>   >  全てオンラインで開催、SIGGRAPH 2020より注目の論文をピックアップ~SIGGRAPH 2020レポート
全てオンラインで開催、SIGGRAPH 2020より注目の論文をピックアップ~SIGGRAPH 2020レポート

全てオンラインで開催、SIGGRAPH 2020より注目の論文をピックアップ~SIGGRAPH 2020レポート

コンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する世界最大の学会・展示会であるSIGGRAPH 2020が、8月24日から28日の5日間、新型コロナウイルス対策のため全てオンラインで開催された。47回目となる今年のテーマは"THINK BEYOND"。日本語に訳すと「その先を考える」という意味があり、決められたのは昨年だが、現在の特殊な状況を示唆したテーマとも言える。映画業界などが新型コロナウイルスの影響で大打撃をうける一方、オンライン映像配信やネットを最大限に活用した映像制作、CG研究など躍進が見られる分野も見受けられる。今年は世界各国から443本の論文の投稿があり、そのうち124本が採択され、それに加えて年次の論文集(Transactions on Graphics)から39本、合計163本の論文が発表された。その中から話題になったものや注目の論文を、何本か紹介しよう。

※本記事は2020年8月24日に開催されたSIGGRAPH2020/Papers Fast Forwardでの取材内容に基づきます。

TEXT_安藤幸央(エクサ)/Yukio Ando(EXA CORPORATION
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>全論文をダイジェストで知るPapers Fast Forward

SIGGRAPHの論文の概要を知るのに欠かせないイベントが、初日に開催される「Papers Fast Forward」という全論文のダイジェスト発表です。全ての論文が1本あたり20秒という超短時間で紹介されます。オンラインで開催された今年は、初日の夜にこのPaper Fast Forwardが全編配信され、オンデマンドでいつでもアーカイブ視聴できるようになっていました。昨年までであれば、SIGGRAPH会場内の一番大きなホールに集まり、次々と入れ替わる発表者のマシンガントークを聞き、ときには仮装したユニークな発表者を冷やかしながら今年のCG研究の傾向を把握するのですが、オンラインでその醍醐味を共有するのはなかなか難しく、まだまだテクノロジーも人間の能力も追いついていないのかもしれません。

オンラインで視聴するPapers Fast Forwardの様子

CG/VFXの祭典と言われるSIGGRAPHですが、その本分は学会であり、トップカンファレンスと呼ばれる世界最高峰の学会で、今年の論文採択率も約3割という狭き門です。今年は世界各国から443本の投稿があり、そのうち124本が採択され、それに加えて年次の論文集(Transactions on Graphics)から39本、合計163本の論文が発表されました。

論文はアート分野の論文も含めると42のカテゴリに分かれ、それぞれ3本~4本の論文が発表されます。論文の内容も、王道のレンダリング技術のみならず、最近では3Dプリンタの応用技術、VRハードウェアの研究、画像処理や動画処理、人の動きや顔の動きを取得するキャプチャ技術、人工知能を活用したCG研究などさまざまな分野に広がっています。

参考リンク集

・SIGGRAPH 2020 発表論文リンク集(非公式版)動画やサンプルプログラムへのリンクもあり
kesen.realtimerendering.com/sig2020.html

・SIGGRAPH 2020 論文集(公式版)
www.siggraph.org/wp-content/uploads/2020/08/ACM-Transactions-on-Graphics-Volume-39-Issue-4-1.html

・Technical Papers First Pages(全論文の最初の1ページだけを抜き出してまとめたPDFファイル)
s2020.siggraph.org/wp-content/uploads/2020/08/tog394firstpages.pdf

・Technical Papers Preview:SIGGRAPH 2020 今年の目玉論文の映像ダイジェスト(約4分)

次ページ:
<2>多方面にわたる今年の注目論文

特集