。しかし自主制作をしているクリエイターに限っては、クリエイティブなイメージの実現や「やってみたい」を表現できるオリジナル作品をつくる際のひとつの解として、制作フローも含め参考になるはずだ。


コンセプトアート/デジタルコミック

▲児玉氏によるコンセプトアート


▲本編の内容を補完するフルカラーのデジタルコミック。本編のアニメーションにも素材として使用している


▲企画を開始した当初のキャラクター設定画(主人公)


ワークフロー

▲本作のワークフロー。基本的にはこのながれで制作を進めるわけだが、オリジナル作品の制作では、制作過程でストーリーが二転三転することも楽しみのひとつだと児玉氏



次ページ:
<2>独特な雰囲気をつくり上げるアーティスティックな手法

特集